タグ別アーカイブ: キャスター付きワゴン

意外と高価な金具類(* ´艸`)

2液ウレタンコーティングが出来た

軽量折り畳み机ですがぁ・・・・

一人座卓用で天高400と標準サイズよりも少し高め。

逆に言うと400高がナカナカ無かったから、

細部指定でオーダー頂いた訳ですがぁ(´~`ヾ)アザース

依頼者さんは当初、天板長さが800で高さが400。

脚を折り畳むとちょうど入る筈?っと思ってたらしいのですが

実際には、800mmに400mmの脚は入りません。

┐(´д`)┌

何でか?って言うと、上記画像のように

「天板の縁の余白分」と「脚を起こした時の厚み分」が

あるから。細かく言うと、天板にも高さに直結する厚みが

ありますし、ジャストだと畳んだ足先が当たって畳めないので

天板の余白シロ+脚の構成厚みー天板厚みー脚のクリアランスで

天板長さを50mmプラスの850mmに設定してます。

こー言うややこしい計算は私が行いますが・・・・

「えー?どうして?800の半分400なら入るんじゃないの?」

って思い込んでるのを説得してご理解頂くのがナカナカ難しく

時間が掛かったりしますね。

(´~`ヾ)シャーナイ

ただ、ちゃーんと意味&価値が判って貰えないと、

「そのくらい出来んじゃねーの?」って思われちゃいますし

例えば、ココに市販品のようなストッパー付きの金具を

装備すると・・・・簡易な汎用折り畳み脚金具でも

1つ¥700~¥1200程、掛かっちゃいます。

それが4か所で×4=・・・んね?結構、コストに響く。

(* ´艸`)ソーナノ

そー言えば、先日のネオ・水屋箪笥の・・・

引き出しの和風取っ手ね。これでなきゃ!って感じだけど

この鉄取っ手ひとつで約¥700ほどします。( ̄Д ̄;)エッ?

ホームセンターで見て来てください。金具って意外に高価です。

Σ( ̄ロ ̄lll)ヒェー!

それが計5か所、ふすま取っ手も一つでそのくらいしますから

金具って意外と言うか・・・結構、原価コストに影響します。

(´~`ヾ)ソーイウコト

だから良く自分で創ったりもしてるんだけど、あまりに複雑だと

余計に製作コストが掛かったり、複雑な加工が出来なかったり

結局、自作するより市販金具の方が良い時も(´~`ヾ)

やはり何度も使う可動箇所は信頼性の上でも高価でも

市販金具を使ったりしますが、これもご予算次第になってきます。

┐(´д`)┌ソーイウコト

さぁーて・・・折り畳み脚は出来たから、後は脚の固定方法

だなぁ・・・・ ( ̄~ ̄;)ポークポーク

一方・・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラは、折り畳み式天板装備のキャスターワゴンの

オーダー品。なんて事無いようですがぁ・・・・

キャスターが付いてる背の高いワゴンに折り畳み天板を

取り付けると・・・当然、画像のように重心バランスが

悪くなる。

今回は450mm幅の本体に対して300mmの

展開天板。 ( ̄~ ̄;)

これがもし、600mm(2倍)以上長ければ・・・

テコの作用が二分の一に弱まるので安定させやすいんだけど

これを倒れない重量バランスで設計するのも一苦労。

(* ´艸`)

んま、無事に「倒れにくく」は出来ましたが、やはり

ボトル(プッシュ式)や重いモノ、また不意に手をつけば

ワゴンごと倒れるリスクがあるので、敢えて・・・・

天板はフルフラットでは無くて縁でワザと仕切ってます。

(´~`ヾ)

重いモノを展開した天板側に置いちゃダメって言っても・・

作業してる時には、出来るだけ手元に置きたいものだから

ツイツイ・・・すると「物理的に必ず」ガシャーン!(*´д`*)

っとやっちゃうから、その為です。

(≧∇≦)bゴリカイヲ

便利なモノと言うのは、ツイツイ(物理法則を無視して)

億劫になっちゃいますが、折り畳み式にしたり&出来るだけ

倒れにくい設計には出来ますが(物理法則&重力を無視して)

「絶対に倒れないように」は叶えられません。(´~`ヾ)

魔法じゃないんだから。┐(´д`)┌ソーイウコト

なので、敢えて仕切ることで意識を促すって技です。

また、これまた物理的に天板を畳んだ際には、

こー言う風に天板の厚み&逃げ分、隙間が出来ます。

これを回避するには・・・(天板をフレキシブル接続に

加工してシャフトヒンジで繋げば出来ない事も無いけど)

カナーリ加工&施工が高額になっちゃいます。

(´~`ヾ)

この程度なら当然&自然ですからご理解頂きやすいので

この方式が「最もコストパフォーマンスが良い」です。

ただ、さっきも書いたように「えっ?ならないの?」っと

言う範囲が素人さんは安易に捉えすぎ&広すぎるし

ゼロ円&簡単じゃない事も正直、多いです。

「可能は可能ですが、相当に金額が上がっちゃいますよ?」

とは説明しますが・・・・

例えば、世にある不可能を可能にしている機構は、実は

必ず何処か「物理に反してる箇所」に負担が集中し壊れやすい。

また、複雑なほど修理が難しい場合が多いです。

私が出来るだけシンプル&簡素な構造に・・・っと言うのは

単にコストを抑えるだけでなく、出来るだけ物理法則に

逆らわないように。ひいては丈夫で壊れにくいって意味です。

例えば湾曲した椅子とか・・・普通はそうならないモノを

そう構成してる事は素晴らしいが、やはり無理があって

圧倒的に簡易構造よりも壊れやすいし修復できない。

┐(´д`)┌

駄目なのでは無くて「市販品のように・・・」っと言うのが

結構、金具にコストが掛かったり、やたらと高額になる割に

さほど効果対費用が見合わない事も現実、多いです。

するのが面倒なのでは無くて、あんまり意味が無いなら勧めない。

( ̄~ ̄;)ソッカァ・・

「希望と現実」ソコを良いバランスで調整、あるいは

ご説明してご理解頂くのも私のウデの一つなのです。

 

天板剥きφ(°ρ°*)チマチマ

えーっと・・・・

朝から実姉apoisリノベーション計画の続きで・・・

前回、錆落としまで私が勧めた鉄扉に、実姉がペンキ塗装。

出来たヽ( ´ ▽ ` )ノと言うので・・・・

よいこらしょ!よいこらしょ!(#`Д´)ノノと、

元の鉄扉レールまで大移動。(*´д`*)フゥ・・・

しっかし、なんて言うか実姉と重いモノを運ぶ時、

一人で運ぶより重いよーな?気がすんだよなぁ?

(* ´艸`)アハハ

コマもメンテしてグリスアップしたのでレールが軽い♪

んで・・・・

錆で欠損穴が出来てた数箇所をシール充填で埋めた♪

中に水が溜まったままだと内部浸食を進めるので

水抜きが終わってから。って訳φ(°ρ°*)キコキコ

んで、一旦帰って・・・・・

今度は蘭爺「(〒Д〒)」ナンヂャトナ?の計画で

数年前に私が作った栽培棚を分解 (#`Д´)ノノ

さすがに数年間、雨ざらし&水やりで劣化してきた

のもあるけど、やはり年配のお客さんが多いので

出来るだけ店前駐車場を広く確保したいそうです。

良い機会なので、じゃあ取り除こう!って訳(´~`ヾ)

んで、またまたリノベーション計画に戻って・・・

今度は「古い机を塗り直したい」って事で・・・

これが学校から譲って頂いた元の中古机。

ただ・・・・御多分に漏れず ( ̄~ ̄;)

書いちゃいけない人権侵害&個人情報&性的描写など

まぁ・・・PTAや親御さんがみたらひっくり返るようなw

自由奔放なクソガキ達が落書きを彫り刻んでやがる。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

でも、元は無垢板を繋いだ立派な大型の天板机で

もし、今現在、新規で購入すると相当に高価な品。

(≧∇≦)bイイネ

ちゃんと表層を剥けば、全然使えそう。って事で・・・

天板の水平を整えながら・・・・

先ずは手押しプレーナーで整える。

簡単そうで・・・宙に浮かして仮想の水平を

手の加減で見ながら平行移動させないと・・・

幾らでも削れちゃうのでぇ、相当に難しいです。

(´~`ヾ)

こー言うのも、何枚も今まで天板を剥いてる私だから

スイスイ進めてるけど、結構本職でも難しいのよ?

左から2枚目の接ぎ板の途中に捻りがあって、

微妙に窪んでたので、その深さまで均等に均す。

荒剥きが終わったら、ランダムペーパーで荒研ぎ。

天面が揃ったら、今度はコーナーの角落としまで

進めてぇ・・・・φ(°ρ°*)チマチマ

実姉apoisにレクチャーしながら本研ぎ。(* ´艸`)

んま、最も危なく&難しい平面出しは私がやったので

ココからは地道に2時間ほどペーパーを当てていくだけ。

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン

ただ・・・機械を使いペーパー番手を変えながら・・・

でも優に2時間以上は掛かる( ̄Д ̄;)エッ?

プロでもDIYでも・・・そのくらいは当然掛かって当たり前。

実姉は完全に飽きてましたけど(* ´艸`)

んま、こー言う地味で地道な作業をこなしてこそ!

(≧∇≦)bソーイウコト!

良い感じですね。今回は顔が映るようなコーティング

じゃあ無くてカフェの大テーブルに使いたいそうだから

①荒掛けのまま(少しプレーナー痕や打撃ダメージ痕を

残して)塗装でビンテージ風に仕上げるも良し。

②可能な限り平滑に表面を整えて、塗装、または

蜜蝋WAXやオリーブオイルでナチュラルに仕上げるのも良し。

んね?水平出しして完全に一層を剥いてあるので

落書き&彫り文字&傷もキレイに消えてます♪(≧∇≦)b

後はお店のイメージに合わせて好きに仕上げれば良い。

ヽ( ´ ▽ ` )ノデケタ♪

私の手伝いはココまで。(*´д`*)フゥ・・・

んで、やっと自由の身になったので(* ´艸`)アハハ

コチラのオーダー額縁BOXも進めながら・・・・

折り畳み机のオーダーも進めながらぁ・・・・

コチラの追加ワゴンのご依頼にも着手!(≧∇≦)b

これはヨッシーの追加オーダーなんだけど、今回は

タイル天板は無しで、代わりに折り畳み式天板の

リクエスト。

ワゴンに折り畳み天板って聞くと「便利そう!(゚∀゚)」って

思うかも知れないけど、キャスターが付いてるワゴンに

片側でも追加天板が出ると、非常にバランスが悪く、最悪

ワゴンごと倒してしまうリスクもある。

( ̄Д ̄;)ソッカァ・・

だから市販されてないの。┐(´д`)┌アマーイ

なので、簡単そうでカナーリ・・・・むずいが

頑張りまーす♪φ(°ρ°*)チマチマ

和風衝立の完成です♪

えーっと・・・

先日から進めてたL字の和風衝立。(≧∇≦)b

んで・・・こんな事を言ったら庭屋さんに怒られるかも

知れないけど、こー言う意匠的なモノには元々決まりが

無いのと、茶道の侘びも介入してるので ( ̄~ ̄;)

つまりは伝統&厳格っぽいけど・・・ホントは決まってない。

┐(´д`)┌

純日本庭園が減り、庭すら無い&芝生のみって場合や

和洋折衷のネオ日本庭みたいなのも増えてるし、流行も

年々移り変わって行く・・ってのが実情だったりします。

(* ´艸`)イッチャウ?ソレ

んで、極々オーソドックスな作りにするんだけど・・・

上部の「名栗(なぐり)」って装飾があります。

んま、「なぐり」完全な当て字で(´~`ヾ)釿(ちょうな)って

言う昔のクワみたいなカンナで殴ったような加工傷。

それを侘びの精神&デザイン性で良しとしたもの。

こー言う風に削ったり・・・・

こー言う均等ノコ目なんかも同じ類。β(□-□ ) フムフム

要は加工傷をデザインに見立てる事を意味します。

β(□-□ ) フムフム

って言い出すと何でもアリっぽいですが(* ´艸`)

ただ、今回は、なぐり棒もシンプルに加工無し。

ホントに極々オーソドックス&シンプルに。

高さが全高1800mm(後で低く切ります)

L字の片袖が800mmで手前袖が480mm

と実寸測定したサイズで。

んで・・・(≧∇≦)bもう設置して来ました♪

こー言う感じ。水場を少し隠して(実は

この裏にある電気分電盤と外部コンセントを隠す為)

スッキリと♪(古いボロボロの竹垣は撤去済み)

最終的に高さは100mmほど現地でバランスを見て

貰いながら、調整して切り下げてます。φ(°ρ°*)チマチマ

こー言う感じね?ヽ( ´ ▽ ` )ノスッキリ♪

もっと和風に仕立てるのも考えたんだけど、

裏面に人工サイディング外壁が見えてる時点で

純和風では無いし、ココは別館へ続く通路。

隠し衝立が目立ち過ぎても無意味なので。

(´~`ヾ)ソッカァ

良い感じに纏まったかな♪(* ´艸`)ウンウン♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

ワゴンの追加オーダーのタオル掛け。( ̄Д ̄;)エッ?

濡れたタオルを掛けるらしいので・・・

ステンレス製のタオル掛けが必要らしい。

ただ、ステンレスは鉄とは違って、硬度も癖も違って

カットや溶接や曲げ加工が各段に(設備が無いと)難しい。

私がチョイチョイφ(°ρ°*)で鉄モノみたいに加工できる類には無い。

(費用(予算)を掛ければ別だけど(´~`ヾ))

なので既製品を加工&短縮して、僅か190mm幅の

特注取っ手兼用タオル掛けをご用意♪

万が一の現地変更に備え、もう少し幅が広い予備シャフトと

手前の隙間を広く設定できるアダプターも製作。

んま、言ってしまえばどちらか1本は無駄になっちゃうけど(´~`ヾ)

コレも出張現地取り付けなので、出戻りを減らす為。

(≧∇≦)bガンバルルー♪