タグ別アーカイブ: 額縁

事後報告ですがぁ(* ´艸`)

えーっと・・・先日からの「卓上L字壁什器」について・・・

ナカナカ専門的で判り難いと思いますのでぇ(´~`ヾ)

えーっと・・・「左右どちら向きでも」と言うのは

たぶん・・・普通は冷蔵庫の左右開き扉とか・・・

「あったら良いな?出来たら良いな?的な差」程度にしか

判らないかも知れませんがぁ

(´~`ヾ)

実際には・・・・上画像。これは向かって正面の窓のある壁の

左側にソデ壁が付いてますよね?

展示スペースの向かって左角にレイアウト出来る訳です。

β(□-□ ) フムフム

これの逆向き・・・つまり右角に置けるようにすると・・・

こーなる訳です。窓の位置をよーく見れば判ると

思いますが、90度連結してる位置が壁の左右が

逆になる。そで壁も同じく、手前じゃなくて奥になる。

だからこそ、ソックリ左右どちら向きでも。になる。

( ̄~ ̄;)ソッカァ・・

つまりヒンジや着脱パーツ群で繋ぐとすると・・・

どんな高性能ヒンジでも不可能。90度取付位置自体が

2壁面ともに「左右逆になる」訳ですから。

( ̄Д ̄;)アッ!ソッカァ

んま、表裏ひっくり返すとか上下反転とか・・・一通り

ありとあらゆる方法を考えれば判りますが、この差し替え

方式しか実用的な接続方法がない。

┐(´д`)┌ソーイウコト

意外とありそうで・・・・どーやっても出来ない。

「左右どちらでも&簡単に分解出来てぇヽ( ´ ▽ ` )ノ」って

なんて事無い&誰でも言いそうなリクエストが実は・・・

無茶苦茶難しい事も多かったりします。

(´~`ヾ)ダヨネェ

だからこそ!(≧∇≦)b今回、Tスロットルを自作開発したの。

そのTスロットルも9mm×9mmと言う特殊なサイズ&形状。

こんなの日本中の何処に行っても売ってない。だから自作するの。

(* ´艸`)テンサイテキー!

自慢じゃあ無くて、リクエスト&ご希望を叶えると言うのは

並大抵の努力や工夫だけでは駄目で、ちゃんとカタチに出来て

実用に耐えなきゃ意味が無い。それを一発で答えを出す。

どーだ!スゲーだろ?って自慢しても良いんだけどゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

そーじゃ無くて、「一生懸命考える」ってのが大事にゃの。

(≧∇≦)b

それをご理解頂いてこそ!努力は報われ、価値と意味が出てくる。

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

「はぁ?そんなん簡単じゃね?┐(´д`)┌」とどこにでもあるように

安易に思われてては何もカタチに出来ないし、その価値が判らない。

だから・・・・説明が長くなって当然。

(´~`ヾ)

その意味を依頼者&購入検討者さんに判って頂けなければ、

価値(価格)を理解しようと思っても無理にゃの。

それが「お目が高い」「違いが判る」って言う価値を見抜く眼なの。

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラも事後報告になっちゃうけど(´~`ヾ)スマーン

先日、お引き渡しが完了した

「夏場はステンドグラス、冬場はレンガ調壁に」

と言う額縁×2枚の衝立オーダー品。

つまりね?ココに冬場ステンドグラスの代わりに

ベニヤ板を居込んでるんだけど・・・・

ステンドグラスって通常3,5mm厚にゃの。

そんな丁度同じ厚みのベニヤ板など存在しない。( ̄Д ̄;)アッ!

だ・か・ら・・・・密かに周囲を掘り下げて・・・・

ステンドグラスと同じ厚みに調整してたりします。

んで・・・依頼者さんご自身で、市販のレンガ調シートを

貼って画像を送って頂きました♪ヽ( ´ ▽ ` )ノアザース♪

んね?かわいいし「想像した通りに実現」したって訳。

(≧∇≦)bイイネ♪

「あー無理です」「出来ません」「対応しかねます」

なーんて断るなんぞ誰でも楽だけど・・・

こー言う何気なーい配慮&工夫を、ほぼ創るモノ全てに

施してるからこそ!アレやコレが実現してる訳です。

こんなヤツ、たぶん・・・・日本中で私以外には知らない。

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラはご入金確認が出来ましたので、本日、

梱包&発送が完了しました♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノマッテテネェー♪

挽いたり接いだり(* ´艸`)

えーっと・・・先に宣伝です。(≧∇≦)b

本日から3日間だけ、イベント委託展示にて

期間限定展示販売です。

第15回 「蚤の市」

開催期間・・・11月30日~12月2日

開催場所・・・高野口ラーニングセンター

商品だけ委託出品させて頂きます。

私本人は製作作業継続の為、委託のみで不在ですが

実姉apois他の作家さん達は在廊してます。

(≧∇≦)bスマーン

場所は、高野口の伊都高校の斜め前くらいです。

ヽ( ´ ▽ ` )ノゼヒ!

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

昨日|ω・`)チラリ・・とお見せした無垢板パネルは・・・

こー言うスプルース白木無垢板を接いだパネル状。

これも全部私がφ(°ρ°*)チマチマ・・・・部材から作るのです。

んで・・・・こー言う1m弱のサイズ指定棚の

基本構成まで進めてます(≧∇≦)b

勝手口横の軒下屋外(直接は雨が掛からない屋外)

でのご利用なので、グレーに塗っちゃうのですが

(塗っちゃうのは勿体ない気もしますがぁ(´~`ヾ)

無垢素地状態でパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

背板も、DIYなら喉から手が出る程使いやすい木板ですが

こー言う風に、全部、私が挽き割って作る。φ(°ρ°*)チマチマ

だから、どんなサイズ&仕様にも対応できるし・・・

イチイチ適合部材を買ってたらコストも圧迫するし、

接いだり&挽いたり出来るのは、木工では大きな強み。

(* ´艸`)

劇的にコストが安くなる訳では無いけど、出来る限り

自分でφ(°ρ°*)チュィーン挽いて納得できる部材にしてます。

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

海外サイズのオーダー額縁のカラーご指定。

スカイブルーっぽいんだけど、送って頂いたご指定色は

抜けるような水色で、ごく微量・・・黄色が入ってる。

(*注=この色は青がキツく映ってると思います)

調合する時に青に黄色を入れるのは恐いですけどね?

ホンの一滴以下です。( ̄Д ̄;)ソーナンダ

ヽ( ´ ▽ ` )ノイメージ通りの良い色になりましたね♪

ただ・・・上の画像もスマホで見ると現物に近い色なんですが、

PCモニターで見ると、まだちょっと自動補正で水色が薄い色に

写ってるかも? ( ̄~ ̄;)ウムム・・・

ホント、OFF出来ない自動補正って困っちゃうなぁ(ノД`)・゜・。

こう言う微妙な色合いの撮影には不向きで、更にデジカメも

スマホも年々、自動補正がキツくなってます。

現物見ればバッチリなんですけどね?(´~`ヾ)ゴメンナサイ

3mm厚の特注サイズUVカット透明アクリル板装備!

んで・・・背面には背板とトンボ金具、タテ&ヨコどちらも

吊れるように2方向に吊り金具を装備してます。

(≧∇≦)bキガキク!

OKでしたら、ご精算&発送に移行させて頂きますね。

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

ちょっとキシラデコールについて聞かれたのでぇ(´~`ヾ)

 

私の木工殆ど全てに採用しているアルキド系

染色塗料のキシラデコール。こげ茶のウォールナット色の

大半はコレですね。

(≧∇≦)b

今では殆どのホームセンターでも販売されてますね。

元々は、ドイツ製だけど、日本エンバイロ、のちに

大阪ガスケミカルが製造販売してる定番中の定番。

(≧∇≦)bウンウン

前にも書きましたが、別に私が惚れ込んでるのでは無くて

1・流通量が多くて入手が楽。

2・成分誤差&ロット色誤差が少なく安定している。

3・やはり高価な独占状態だけあって、耐候性が高い。

4・お客さん自身に「こんな高価な塗料を使ってくれてるのね?」

っと知って貰える。(* ´艸`)アハハ

んま、性能が安定してるし評価してるが惚れ込んでは無い。

代わりが無いから使ってるって感じです。(´~`ヾ)

似たような屋外塗料が安価で売ってたりしますがぁ(´~`ヾ)

安価な分、アルキドをケチってて全然耐久性が無いので

話にならん。ケチる以上に類似品とは呼べない差。

┐(´д`)┌

ちょっと高価ですが、キシラデコール!コレを使ってます。

んで、パッケージが2種類ある。中身はまったく同じ

成分なんだけど英語パッケージは所謂「業務用」で

β(□-□ ) フムフム

何処がどー違うのか?つーと・・・

手前に4Lサイズが2缶写ってますが・・・・

左の業務用英語パッケージは・・・・(1缶税込み1万円強)

まんま4Lですがぁ(´~`ヾ)

よーく見ると、ホームセンター等で一般市販されてる缶は

実は3.4Lしか入ってません。(価格¥9900ほど)

( ̄Д ̄;)ホントダ

「600ccは?どこに消えた!(-_-メ)」って感じですね。

(´~`ヾ)

一斗缶では更に酷くて業務用は16Lですが、一般市販用は

14Lしか入ってません。(ほぼ価格はどちらも3万円弱)

( ̄Д ̄;)エッ?

こー言う事です。「業務用」と「一般商品」って┐(´д`)┌

何かが違うと言うより「知ってるか?知らないか?」だけの差。

塗料やケミカル系の液体は量が多いほど割安で、少ない小さい缶の

小分け品だと余計に割高なのは常ですが、容量自体も違うw

ネットで最安値探せば、もっと価格差が開く。それが現状。

(´~`ヾ)タハハ

ホームセンターで14L缶を3万円で買うなら・・・

おおよそ2L分(¥4000弱)も目減りしてるって事。

なので、沢山使う予定&ほぼ同じ販売価格なら

英字パッケージの業務用缶の方がお得です。

それと・・・素人DIYなら特に!塗料は良く混ぜる事!

説明書にも書いてあるでしょ!棒を突っ込んでグリグリしないと

染色系は特にソコに着色成分が偏ります。

因みに私は16L缶買ってますが結構痛い塗料費です。(* ´艸`)

オマケですがぁ(* ´艸`)同じように・・・・

私が良く使うイギリス製BRIWAXもグリグリ混ぜが必須。

染色WAXなんだけど、夏場に常温液化した後、再び

寒くなって硬化する時に、実は・・油分に層が出来ます。

氷が解けたカルピスみたいな事です。

( ̄Д ̄;)ソッカァ・・

上層に軟化しやすい油分、下層に染料と難軟化成分とに。

なので、使うたびに底から棒でグリグリかき混ぜないとダメ。

┐(´д`)┌アタリマエ

コツ・・・っと言うより説明にはちゃんと書いてある。

とにかく塗料&染料と言うのは「使う前に良く混ぜる」

ペンキもそうだし、透明クリアーでもそう。

棒を突っ込んで底からグリグリφ(°ρ°*)最低50回以上は混ぜないと。

スプレー缶も「中の攪拌玉がカチカチ鳴りだしてから」100回は

振らなきゃ混ざって無いです。

多いようで・・・混ぜるくらい数秒で済む話ですから、

「良く混ぜる」ってのを疎かにしちゃあ駄目ですよ♪(≧∇≦)b

 

地味なペンキ下地作業(* ´艸`)

えーっと・・・実姉apoisのリノベーション計画の続き。

っと言うか、オープン予定の来年3月まで・・・当面

ちょこちょこと続くんですけどね?(´~`ヾ)タハハ

今回は、玄関の下駄箱のペンキを塗り替えたい!(≧∇≦)b

って事で、わざわざ合間をぬって「塗装下地磨き」

んま、木製と言っても昭和50年代以降だから、

南洋のアガチス材&ラワン系だったりするんだけど

(´~`ヾ)つまりは、あまり良い木材では無い。

んま、この当時の学校の下駄箱は大抵、コレですね。

┐(´д`)┌シャーナイ

んで、元々ペンキ塗装だった上に自分で塗り替えたいらしい。

ただ・・・素人DIYよろしく、単に、この上からペンキを

塗るだけだと直ぐに剥げる。┐(´д`)┌

経年劣化による埃や、下駄箱って良く手を付いちゃうので

必ず手垢&皮脂が残ってる。コレでは塗膜の定着が弱く駄目。

だからと言ってペンキ層を全部剥いじゃうと南洋材は

導管が荒いのでペンキを幾らでも吸うので目止めが必要になる。

じゃあ、どうすれば良いのか?つーと・・・

ペンキ表層だけ剥いて、ペンキの足付け(乗りを良くする)

程度に磨くのが一番。

これって、ホントに地味。塗り替える前の作業だから

見た目も大して変わんないし、入り組んだ立体構造だから

ランダムサンダー使っても・・・全面磨きに2時間は掛かる。

(*´д`*)フゥ

狭い箇所や角隅はペーパーやすり手作業。φ(°ρ°*)シコシコ

んで、最後に全面シンナーで脱脂するまで。

(´~`ヾ)ハァハァ

しかも下駄箱は向かい合わせで2面ある。( ̄Д ̄;)ゲッ・・・

ただね?ホント、ペンキを塗る作業自体は誰でも出来んのよ。

┐(´д`)┌

ペンキなんて、どこのホームセンターで売ってるし。(* ´艸`)

だから素人は舐めちゃう。「ペンキ塗るくらい・・」ってね?

でも、本当は鈑金塗装だろうが建築塗装だろうが木工塗装だろうが

塗装の9割は「下地作り&養生」であって、塗り方のコツなんぞ

(無論、あるんだけど)微々たる差で、下地を何処まで(地味な

作業を)シッカリやるか?で仕上がりも塗料の乗りも寿命も発色も

変わる。

新品の鉄板平面にペンキ塗るだけなら、素人でもプロでも変わらんw

だけど、実姉apoisや手伝って下さる皆様に、こんな地味な作業は

酷すぎる。なので・・・肝になるポイント&地味な作業は私が

コツコツやって行くしかないかなぁ?(´~`ヾ)タハハ

そそっ!いよいよ寒くなって来たので (((( ;゚Д゚)))カタカタ

冷温庫もHOTに切り替え♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

冷蔵機能はもう怪しいけど、少しでも温かいのは有難い♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラは箱状ドッキング什器のオーダー品。

出来るだけ軽い部材で構成するんだけど、その分

お得意の「高精度アラレ組み」構造を採用して

「めちゃ軽いのにカナリ頑丈」ってのを製作中です♪

(* ´艸`)ムフフ

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

600×600と言うデカいステンドグラス額縁×2枚も

着手。

コチラは最終的にヒンジを付けて衝立風に。

簡単そうで・・・額縁が平行&直角は無論、

ピッタリmm単位まで全く同じじゃあ無いと衝立には

ならない。 ( ̄~ ̄;)意外に「向かい合わせる用途」だけで

トランク並みのピッタリ高精度が要求されてたりするw

基本構成まで進めてまーす♪φ(°ρ°*)

つ~訳で、オーダー各種アレコレ製作してるので、お楽しみに♪