カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

偏心ロック機構 ( *´艸`)

えーっと・・・先日から試作してた

睡蓮鉢のチキンネット蓋の積層バージョンヽ( ´ ▽ ` )ノ

多角形組み構成だとコストが上がるので・・・・

八千円から一万円前後は掛かってしまう。

しかも同じ手間が掛かるので、直径に関わらず。

(´~`ヾ)ソリャソーダ

それだけの値打ちはあるし「安価品ではご自分の

庭に相応しくない」とご依頼頂いてるのだから、

従来の多角形組みからワザワザ創る方法は健在。

ただ、もーちょっと販売価格を落とせないかなぁ?

っと思って、積層板をドーナツ状にくり抜く方法で

作って見た。 ( *´艸‘)

問題は側面の防水処理。積層板の最大の弱点で

ウレタン3層コーティングでなんとか対応♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

外側と同じく、この内側。更にチキンネットを

サンドウィッチ状に居込んでるから積層だらけ。 ( *´艸`)

ココに隙間があると、内部に水が侵入して耐久性が

損なわれるので、特に入念にφ(°ρ°*)ヌリヌリ

結果的に・・・・出来たは出来たが・・・・

塗装ベースのウレタン・コーティングと表層の

2液ウレタンコーティングのコストが圧迫して・・・

少しは安いが、大幅コストダウンは難しい事が判明。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン ( ̄~ ̄;)ウムム

作った分は、後日カートで特価販売で載せますが

コレは・・・加工コストは落とせたけど、逆に、

その表面コーティング対策にコストが掛かり過ぎた

悪い例w(´~`ヾ)タハハ

して・・・「蓋が外れ難いように・・」

っと言うリクエストが多いので「偏心ロック」を

装備。(≧∇≦)b

先ずは無垢ヒノキから円形をくり抜いて・・・

こー言う風に中心からズラせた偏心でビス固定。

外側に段ボールで睡蓮鉢の内側を模してます。

裏面だから睡蓮鉢の内側から見た感じね?(≧∇≦)b

そそ!睡蓮鉢を含む鉢類は、おおよそのサイズが

「号数」ってので表記されてます。尺貫法の名残ですから・・・

1号鉢は「外径」303mm(寸)β(□-□ ) フムフム

これは植木鉢でも睡蓮鉢でも同じ。「外縁の外寸」です。

ただ陶器は個体差が大きいのと量産品はテキトーなので、

号数×3くらい(つまり20号は外寸60cm前後)

で、後は実測しかない。

でも中華量産品が大量に流通して・・・

安価なのも多いし、精度もグタグタ ( *´艸`)

デザイン的に丸いのや縁が有ったりでマチマチ。

なのでぇ・・・

ある程度、風で簡単に開かない程度までの

ロック機構として・・・

睡蓮鉢の内径に合うように偏心ロックを回転させて

「内径を合わせて抜け難くする」自作の機構です♪

(≧∇≦)b

回してロックするって意味じゃ無いですよ?回して

内径ピッタリに合わせる=抜け難くなるって意味。

ただ既に鳩や猫にメダカが狙われてるなら、この程度では

開けられるので、やはり庭石等で上から重石をする方が

確実です。

(≧∇≦)bホールド

中には、もっと強靭に(*´д`*)ガッチリ!って望む人も居ますが

使えば判りますが、水草が枯れたり&メダカが一匹浮いてる・・・

実際には度々開ける必要があるのよん♪(´~`ヾ)ソッカァ

んでぇ・・・途中サラーっと流してますがぁ(´~`ヾ)

そう・・・私は芯穴無しで、この程度なら一発抜きで

抜けます。

( *´艸‘)ケケケッ

木工やってる人なら判ると思うケド・・・本来ホルソーなら、

位置決め用にセンターに芯穴が開く筈。( ̄Д ̄;)アッ!

つーか・・・私の場合は更に改良を加えてあるので

実はこの位まで、極厚&大径でも芯無しで抜けます ( *´艸`)ケケケッ

( ̄Д ̄;)スゲェ!

別に高級な某社の専用ホルソーを使ってるんじゃ無くて、

自作アイデアで冶具や刃先も作ってたりしますからね。

(≧∇≦)bイイネ♪

因みに、円棒状を輪切りしても同じように思うかも?

( ̄~ ̄;)

それじゃあ切り口側が導管向きになるので( ̄Д ̄;)アッ!

こー言う使い方では耐久性&強度的に弱い。

だからワザワザ木板(横向き)にクリ抜いてんの。

(´~`ヾ)ソッカァ

んで普通、この向きでくり抜く場合、回転する刃物の

機械では芯が振らないように円柱センターに穴が開く。

それが・・・センターに穴が開いてないのに・・・・

分厚くても真円に一発でクリ抜けてる。

ヽ( ´ ▽ ` )ノスゲーデショ♪つー話。

4つの雑貨てん(告知)

えーっと・・・以前から書いてるように

出店イベント参加は徐々に減らしてます。

( ̄Д ̄;)エッー?(´~`ヾ)

私の新作&什器開発の為、毎回その時に新作を創って

オーダー製作よりもイベント優先で参加してたのですがぁ・・・

やはり、ひとりだと限界があるし、また全国のオーダー依頼に

対して、一地方のイベント優先とは・・・ナカナカご理解

頂き難いってのも・・・正直ある。 ( *´艸`)ソリャソーダ

ただ「もうイベントには出ない┐(´д`)┌」と言うような

消極的な意味では無くて、どーにか期間限定ネットイベントなど・・

(全国の誰もが買える)ソレに近いカタチが出来ないかなぁ?

とか考えてます。(´~`ヾ)

んで、それとは別に(≧∇≦)b

新しい試みと言うか ( *´艸`)

2018年5月29日(火)~6月3日(日)までの

6日間の期間限定でギャラリー&カフェ「AQUA」さんにて・・・

(≧∇≦)b

「4つの雑貨てん」って言う手作り作家4人の

コラボ個展です♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

「てん」が個展の「展」とも「店」とも限定しない 。

AQUAさんのギャラリースペースを4つに分割して

それぞれの個性を存分に出してください♪って感じです。

ヽ( ´ ▽ ` )ノワーイ♪

 

良い工具との差。

えーっと・・・ちょっと施工やらで ( *´艸`)コソコソ

どーも、不在気味でスミマセン(´~`ヾ)

今日は天候が悪いのと、区民総会やら、例のネット不備状態

なので、ネタが少ないのですがぁ(´~`ヾ)

良い工具と安価で粗悪なモノって何処に差があるか?

って話。コレは鉄線切ってる私のクリッパー。

手前は、老舗MCCの定番!安価モデル。

上は某ホームセンターブランドのステンレス製中華安価品。

この手の工具は「せん断」能力が大事。

つまり・・・ココね?刃を上下から挟んでるココ!

ココの剛性&精度(ガタツキ)で決まる。

MCCを含めた日本製品(一部海外生産も含む)が

良いのは、この肝を知ってるから極限までガタが無い。

それでいて硬く無くスムーズ。そしてピッタリと

刃先の頂点が合う。コレが当然。コレが理想のカタチ。

ただ・・・パチモン&中華安価品も見た目は似た作り

には出来てる。大して耐久性も変わんない。んで安価。

ココまでは、差ほど変わらない?ように見えるけど・・・

ぎゅっ!っと締めた最後。ココでガタツキ

(と言っても上下に僅か0・3mm以下)が出てしまう。

ちょっとしたガタの誤差が・・・刃先の接点ズレを生む。

しかし、考えてみれば判るが、クリッパーとは

そもそもスンナリ切れるような細線の使い方で無く、

少しチカラが必要な、ちょっと太さの時に重宝するw

なので・・・・

かたや国産は(多少切れ味は落ちても)

パチン!パチン!と切れる。

どちらかと言うと「せん断」に刃の研ぎは重要じゃ無い。

一方、中華安価品はステンレスで高寿命らしいが(´~`ヾ)

それ以前に、最後でせん断の噛みが甘いので・・切れ残る。

最後の最後でズレるので、意味を成さない。

半額でも要らぬ。ハードに使う&たまに使う関係なく

切れないなら要らん。って事になるw

(もっと言うと形状は国産を真似てるんだが、支点の

精度が低くて右側ばかりが挟む構造的な不備もあるw)

こんなの何度も買うモノでは無いけど・・・

高いのと安いのがあれば、迷わず高い方の国産を

買っておけば、大抵はOK。(≧∇≦)b

逆に言うと・・・だからこそロングセラー商品なので、

類似商品は低価格だけ&ステンレス製って、目先で

買うようなら・・・

一番大事な、せん断能力を左右するカシメ部分の精度を

気にしてない。

試して使う訳にも行かんし、見て判らない場合もある。

だからこそ「ハズレ」ってのがある。

今回はハズレ ( *´艸`)アハハ