木製ヒンジφ(°ρ°*)

えーっと・・・・無事!出店イベントは

終わったのでぇ(≧∇≦)bアザース♪

続いて・・・オーダー品の製作を進めてまーす。

んで・・・・

久々に・・・大量の蛇にょろ♪( *´艸‘)クスクス

これは、以前にも掲載した事がありますがぁ・・・

私の大事な道具です。(´~`ヾ)

テーブル・ソーは危ないですからネ?(*´д`*)ヒィ!

特に、こー言う細いモノを切る時は、シッカリ!

(キックバックが起こらないように)

ブレないように押さえつつ・・・切り進める。

んま、補助の「押し棒」みたいなモノです。

(≧∇≦)bナルホド!

こー言うのには、実は色々な形状タイプがあって、一長一短

なんだけど、私は、ずーっとコレ!(≧∇≦)b

形状もサイズも・・・・ずーっと!丸っきり同じモノ。

( *´艸‘)

毎日毎日、殆どの切る時間使ってますから(´~`ヾ)

もう、手と言うか、自分の指と同じくらいに使い慣れてます。

コレのお蔭で、何度、指を切り落とさなくて済んだ事か♪

( *´艸‘)タスカルゥ♪

使ってて擦り切れて来ると、滑って危ないので、少しでも

減って来たら・・・常に新品に交換!(≧∇≦)b

なので、即交換できるように予備ストックが大量に必要なの。

んで、先日テスト試作した「A6ファイリング」の続き。

理想は、素朴な木板表紙・・・・ ( ̄~ ̄;)フンフン

だけど、実際には無垢材を単体板のそのままでは、

必ず!木目に沿って、反りが出てきます。

(木表に対して、微妙に両端が反って来ます)

コレは木の特性上、避けようが無いんだけど・・・

少しでも軽減させる小技を実験中。 ( *´艸‘)

んでからぁ・・・ガチャガチャしてるし、加工が

とても面倒なので(´~`ヾ)コレは没にしたんだけどぉ・・

一度、作ってみたかった「木製ヒンジ」(≧∇≦)bオオ!

アラレ組みの要領で凸凹を作って、ソコを軸にすると・・・

開閉の回転軸(開く時の支点)が板の中心内部に

設定できる。コレはコレで便利だけど、逆に言うと

丁番を板の表や裏に付けると、必ず!回転軸の位置関係で

「可動範囲が限られる」って訳。(≧∇≦)b

つまり・・・丁番取り付けでは絶対に不可能な・・・

表裏の両側に可動範囲が出来る。んま、見た目はゴチャゴチャ

しますし、必ず支点と板の厚みの相対に一対必要なので

(板の厚みが当たるので2折り(90度以上)は不可能。

折り畳むには、最低でも3つ折り以上になるって意味)

適材適所ですが・・・(´~`ヾ)

「出来ない訳ではない。」ってのは、判りました♪

( *´艸‘)ニャハハ

こー言うのも、出来るから自慢げにしても意味がない。

必要ならやってみるし、他のやり方の方が合理性があるなら

(例えば強度&耐久面では金属丁番が圧倒的に有利)

迷わず、ソチラを選ぶ。

どちらかしか出来なくて選択肢が少ないのでは無く、

こー言う機会に「出来る引き出し」を増やして、いつか

使える時に備える。

(≧∇≦)bナルホド!

没にするにも、ちゃんと意味があるし、必ず

「無駄ではない」(≧∇≦)bダイジ!

更に・・・無駄では無いように生かすには・・・

常に学び、常に向上させ、常に進化して・・・

常に臨機応変に対応出来るように切磋琢磨を

心掛けないとダメ。

この蓄積が「技術」であり「ノウハウ」です。

( *´艸‘)エラソーニ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です