横棚木箱什器と傾斜保持台(≧∇≦)b

えーっと・・・・先に(≧∇≦)b

コチラは、本日、梱包&発送済です♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノマッテテネェ♪

んでから!本日も晴天なのでぇヽ( ´ ▽ ` )ノハレロヤー♪

コチラは次回の施工オーダーの部材塗装。φ(°ρ°*)ヌリヌリ

まだ先なのですが、全部一人なので(部材を塗装するまで)

ココまでは事前に進めておかないとね♪

(≧∇≦)bソーイウコト

その次の・・・・( ̄Д ̄;)エッ?

部材仕入れ&日陰乾燥も進めてます♪( ̄▽ ̄)ゞ

花粉でうっとおしぃ ( ̄~ ̄;)ですが、良い気候に

なって来て、乾燥が進むので嬉しいですね♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノサラサラァー♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ

コチラも完成してるのですがぁヽ( ´ ▽ ` )ノカックィィ!

また次回にでも ( *´艸`)スマーンゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

本日は・・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラのオーダー什器ね(≧∇≦)b

130×130×150の3段棚の木箱什器×4と・・・

前回、約10度に傾斜保持する付属台座×4と・・・

β(□-□ ) ホホォ

更に!(≧∇≦)b36度の傾斜に保持できる台座×4。

こー言う感じですね。(≧∇≦)b

(厳密には手前の角が少し出ますが)400mmの

奥行&こー言う斜め展示用の台座です♪ ( *´艸`)

以前にも傾斜保持の構造を書きましたがぁ(´~`ヾ)

こー言う風に角度保持するのは誰でも想像出来ると

思うケド・・・・コレで保持するには(≧∇≦)b

こー言う金具をφ(°ρ°*)チマチマ自作してぇ・・・

ココを支えるから、自重で押えて総合的に滑らなくなる。

逆に言うと・・・・・この金具が無かったら、簡単に

滑り落ちますし、コレが台座側に固定されて無いと

(別体だと)台座を斜め後ろに抜く応力が発生するの。

β(□-□ ) フムフム

なので、コレ単体でシッカリ傾斜が保持&安定するの。

だから、何気なーいようで、ちゃーんと意味があって・・・

この形状にゃの。(≧∇≦)b

んで、ピッタリ36度(≧∇≦)b

定規は背面を合わせた状態の奥行です。 ( *´艸‘)ウンウン♪

んでからぁ・・・コレは内緒の裏技だけどぉ・・・

この台座を逆転させれば・・・約50度ほどに

なります。このままでは両用は出来ませんが、

万が一、コッチの急な角度の方が良い場合は・・

ご自分で、さっきのストッパー金具を外して、

コッチ側に付け替えれば(あと開脚保持させれば)

この角度保持にDIY改造できますヨン( *´艸‘)アハハ

んまぁ・・・さらぁーっと書いてますが、この三角形の

設計比率は、この1パターンしか無いです。( ̄Д ̄;)ソッカァ

きっと机上計算だけでは厚みや公差ズレは考慮出来ないし、

逆に職人気質だったとしても、ココまでの計算を瞬時には

出せないでしょうね。私ならではw ( *´艸`)クスクス

んで・・・モチロン(≧∇≦)b

ペッタンコに畳めます。 ( *´艸‘)ペッタン♪

んま、使う前からアレコレ機能を盛り込んでも

机上だけでは、アレなので・・・(´~`ヾ)

こー言う風に棚木箱をタテて使う事も出来るし

色々やって見て・・・良い塩梅で使って下さいね♪

んでからぁ・・・・

次のトランク什器×2も、製作を進めててぇ・・・

もうスグ完成です♪ヽ( ´ ▽ ` )ノタノシミィ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です