デカ切り文字φ(°ρ°*)チマチマ

えーっと・・・昨日掲載してた看板文字を

転写トレースしたウレタンコンパネを・・・

一文字ずつφ(°ρ°*)チマチマ切り出し。

今回はこげ茶ベースに貼るので、文字を

浮き立たせる為に「シロフチ」のご指定なので・・・

文字周囲を一段彫り下げて、くり抜き・・・・

フチ取りとしてます。

「あじせん 坂のうえ 萬(まん)」ってのが

屋号なので、萬の文字はこれだけ大きい。( ̄Д ̄;)デカッ!

んで・・・・

耐候性を付加させるために・・・・

全てをグレー色コーティング塗膜を施す。

(*´д`*)ハァハァ

コレで・・・・後で白に塗って、文字を赤(黒)

に塗装して、更に2液ウレタンコーティングを

施す予定。β(□-□ ) ナルホド

アルミ複合板&カッティングシート貼りでも

良かったのですが、コレだけの大きい面積だと、

恐ろしい原価コスト&金額が掛かっちゃいますからネ?

(´~`ヾ)ソッカァ・・

(数年程度の)ある程度の耐候性&防水性を持たせて

即座に創るにはコレが一番ベストかと?

(* ´艸`)カシコイ!

先日書いてた「原版に金掛けても意味無い」

ってのは、この「文字看板そのもの」の現物が

重要(価格)なので、原版トレースは製作過程に

過ぎず、この文字看板がこのように手作業で

正確に出来上がるのであれば、PCで精密に複写原版を

起こそうが、原始的に紙を宛がって手でトレースしても

一緒。って意味ね?

(≧∇≦)bソーイウコト

逆に言ったら、今どきトレースで金額取れる程甘くない。

(元の看板があるなら)コストを下げようと思ったら、

そー言う従来とは違うノウハウでコストを下げるしかない。

┐(´д`)┌

新しく作るなら、原版製作費込みに請求出来ますが

既にあるモノと同じモノを創る時には(簡単に見られるので)

創意工夫が必要って事ですね。

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ

大事なのは、ケチって安く仕上げる為では無い。

最終的には壁塗り替えも含むので数万円は掛かるのですが

コレでトレース費用が浮く分を、高価な2液ウレタン

コーティング費用に回せる。

結果的に低予算で耐候性のシッカリした文字看板を

施工できる。コスト配分の話。

コストダウン&コストカットと言うのは魔法では無いし

ましてや少しでも利益を増やそうと言うケチ臭い話では

無くて、こーしないと予算内でコーティングまで施せないから。

コレに限らず、全てのオーダーにこー言う工夫をアレコレ

施さないとナカナカ採算性の見合う低コストと言うのは・・・

(口で言うのは簡単だけど)実現できないって事です。

こんな地道な努力を続けないとコストって下がらないの。

こー言うのは従業員から見れば負担増になる訳で・・・

作業効率UP&ロス削減を全て施し尽くしたその先の今では

大半の企業努力とは、名ばかりで結局は、他国に生産を

移す&材料をケチる(手を抜く)だけの事になっちゃってる。

だから国内生産が中国&東南アジアに抜かれんだよ。

(* ´艸`)ニャハハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です