タグ別アーカイブ: ベルギービール

BBW(≧∇≦)b

本日は・・・ ( *´艸‘)コソコソ

ヨッシー夫妻と・・・何故か?実姉&姪っ子達と

BBW(ベルギー・ビール・ウィークエンド)に

行って来ました♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

年々、盛り上がり&認知度UPで大盛況です♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

美味しい&新銘柄など・・・色んな種類のベルギービールを

飲み比べしながら・・・・ウィンナー&チーズとかおつまみも♪

( *´艸‘)ジュル♪

画像は、ベルギービール・マイスターのヨッシー(≧∇≦)b

「もっと上を向いた方が良いんじゃない? (Φ∀Φ*)゚」とか、

上手い事煽てると、沢山吞んでましたぞ? ( *´艸‘)ケケケッ

んで(≧∇≦)bソソ!

昨日の割れちゃったプラスチックの補修術ね!

単に「プラスチック」と一言で言っても、大きな括り

(樹脂の総称)なので、ゴミの分別でご存じだと

思いますが(´~`ヾ)その樹脂(材料)にも寄ります。

この固定バンドは、恐らくは「ナイロン」製。

つまり、熱で可塑(柔らかく溶ける)するのね?

ナイロンってのは、実は数種類あるんだけど、大抵は

「ナイロン6」か?「ナイロン66」が主流。

( ̄Д ̄;)ヘェ・・・

こー言う柔軟性のあるナイロンは繋げない(直せない)って

思ってる人も居ると思いますがぁ(´~`ヾ)

可塑性があると言う事は、元々、ペレット粒状の材料を

熱で溶かして型に流して成型して作ってる訳です。

要は、金属と似たような振る舞いをする材料なので、

こー言うのも熔融させると溶接が出来ちゃいます。

なんて事は無い。割れたラインに沿って・・・

「ハンダごて」で溶かす。この時に金属溶接と同じで

両側の母材をシッカリ内部まで溶け込ませるのが大事。

(この時点でナイロン6よりも溶け込み難いので、

恐らくはナイロン66だと推測してます)

裏も表もコテ先が裏面まで貫通する位、溶かして引っ付けます。

んでも、それでは薄くなる。なので・・・さっき言った

ナイロンの溶接棒代わりに・・・ナイロン66製の

タイラップバンド(インシュロック)を補てんする。

(≧∇≦)b

簡単なようで、溶接ですから、繋ぎ合わせる左右と

補てんするバンドのナイロン、3種とも母材同士を

シッカリ溶かし混ぜないと、ホットメルトみたいに

ペロンと剥がれてしまいます。

溶かし過ぎると穴が開くし、冷めるまでの間はドロドロで

カナリ慎重に持たないと変形しちゃいます。

(*´д`*)ムズーイ!

ホント、この「3つを(母材同士)溶かして混ぜる」感覚は

TIG溶接に似てます。溶接出来る人は意味が判る筈ですが

素人では、この「シッカリ母材を溶かす」感じが判り難いかも?

んで、後は表面を熱コテで成型して・・・

んま、自分用なので仕上げが、この位、雑でも

OKとしましょう♪ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

(表面を溶かして成型すれば、もっとキレイに

判らない位に仕上げる事も可能ですよ?)

んで、「こんなんで直ってるの? ( ̄~ ̄;)」って人も

居ると思うので・・・ ( *´艸‘)

(# ゚Д゚) フン!!グググ!!!←思いっきり引っ張ってます。

ヽ( ´ ▽ ` )ノカンペキー!

んね?シッカリ溶接が出来ていれば、引っ張る程度では

千切れないし千切れるなら、多分、他の部分が先に切れる程。

( ̄Д ̄;)エッ?な・・・直るんだぁ!! ( *´艸‘)アハハ

何でも自分でやってみる。

屁理屈では無くて、ちゃんと理屈(材料や特性)が

判ってれば、普通の人なら諦める修理も直せてしまう。

( *´艸‘)アハハ

こんな修理では飯は食えませんし、(プラ配管の溶接工と

言う職種はありますよ?)何の自慢にもなりませんが

自分で出来ると出来ないでは大違い。

その為には、色々な知識と行動力。そして

「こー言うのは接着剤で付かない=直らない」と言う

先入観&固定概念が出来るものも出来なくしてしまう

根源。

普通の人には直せない。そのどれもが知識が中途半端で

自分でやった事の無い人は出来ない=間違ってない訳です。

┐(´д`)┌ソーイウコト

んま、自分で踏んで割って壊したのは、さて置いて・・・

( *´艸‘)アハハゞ( ̄∇ ̄;)ソコダロー!

独自の印刷法(≧∇≦)b

えーっと・・・・以前から研究を進めている

シルク印刷の新しい可能性。(≧∇≦)b

独自のノウハウも蓄積し、アイデアで更に進化を

進めてるには進めてるのですがぁ(´~`ヾ)

どーにも、拍子抜け感があったりします。┐(´д`)┌( ̄Д ̄;)エッ?

なんでか?って言うと・・・・

また、シルクとは別に・・・・今までとは全く違った

独自の印刷技術を編み出したの。 ( *´艸‘)ムフフ( ̄Д ̄;)ハァ?

改良に改良を重ね・・・遂に(≧∇≦)b

2016-10-06-21-51-59

おいおい・・・・( ̄Д ̄;)

シルク印刷でもポムリエでも再現不能な極少ミニサイズでも

高解像度で「木」にカラー印刷出来てんじゃん。 ┐(´ー`)┌ タハハ

2016-10-07-09-15-43

しかも耐水。それこそゴシゴシ擦っても剝がれにくい。(≧∇≦)b

しかも、特殊な転写シートとか薬品とかも一切使わない。

除光液もクッキングシートも使いません ( *´艸‘)

恐らく、誰も思いつかない方法で ( *´艸‘)とてもコストも安い。

んま、これ以上書くと、転写シートのメーカーが怒って来そうなので

書きませんが、この手法を使うとアノ手のシートは、もう不要です。

(≧∇≦)bギャハハ

当然、方法は教えませんし ( *´艸‘)ヒントを教えたトコロで、

たぶん、2重のハードルで真似は出来ないです。( ̄Д ̄;)」

ネットで調べても、メーカーに聞いても・・・知らない筈です。

んま、何が言いたいのか?つーと・・・

ネットでタダで拾える情報には、いい加減なモノも多いし、

例えば知恵袋的なQ&Aなんぞ、間違い&憶測だらけ。

( *´艸‘)

偉そうに専門的な事を書いてても、間違ってる回答が大半を

超えてます。ただ、聞く方も安易だし、答える方も知ったかぶり。

んま・・・だから(´~`ヾ)

結局、安易に人に聞くばかりの素人を諦めさせるには、

ソレっぽい事を言う知ったかぶりの憶測談議で・・・丁度良いのかも?

( ´,_ゝ`)プッ

んま、本当に詳しい&真意を知ってる人間は、暇じゃあないので

否定も肯定もしませんけどネ? ( *´艸‘)クスクス

そして、これまた、その無責任な匿名Q&Aや評判や

インプレ投稿を見て・・・・

遥かに多い傍観者が、「へぇ?そうなんだ」と思い込む( ´,_ゝ`)プッ

これまた・・・更に浅はか。 ( *´艸‘)クククッ

この手法と言うか印刷する手順が、ネットでは絶対に

無理とか不可能とか言われてるけど・・・

実際、私は出来てるんだけどねぇ・・・(´~`ヾ)

とにかく!(≧∇≦)b

ネットの情報や評価なんぞ、本人主観で間違いだらけ。

「自己責任で」なーんて言われると、途端に尻込みする人!

あのさ?自己で勝手にやって、良い事だけ自分取りして

失敗しても責任取らなくて済んだ事なんて人生であんの?

┐(´д`)┌アホカ?

んま、そう言うと尻込みする事を知ってて私も使いますがぁ ( *´艸‘)

そんな「無責任な憶測」だけを鵜呑みにして、自分の可能性を

消極的に閉じてはイカン!っと思うのですばぃ!(*`ε´*)ノ_彡

つ~訳で(≧∇≦)b

2016-10-07-11-10-44

ヨッシーご注文の特殊栓抜きオーダー品♪

モチロン!耐水カラーの屋号ステンシルも入ってます♪(≧∇≦)bココニ!

2016-10-07-11-11-00

こー言うモノは、本来、100とか1000個のロット発注じゃないと

一個、千円以下なんて絶対に無理な筈。

多色刷りのシルク原版を作っちゃったら、そのコストも乗っちゃう。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

それをたかが10個だけ発注でも、完成度が高く&安価で

オリジナル商品が出来てしまう小回りの良さは、私ならでは。

(≧∇≦)bスゲェー!

っと・・・・まぁ、この印刷方法も制約があるし、手間も掛かる。

シルク印刷には、もっと違う可能性があると思って、模索してまーす♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ

キズの付かない栓抜き ( *´艸‘)

えーっと・・・先日のイベントでお隣ブースだった

ベルギービールの伝道師(≧∇≦)b「ヨッシー」から・・・

「王冠にキズが付かない栓抜きがあるんだけど・・・」

ってお話を聞きました。画像を送って頂いたのが・・・・

20160922155213

コレ(≧∇≦)b

ベルギービールと言うか・・・オランダのトラピストビール

「La Trappe(ラ・トラッぺ)」と言う銘柄の専用栓抜き。

栓抜きの原理は、普通は、王冠に半分の位置にあてがい

(テコ支点にして)手前の爪を引き上げる。

王冠が曲がると言うよりは、王冠を「への字に曲げる」事で

炭酸が強いビール瓶の内気圧を、ゆっくり逃がしつつ・・・

瓶クチの強靭なカシメでも王冠を犠牲にして変形させれば

簡単に開く。その為に「王冠は使い捨て」なんだもん。

栓抜きとしては、実に合理的。(≧∇≦)bナルホド

比較的、炭酸も弱く、王冠のカシメも弱めの海外ビール等では

もっと楽。(日本のビールは、炭酸もカシメも強い部類なの)

例えば、コロナビールとか、何かに引っ掛けたり、ライターでも

簡単に開きますよね♪(≧∇≦)bアハハ

んで・・・この「La Trappe」の栓抜きは、発想が逆。(≧∇≦)b

20160922155152

ビール瓶(王冠)の後ろの爪に引っ掛ける。

手前の取っ手を下に押し下げるって事です。 ( ̄~ ̄;)ナルヘソ!

こーすると、支点が王冠の一番手前(つまり王冠自体が曲がらない)

になって、作用点が後ろ側の王冠のカシメ爪だから、テコ原理が

大きく、軽いチカラで下に下げるだけで、王冠は変形せずに栓が抜ける。

(≧∇≦)bナルヘソッ!

お祝いで「バコーンヽ(´▽`)ノオメデトォ!」的に豪快に開けるんじゃ無くて

法事で厳かに・・・下で「シュコン・・・」っと静かに開けるようなイメージ。

( *´艸‘)ドーイウ、タトエ?

ただ・・・・ヨッシーは関心しきり(≧∇≦)bスゲェ!だったものの・・・

私は、画像を観てスグ・・「あぁぁ・・・それか・・・」┐(´д`)┌

これ・・・木工に詳しい人なら知ってますよね?(´~`ヾ)

単に、木に「ジョイント・ボルト」を取り付けてるだけです。

┐(´д`)┌ソーナノヨ?( ̄Д ̄;)エッ?Σ(゚д゚lll)ガーン

ヨッシーが「作れるモノなら作れませんかねぇ?(*/∇\*)」

って言うもんだから・・・・作ってみました。(≧∇≦)b( ̄Д ̄;)エッ?

2016-09-22-15-11-22

んね?だから、簡単に自作出来てしまう。(* ´艸`)クスクス

えええええええぇぇ・・・・( ̄Д ̄;)マジカ!

2016-09-22-15-11-35

取り付け位置も、噛み込みも参考と同じ寸法に合わせてます。

(≧∇≦)bピッタリ!

つ~事は・・・・つまりは、本物と全く同じ使用感です。(´~`ヾ)

2016-09-22-15-11-41

んま、オリジナルは結構な、お値段がするらしいし、

別にジョイントボルトは、何処でも手に入る話。 ┐(´ー`)┌

これの変形で引っ掛け部分に曲げ釘を用いた形状の

デザイナー栓抜きが昔あったような? ( ̄~ ̄;)チガッタカナァ?

因みに、ジョイント・ボルトは上下から(六角レンチで)

補強する為の「挟み込むタイプの合いボルト」なの。

時計とか、革の装飾パーツとしても有りますよね♪(≧∇≦)b

(言ってしまえば、引き出しのツマミと同じ事です)

当然、引っ張り強度もカナリ高いので、ビールの栓抜き程度なら

ココが壊れる事は皆無。先に木が割れる筈です。 ( *´艸‘)

2016-09-22-15-33-58

つ~訳で・・・クラフトらふの屋号シルク印刷バージョン。

( *´艸‘)フフフ・・・

こー言う為にシルク印刷を習得した訳でも無いし・・・・

こんなの作ってる場合じゃあ無いんですが(´~`ヾ)

(上部の雄ボルトを鍋頭に替えれば、ほぼ一緒になるし)

アッサリと・・・数分で模造自作は出来たので ( *´艸‘)モゴモゴ

これはコレで実に、理に適ってるし、王冠が変形しないのは

ベルギービール王冠コレクターには、有り難い話。

どうせなら、もっとカッチョ良い機能的なオリジナル栓抜きも

次回は作ってみたいなぁ?・・・・とか ( *´艸‘)クスクスゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!