カテゴリー別アーカイブ: ちょっとしたコツ

唯一の晴れ間に(≧∇≦)b

えーっと・・・

コチラは本日、梱包&発送完了♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノオマタセー♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

実姉apoisの手芸店は閉店するのですがぁ・・・

実姉が、この店をオープン時に屋根塗装してから

ちょうど10年目で・・・・

たまたま今年の夏に雨漏りチェックで登って・・・

こりゃあ(閉店するしないの問題では無くて)

塗装し直さなきゃ、トタン屋根が錆びて雨漏りの

原因になるから、ヤベーだろ?って事で・・・

実姉から報告→結局、家主からトタン屋根の

定期ペンキ塗り替えの依頼になりましてぇ・・・

(´~`ヾ)アザース

んま、雨漏りはしてないし、各部もチェック済。

なんだけどぉ・・・少し錆が浮き始めてます。

(10年も経てば大体この位の経年劣化は当然です)

( ̄~ ̄;)ウムム

トコロが・・・近年は(一昔前なら業販しか無かった)

シリコーン塗料がホームセンターでも簡単に入手できちゃう。

(* ´艸`)スゲェ!

んで、今回塗装するのはコレ(≧∇≦)b

油性の高耐久シリコーン塗料。シリコーン塗料なので

多少の錆があっても、そのまま塗れちゃうスグレモノ!

ヽ( ´ ▽ ` )ノスンバラスィ!

んで、初めて使ってみたが、ナカナカGood!

ちょっと濃い目なので、原液では伸びが悪いが

必要量を少し希釈しながら塗る感じだと良い♪

シッカリと塗膜厚もありますし耐候性&耐水性も高い。

コレなら十分、あと10年は持ちそうですね。

隅処理も厚めに細部までφ(°ρ°*)チマチマ塗ったので

例え小さいホールがあったとしても、これ自身が

塞いじゃうくらい。変成シリコーンの上塗りにも

シッカリ塗れます♪

因みに・・・アホな質問されましたが(´~`ヾ)

シリコン・バレーとかシリコン・ウェハーなど

半導体や太陽電池に使われる、白銀色の高純度

ケイ素金属のシリコン(Silicon)と・・・・

シリコーン(Silicone)は名前は似てますが別物。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

シリコーンはケイ素と水素のシロキサン結合の

プヨプヨのゴムみたいに固まるポリマー化合物。

β(□-□ ) フムフム

同じケイ素由来だけど、希少金属とゴム状ポリマー

見た目も硬さも機能も全く違う別物ですよ。

(そんなのも、ちゃんと学校で習ってる筈ですよ?)

んま、高純度ケイ素金属なんて一般人が触れる代物

では無いので、分別する必要が無くメーカーも

どちらにもシリコンって書きますからネ?

ただ、名前が似てるだけで混同するのは無知過ぎます。

(´~`ヾ)

ココの屋根は左右2方が壁状に無駄にゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

せり上がってるので・・・側面もシッカリ!

今日は別の作業予定があったのですが・・・

また明日から秋の長雨だろうから ( ̄~ ̄;)

強引に本日半日で(足場も無しでハシゴのみ)

塗装完了♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

ちょうど今、店舗の裏側の他工場を解体してあるので

(台風の翌日に解体してましたが、被災ではありません)

ポッツーン( ̄Д ̄;)って感じで裏からも丸見え(* ´艸`)

ですが、せっかく屋根をキレイに塗っても全然

判りませんね?(´~`ヾ)タハハ

とは言え、実姉apoisに変わって・・・・

「10年間有難う♪」を込めて丁寧に仕上げました♪

家主さんも(10年とは保証できませんが(´~`ヾ))

コレで当面は雨漏りの心配は無くなると思いまーす♪

(≧∇≦)bイイネ♪

デデーンとヽ( ´ ▽ ` )ノ

先に・・・・(≧∇≦)b

コチラは2商品を同一梱包して、本日発送完了♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノマッテテネェ♪

んで・・・・(≧∇≦)bツギィ!

先日からの「日本酒を飾る用のひな壇」オーダーは・・

幅が900mmほど、高さが500mmほど、

そしてその最上段に屋根が付く(* ´艸`)クスクス( ̄Д ̄;)エッ?

なのでぇ・・・出来上がりサイズが相当にデカい!

そのままでは、発送サイズ限界を超えてしまうのでぇ

( ̄~ ̄;)ウムム

敢えて「組み立て式」とする事で梱包を宅配サイズにして

到着後(ビスを手締めする程度)でご自身で組み立てて

頂く方式を採用♪(≧∇≦)b

(無論、それはそれで設計コストは掛かりますよ?)

なので、単に組み上がればOKでは無くて

一般の依頼者さんに「ビスだけで簡単に

組めなくてはいけない」ので難しかったりします。

梱包サイズが超えると意味が無いし・・・

( ̄~ ̄;)ナール

とは言いつつ・・・・もう出来上がってるん

ですけどね?(* ´艸`)ニャハハ(´・ω`・)エッ?

んで・・・・・(≧∇≦)bイクヨォ!

ジャジャーン!ヽ( ´ ▽ ` )ノ

こんなん出来てます♪( ̄Д ̄;)ホヘェ・・・

組み上がると、相当にデカいサイズで(´~`ヾ)

屋根を含めると1m超えで作業台ギリギリ(* ´艸`)

んでばっ!

組み立て方法の概要(≧∇≦)b

先ずは、一番下の手前、最下段の前板と

左右の側板を(内側から)コの字に結合。

こー言う風に組み合わさるのでL&R&上&下を

(内側に記載してます)守れば間違えない筈!

なお、全てのビスは一旦組んでから緩めて

外してるので、ドライバー一本でOKですよん♪

んで、今度は底部の後ろ棒で繋ぐ。ココも

組み付け時には木工ボンドを塗って頂いて

ビスで留めるだけです。

先に(ひっくり返して)底部を四角に組む。

って感じです。β(□-□ ) フムフム

んで、(正しい向きに起こしてから)続いて

背面の上部棒を繋ぎます。(≧∇≦)b

コレで一升瓶並べて大丈夫?って思うかも

知れませんがぁ・・・(≧∇≦)bマダマダ

今度は前面板を下段から順に、天板載せて・・・

前板繋いで・・・2段目天板載せて・・・・

その上の前板を繋いでぇ・・・っと言う感じで

繋ぎます。コレは全部上からビスを留めるだけ。

(≧∇≦)bカンターン!

コレは中段の途中。この後、上段の前板を

繋いで最上段天板を載せれば・・・

こーなる。約900mm幅なので、一升瓶が

一棚に8本並べます♪んで、シッカリ頑丈ですばいぃ!

ヽ( ´ ▽ ` )ノスゲェー!

なにやら説明を文章で書くと大変そうですが、

女性でも楽々組めるほど軽微&簡素ですよん。

んで、お次は「最上段の屋根」です。パーツは

たったこれだけ♪(≧∇≦)bイェイ!

両側に支柱をビス固定して、屋根を先端に

結合すればOK♪簡単でしょ♪(≧∇≦)b

コレはご家庭の室内用途なので、屋根は飾りなので

そんなに頑丈では無くてOK。

簡素と言えども面倒だ!(*`ε´*)ノ_彡って人には

お勧めできないけど(諦めて下さい(ノД`)・゜・。)

ご理解頂いて・・・ちょっとの組み立て労力さえ

OKなら・・・(≧∇≦)b

なんと!あれだけデカいサイズが、ココまで

コンパクトに!「宅配サイズで発送OK」に

なっちゃう訳です♪ヽ( ´ ▽ ` )ノスンバラスィ!

つ~かね?

もしコレで完成品なら「家財引っ越し便」になるので

別途送料で2万円弱も掛かっちゃう。( ̄Д ̄;)マジデ?

んね?現実味無いでしょ?だからにゃの。

┐(´д`)┌

とは言え、これなら誰でもプラモデルより簡単に

イ〇アやニ〇リより簡単に組めそうなのでご安心を。

詳しく書けば難しいと思われるし、ビス留めでOK

だけで簡素に掲載すると甘く見てしまうので・・・

掲載&紹介もサジ加減が難しいっすね?(´~`ヾ)

依頼者さま♪

形状&組み立てはOKだと思います♪

(≧∇≦)bあとは色ですね。メールしますね。

敢えて挽割る(≧∇≦)b

えーっと・・・・

先日から製材をφ(°ρ°*)チマチマ進めている

日本酒(一升瓶)を飾るひな壇(和風)の

オーダー品。

3段のひな壇タイプになるので白木の無垢材で

天板も3枚必要なのですがぁ・・・・(* ´艸`)ムフフ

コレ!良ーく見ると・・・・・ワザワザ真ん中で

挽割って→再び強靭に接いでます。( ̄Д ̄;)エッ?

無垢材・・・・木そのままは質感は良く、価値も

あるのですが、必ず「異方性」があります。

つまり「反り」ってヤツです。(´~`ヾ)

コレは(良質な柾目でも使わない限り)必ず起きる。

特に今回は白木を使ってるんだから当たり前。

木は乾燥と共に木表(年輪の外側)向きに反りが出ます。

どんなに大人しい木目でも乾燥していく過程で

必ず木表側に巻くように両側が反って来る。

ありとあらゆる手段で反りを抑える方法はあるのですが

根本的に反りを100%消してしまえる訳では無いの。

┐(´д`)┌ソーナノ

特に・・・・厚みが有って、木幅が広いと必ず起こる。

( ̄~ ̄;)ウムム

トコロが・・・・こー言う風に「敢えて挽割る」と

反りの収縮幅が半分に減るので、一気に根本的な

反りが取れる。( ̄Д ̄;)ホォ・・・

んま、以前から書いてるように無垢材は木幅が広ければ

(それだけ太い巨木が必要なので)それだけで一気に

金額が上がる。100mm超えると一気に上がり・・・

300幅、600幅、900幅となると比例どころでは無く

3倍、10倍、50倍・・・みたいに一気に希少になる。

だから作る側は出来るだけ「無垢材の巾広はそのまま

使おうとする。」挽割ると値打ちが下がるからネ?

だから・・・反りに悩まされる呪縛になる訳ですがぁ

(´~`ヾ)

トコロが・・・・一旦切って、キレイに接げるなら

木目は通る訳で(無垢材である事には変わりないし)

こーやる方が、遥かに後々反る心配が無い。

(≧∇≦)bナルホド!

んでからぁ・・・マジに一升瓶を借りて来て

バランスを見てます。(因みに、この日本酒は

店舗用で私が呑んでる銘柄ではありません。(* ´艸`)

あっ!そそ!因みに一升瓶と言うのは、正式には

「JS-52 1.8Lリットル丸正瓶」と言って

容量1800ミリリットル(±15ミリリットル許容誤差)

高さ395mm(±1,9mm許容誤差)

上部直径30mm(±0,3mm許容誤差)

底部直径105,3mm(±2.5mm許容誤差)

最小肉厚1,7mmまで・・・・

っと厳しくJIS規格で決まってたりします。

(≧∇≦)bソッカァ・・

なので棚板は120mmプラスのみ込み10mmで

製作を進めてまーす♪(*´д`*)イソゲェ!