カテゴリー別アーカイブ: 木工工具類

自作ドミノっぽいヤツ ( *´艸`)

えーっと・・・昨日|ω・‘)・・チラリと紹介した

超~便利そうなキテレツな加工冶具 ( *´艸`)

だけどぉ・・・何となーく(場所的に大きいのと)

よそよそしかったのはぁ・・・(´~`ヾ)デヘ

本来の目的であった「ドミノ風ホゾ加工」が

全く違う冶具で既に行えちゃってるからにゃの

(´~`ヾ)ソーナノ♪( ̄Д ̄;)エェェェェーーーエッ?

たった、こんな冶具プレート1枚でね?

( ̄Д ̄;)エッ?

ドミノって言うのは、ビスケット・ジョイントよりも

大きいピースを差し込んで結合する方法って言うか、

独製だったか?の機械&商品名。

構造は単純で左右に故意にブレる専用の高価ルーターで

こー言う長穴を開けて、ココに太いジョイントピースを

互いに差し込む事で、ホゾ結合並みの強靭な接ぎが出来る。

β(□-□ ) フムフム

ただ・・・ジョイントピースは自作出来ても、単に

この長穴を掘る独製「ドミノ」って機械がやたらと高価w

┐(´д`)┌シャーナイ

しかし、この結合は(木工職人が毛嫌いする程w)

画期的で!(≧∇≦)b

ダボやビスケットの結合より、遥かに強靭。

ほとんどの家具サイズ木工なら・・・・

「もうホゾ加工の代わり」になってしまう程、

ホゾなんて要らねーんじゃ無いか説 ( *´艸`)ガハハ

実に簡単に強靭に繋げてしまう。

ジョイントピースは繊維方向に強いから、殆ど

ホゾと変わらん強度だし、なにより接合精度が良い。

しかも接いでスグに触れる程、仮結合も強い。

ヽ( ´ ▽ ` )ノスンバラシィ!

ホゾの場合だと互いに欠き込む分、ホゾ分の余分な

部材長さが必要なんだけど、これだと見たマンマの

長さでOK。ロスも少なく、計算も早い。β(□-□ ) フムフム

加えて、加工&ジョイントピースさえ自作で

上手く精度を出せれば、殆ど目違いも発生しない。

(≧∇≦)bスゲェ!

ビスケット・ジョイント&ダボ接ぎ&ホゾ加工を

超える・・・正に良い事ずくめ!ヽ( ´ ▽ ` )ノ

んで・・・見て判るように・・・

「もう既に・・・ソレ出来てんじゃん!( ̄Д ̄;)ダネェ?」

たった、このプレート1枚で ( *´艸`)ギャハハ!

しかも、殆ど事前の調整が要らないので作業も早い。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

コッチは、やはり最初にXY軸ゼロ設定するのに

時間が掛かるし、切りカスがスゲーのよ。

(*´д`*)ゲホゲホ

やってる加工は、まんまホゾ加工だし。ゞ( ̄∇ ̄;)イッチャウ?

自分で盛り上げといて・・・・叩き落とす風ですがw

ビスケット・ジョイント持ってるしなぁ・・(´~`ヾ)マキタ!

ドミノ風ジョイント出来ちゃってるしなぁ・・(´~`ヾ)ダネェ?

高精度アラレ組みも出来ちゃってるしなぁ・・(´~`ヾ)ソーダネ

もっと違う「だからこそ!コレ!」的な加工用途を

考えまーす。←趣旨がズレてるよーな?( ´,_ゝ`)プッ

調合ダークウォールナット色

えーっと・・・・

昨日|ω・‘)・・チラリとお見せした什器セットは

「ダークウォールナット色」がご指定色。

そもそも染色系塗料は、元の木質&木目に依存するので

例えば木目がきめ細かく殆ど見えない&そのものが濃い色の

ウォールナットとソックリに塗装ってのは不可能です。

┐(´д`)┌

私が良く使う「ウォールナット色」も、杉やヒノキや松に

塗って染色してるので、あくまで「こげ茶の色味の差」の話

です。

また、全く同じ染色塗料を用いても・・・

染み込みやすさ(木目の詰まり具合や含有油分や木肌質)や

木目の荒さ(木目は殆ど染色を弾くので、その濃淡差)で

仕上がりの見た目の印象が違ったりします。(´~`ヾ)シャーナイ

具体的には、杉材だと濃い目でパイン材&ヒノキ材だと

浅めに同じ塗装でも濃淡が違った仕上がりになります。

┐(´д`)┌ソーイウコト

っで・・・・逆に、使う部材が決まってれば、

その素材の染色具合に合わせて自家調合するって事も

(予算&数量によっては)出来るのでぇ・・・

黒っぽいバリサンダと、茶系のウォールナットの

中間色をφ(°ρ°*)チマチマ自家調合。

因みに今回はヒノキ材メインなので、少し濃い目の調合。

んで、調合特注のダークウォールナット色で塗装。

(まだ仕切り&底面は取り付けてませんが)

こー言う色味ですね♪(≧∇≦)bカッコイイ!

因みに、この色をヒノキ材向けに調合して無いと

もっと明るい色味に仕上がります。(´~`ヾ)

木目が透けると、こー言う感じですね。

高級感のある良い色味。純正のバリサンダ色だと

こー言う色味にはなりません。 ( *´艸‘)

んま、撮影&日光の加減にも左右されるので(´~`ヾ)

影だと、この感じですね。(≧∇≦)bイイネ♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラは、本日発送です♪ヽ( ´ ▽ ` )ノマッテテネェー♪

付属の傾斜保持脚は、完全にロックするには3か所も

爪金具が必要で、カナーリ煩わしいのと ( ̄~ ̄;)

また、こー言う風にトランクに重ねた時に爪金具で

傷が付くリスクを避ける為・・・

一番簡素でシンプルなゴムバンドのみで留めてます。

(≧∇≦)bカシコイ!

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

( *´艸`)念願の!新しい細工用レザーソーを購入♪

なんつーか・・・違うタイプや小型の安価品なら

持ってたのですが、安物と言っても・・・・

ノコゴリってのは、それなりの値段がします。(´~`ヾ)

でも、やっぱ専用品&日本製は良いですネ♪

細工用で刃厚&アサリが薄く、刃が薄くて曲がっちゃうのを

補強ビームで峰を支えてる鋸ね♪(≧∇≦)b

刃が薄くて、真っ直ぐスパーンと精密なノコ目を

入れるのに適してます。( ̄Д ̄;)ホォ・・

例えば、コレを素人が使えば・・・一発で刃を痛めちゃう。

汎用安価のZソーでも事足りるなら、必要ですらない。

必要に&使えるようになってから、使いこなせるように

なってこそ、その価値&道具が生きて来る。

もっと使いこなせるようになったら・・またこの上を

買おうっと♪(≧∇≦)bガンバルルー♪

フィンガー・ジョイントも ( *´艸`)

えーっと・・・先日からチョコチョコと

「アラレ組み」について書いてますけどぉ・・・

(´~`ヾ)エヘヘ

前より、もう少し高品位なモノを創りたいなぁ?って

思ってるし、それを判る人だけ判ってくれれば良いと

思ってるから♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ

つ~訳で、アラレ組みの進化を進めてます♪(≧∇≦)b

つーか・・・オーダー頂いてるのが、今までの加工幅より

ちょっとだけデカくて(*´д`*)アワワ

以前の小物用の自作冶具だと加工できなかったので・・・

新たにアラレ組み専用冶具を作り直したと言うか、

改造して・・・マイナーチェンジしたのね。

( *´艸`)アハハ

冶具の画像を載せると変な質問が来るので載せませんがw

今までの機能はそのままに、大きいサイズも加工出来つつ

更に加工精度を、もっと上げた← ( *´艸`)サリゲナーク・・・・

んで、アラレの刻みサイズを任意にも変えられるんだけど・・

(↑さりげなーくスゴイ事を書いてますw)

最小で2mm間隔でも加工出来るように精度UP♪

コレで・・・

こんな小っちぇーアラレ組みも高精度で出来るし・・・

やろうと思えば(やりませんけどw)

大きな専用設備が無いと加工が難しい ┐(´д`)┌

縦接ぎフィンガー・ジョイントも出来ちゃったり

します♪ ( *´艸`)スゲッ!

んで・・・φ(°ρ°*)チマチマとアラレ組みをテストしてみる。

今回のオーダーは「出来るだけ薄い木板で(*´д`*)」

ってリクエストなので、強度テストも同時進行。

やっぱ杉だと最低でも10mm厚、ヒノキで7mm厚が

(サイズ的に)強度的に構成限界かなぁ?

( *´艸`)シッパイ!イッパイ!

んで・・・本チャン(≧∇≦)bイクゼ!

5mm厚は強度不足で失敗でしたが(´~`ヾ)

当初の目論見通り!ヒノキ7mm厚で構成♪(≧∇≦)bヤッター♪

そそ!ココで先日の自作「スコヤ」も大活躍でし♪

バッチリ!高精度で組めたので強度も確保してます♪

( *´艸`)ウンウン♪

なーんか木工所みたくなってますが(´~`ヾ)

数年前に木工を独学で初めて・・・今やっと、

この品質まで来れた・・・って感じ♪ ( *´艸`)ムフフ

ただ、コレで終わりじゃあ無くて、これを私は

オサレに&カワユスに仕上げる。(* ̄(エ) ̄*)ポワーン♪

んで更に精度が高くなれば・・言う事無し!じゃん♪

(≧∇≦)bイェイ!