タグ別アーカイブ: AQUAさん

「魚棚」製作記(≧∇≦)b

えーっと・・・・

先日まで開催していたAQUAさんの3周年企画

「AQUA展」が無事に終了♪(≧∇≦)bゴクローサマデス♪

んで、ソコに出展させて頂いて(売れた)

私の力作「魚棚」(≧∇≦)b

(フィッシュとシェルフを掛けたフィッシェルフ ( *´艸‘)

だったと言う事は誰も気付かなかったケド)

AQUA展の作品には「水にまつわる作品」と言う

お題があったのですがぁ・・・私のお馬鹿な頭では

「水」→「魚」→「棚」と連想しちゃったの♪(´~`ヾ)

「魚で棚になってる立体モノ」を創った訳です。

(≧∇≦)bギャハハ

んで・・・・・・

こんなん出来ましたぁ♪(* ̄(エ) ̄*)ポワーン♪

なんともカワユスな表情でしょ?( *´艸‘)クスクス

しかし・・芸術品のような木彫りの彫刻造形では無い。

コッチは「お腹」ね?

私の事ですからぁ・・・・ ( *´艸‘)ムフフ

胸鰭が取っ手になっててぇ・・・( ̄Д ̄;)エッ?

パカーン!っと左右に蓋が開く仕組み♪ヽ( ´ ▽ ` )ノスゲェ!

「魚棚」ですからネ?収納棚なんです。 ( *´艸‘)

3枚に下ろした魚のアバラ骨が、棚になってるのら♪

んで・・・こーなってると、判ると思いますが・・・

つまりは木の塊を彫刻家のように削って、中身を

くり抜いた単純な造形では無く( ̄Д ̄;)エッ?

「全てのパーツをバラバラに設計&製作して、_φ(□□ヘ)

最後に・・・合体して組み合わせた造形」なの。

(≧∇≦)bナルホド

ワザワザ「蓋を開閉して見れる展示」にしたのは、

コレが単純造形の芸術的な彫り物では無くて、最初から

全部、設計計算したパーツを組み合わせた工芸品のような

創り方をしてるのを、ご理解頂きたかったから。

( *´艸‘)スゲェ!

愛くるしい表情もカワイイ♪ ( *´艸‘)

鱗も丸太を薄くスライスしたモノを一枚ずつ、曲線に

沿わせてφ(°ρ°*)チマチマ表現しています♪

しかし・・・それが「最初から全て意図してパーツを

計算製作した集合体」( ̄Д ̄;)エッ?ソッカァ・・・

って言うのが、いかにもお馬鹿な私らしいでしょ?

( *´艸‘)ムフフ

φ(°ρ°*)チマチマ造形する手間暇もそうですが、それぞれの

パーツ計算と設計が無茶苦茶、大変な力作って事です♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ♪

 

では(≧∇≦)bどーやって作ったのか?って言うご紹介♪

先ず、サイズは平面で300mm角以内&立体物は

高さ制限は無いけど、不安定で無いモノと言う指定。

ただ・・・本体の左右蓋にあたる外装を、丸太を

くり抜くと、魚の曲線ラインでは無く、ただの円筒形に

なってしまいますし、軽く開くような重量では薄くて

ヒビ割れてしまう。 ( ̄~ ̄;)ソッカァ・・・

なので!(≧∇≦)bピコーン!

ワイン樽を作る要領で、細長い棒状部材を左右17度

削った台形パーツを幾重にも繋ぎ合わせ・・・・

両端の丸み(窄まり)は、交互に組み合わせて、徐々に

丸みを帯びさせる事で設計しました♪β(□-□ ) フムフム

(更に、曲線に対して互い違いに角度を付けると、カゴの

ようには撓らないのですから、外側が出っ張り&内側が凹む筈です。

それを三次元立体計算で出ないように設計してたりします。)

んで、背骨と尻尾にあたるセンター板に・・・

曲線積層造形した右側蓋&左側蓋と・・・

右顔&左顔&右お尻&左お尻の計7パーツをドッキング!

んね?バラバラにパーツ設計してプラモデルみたいに

作らないと、こー言う軽くて&強度があって可動する

造形にはならないの♪(≧∇≦)bスゲェ!

頭&尻尾のパーツは、無垢杉板の積層を作って

削り出してます。んで、その接合ラインに合うように

左右の開閉外壁の上下に蓋を製作。φ(°ρ°*)チマチマ

外装の窄まりを互い違いに積層に角度を付けて

曲線を出してるのが判ると思います♪ ( *´艸‘)マメスギル・・・

んで、ココまでパーツが揃って、ドッキングさせれば

後は各部の擦り合わせ。φ(°ρ°*)チマチマ

うんうん♪狙った形状&軽く構成出来ました♪

(≧∇≦)b

余りにも長くなるので割愛しますが・・・

外装には、鱗をスライスした丸太をφ(°ρ°*)チマチマ

貼り付けて再現!極薄&曲線に沿わせるのですから

恐ろしい程に手間が掛かってます。 ( *´艸‘)

そして、台形の角材で樽状に積層したままでは、

内面がカクカクしてるので、内側を丸太をくり抜いたように

削ってます。φ(°ρ°*)チマチマ

削ってます。っと簡単に書いてますが・・・(´~`ヾ)

実は湾曲して、更に左右が狭まった3次元曲線の内側で、

しかも上下の蓋を装着した、ボートの内側みたいな形状。

普通では機械もカンナも彫刻刀も入らない。( ̄Д ̄;)ソッカァ・・

もっと言うと、例えば、左右に開閉する蓋部分ね?

ココを3D曲線に対して、直角に切ってる風でしょ?

でも・・・こんな形状(しかも、中は空洞)に対して正確に

直角に切る手段なんて(基準が無い&危ないので)本当は無い筈です。

( ̄Д ̄;)ア・・・ソッカァ?

ソコをどうにか工夫して作ってる。そう言う加工方法の

アイデアも満載なのです!(≧∇≦)bギャハハ

んで、造形的には・・・私は元々、料理長でしたから

魚を3枚に下ろすなんて楽勝♪なので(≧∇≦)b

本来は、魚の種類&形状&骨格も隅から隅まで熟知してます。

っが・・・リアルに造形しては気持ち悪い意味がない。

誰が見ても「魚に見える」ように、ワザとディフォルメして

単純化して、創造の魚をイメージしてます。( *´艸‘)

本当なら魚のシルエットを見ただけで魚の種類が判り、

鯛やヒラメ、アンコウ、フグ、ホウボウ、コチでも

何でも下ろせるほど骨格やヒレや詳細を知ってますから

逆に「リアルに見せない」それが妙に難しかったです。

(´~`ヾ)

んで、バラバラにパーツをそれぞれ作ってる訳ですから

左右の擦り合わせ&重量バランスを何度も何度も繰り返して

微調整もφ(°ρ°*)チマチマ・・・難しかったです。

でも、真上から見ると新幹線みたいでカワユスでしょ♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

もっと楕円&平べったく創るなら、もっと楽だったのですがぁ

(´~`ヾ)タハハ

「ほぼ真円っぽい立体造形」にしたかったので、無茶苦茶

難しかった。でも、この顔を見たら・・・許せる♪

( *´艸‘)カワユス♪

ふぅ・・・(*´д`*)

本当に見た目のカワユスとは大違いで、設計計算と

パーツ製作が異様に難しかった♪(*´д`*)ハァハァ

何か手本がある訳では無いし、作り方の参考になるモノも無い。

加工方法や強度&重量も作ってみないと判らない。

その中で、渾身の作品を創る♪(≧∇≦)b

(二度と作りませんがw)面白かったです♪

ただね?「じゃあ個展とかすれば良いのに ( *´艸‘)」

って言う人も多かったですが・・・・

あのぉ・・・私が依頼者のリクエストに応えてワンオフで

製作している全て。これと同じように、暗中模索の中から

創造で作ってるの。( ̄Д ̄;)ソッカァ・・・

だから、ワザワザ個展を開く意味なんて無いし、全ての商品が

私の作品であり、全てが試行錯誤の苦労&努力&アイデアの

力作なの。 ┐(´ー`)┌ ソーイウコト

今回はアート&芸術で、言わば、ある程度のお題を貰って

ソコから(オーダー品よりは制約が無い感じで)創ってるだけなの。

新しいモノを提案し、まだ世に無いモノを創るってのは、

別に・・・

芸術だけに限らない話で、私の場合は日常業務なの。(´~`ヾ)

だから、通常のオーダーと並行して製作してるし、途中で

アイデアが閃けば採用したりもしてる。別に特殊じゃあない。

んま、そんなのを生業にしてる私が特殊なのかも?

知れませんけど・・・・ ( *´艸‘)アハハ

 

 

AQUAさん3周年記念(≧∇≦)b

えーっと・・・

ただ今、好評!開催期間中の(≧∇≦)b

・AQUA展・

開催期間・・・2017年5月30日~6月11日まで。

(月曜は定休日です。営業時間中am10:00~

17:00(最終日は15:00まで)まで)

お馴染みのカフェ&ギャラリー「AQUA(アクア)」さんの

3周年記念として!!(≧∇≦)bオメデトー!

な!なんと65人ものクリエイターさんが「アクア(水に関連した)」

を表現した作品を各自1点のみ!展示するグループ展があります。

なお、当然ながら、私の出展作はブログ上では今は未だ非公開。

┐(´д`)┌ソリャソーダ

会場に行った方だけ・・・存分に見てやって下さい♪(≧∇≦)b

んで、私の力作の(≧∇≦)b出展作も好評なのですがぁ・・・

ソレの画像&製作工程は後日掲載予定です。 ( *´艸‘)ムフフ

んで、それとは別に(≧∇≦)b( ̄Д ̄;)エッ?

お馴染みの「ギャラリー&カフェAQUA」さんは3周年!

ヽ( ´ ▽ ` )ノオメデトー♪

つ~訳で「何か良いモノをプレゼント計画」なのですばいっ!

(≧∇≦)bイイネ♪

先ずは・・・・ パシャッ! Σp[【◎】]ω・´);

AQUAさんの実店舗を撮影。(≧∇≦)b

先日、突然来店したのは、実は、この伏線の為 ( *´艸‘)

んで、ワザワザ、アングルに拘って撮影したのかと言うと

・・・・「コレをこのまま創ります」(≧∇≦)b

( ̄Д ̄;)エッ?

先ずは、ベースとなる積層MDF板を切り出して・・・

テクスチャー的に木片を貼り付けて行きますφ(°ρ°*)チマチマ

すると・・・・

こーなる訳です(≧∇≦)bスゲェ!

AQUAさんの実店舗のミニチュア ( *´艸‘)

ただ、ジオラマ&プラモデルと違うのは、

( ̄~ ̄;)ウムムこー言うのは、何て言うんだろ?

「遠近法と積層を使った立体描写」なの。

( *´艸‘)

A4サイズで作ってるので、幅と奥行きが足りないので

遠近法&ディフォルメしてるのよ。(´~`ヾ)

文字やガラスの映り込みは(時間節約の為)

プリント印刷したモノを組み合わせて、ガラス系は

その上からPET透明板を貼って再現(≧∇≦)b

店主の彼らはサーフィンしないと思うんだけど(´~`ヾ)

ご夫婦の仲睦まじいのをペアのサーフボードで再現です♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノソーイウコト♪

んで、ヘンテコ椅子の髭爺の机&椅子も多分うるせーから

ちゃんと再現。

( *´艸‘)デショ?

手前向きの遠近法だけでは無くて、ヨコ奥行方向にも

遠近法を使ってます。つまり、両端に行く程、微妙に

小さく&角度がキツく&部材の厚みも変化させて、

遠近的に見えるように工夫してます。 ( *´艸‘)

なので、僅かA4サイズ&奥行60mmしかないのに、

妙にリアルで奥行き感が出てるのです ♪( *´艸‘)ニャハハ

んで、お次は「縦引き切粉(おが屑)」を広げて・・・

鰹節みたいでしょ?これをば・・・

グラデーションを掛けながら、数色でスプレーして

ジオラマに使う「モジャモジャ」を自作して・・・

こー言う風に花壇を作りました♪(≧∇≦)bギャハハ

んま・・・花屋の息子が、こー言ういい加減な植物再現で

良いのだろうか?( ̄Д ̄;)とは思いますけどね? ( *´艸‘)

んで・・・φ(°ρ°*)切り文字&背景を追加して・・・・

こーなる(≧∇≦)bステキィ!

実写?ジオラマっぽいですがぁ・・・・

たった・・・厚さ60mmのA4サイズの

立体ミニチュア(立体描写)な訳です。

プラモデルの技術と、ミニチュア家具のテクスチャー技術と

画像加工&プリント技術と、お馬鹿発想の融合です。

(≧∇≦)b

こー言う事ね?(≧∇≦)bナルホド!

3周年のプレゼントにはピッタリでしょ♪(≧∇≦)b

手作り感を出す為に、ワザと精密に再現し切って無いのも

ミソなのですがぁ・・・ ( *´艸‘)ムフフ

何が凄いのか?っと言えば・・・

撮影日の翌日に、ココまで完成させてるのら。

ヽ( ´ ▽ ` )ノハヤーイ!( ̄Д ̄;)エッ?マジデ?

そう。構想から完成まで、パーツ製作&塗装&印刷

&組み立てまで、たった1日だけなの。

(≧∇≦)b

ココが、根本的に、芸術家さんやモデラーさんと違う。

無論、全く手を抜いてませんし、計算もスゴく多い。

パーツも全て端材から製作していますし、塗装も全部含めてです。

(因みに、他のオーダー製作も進めながら。です)

(`・∀・´)エッヘン!!

製造業的にはココまで早くないと、採算ベースに乗りませんし、

ましてや・・・・コレは、無料の善意のプレゼントです。

原材料コストも端材メインが殆ど。

んで・・・ココまで再現してると考えたら・・・・

スゴイでしょ? ( *´艸‘)ムフフ

それからぁ・・・後日に紹介しますがぁ(´~`ヾ)

近年は、絵画でもカジュアルな作品の中には、

「額無しでキャンバスそのまま」とか・・・

「キャンバス側面まで立体的に描く」作風が増えてますしぃ・・

β(□-□ ) フムフム

例えば、この3Dジオラマちっくなのも、絵のように壁掛け

したい!(≧∇≦)bとか・・・掃除の手間を省きたい!っと

思うのでぇ・・・・

こー言う、奥行のあるBOXタイプの額も作ろうかな?っと。

コレはその試作も兼ねてます。 ( *´艸‘)ドンダケェー

箱庭的な?で、ホコリが付かないし&繊細でも壊れる心配が

無いし&目線の高さの好きな壁に飾れるので、素敵でしょ♪

(≧∇≦)bイイネ♪

額縁同様にUVカットのアクリル板を採用してるのですが、

日光が入りまくるココの撮影だと、ちょっと反射が強いですね?

(´~`ヾ)スマーン!

実際には、透明度が高く&反射で見え難いって事は

無いです。(≧∇≦)b

そして、こーなってると壊す心配が無いので「中身を

マジマジと見てくれる。」ってのも確認済(≧∇≦)b

最初に書いたように、コレはAQUAさんの3周年記念の

私からのプレゼント♪なので非売品です。(´~`ヾ)

立体的に飾れる額縁BOXは、サイズオーダー可能にして、

何個か作ってAQUAさんに見て貰おうと思ってます♪

(≧∇≦)b

サンキャッチャー台とか ( *´艸‘)

えーっと・・・先に宣伝(≧∇≦)b

・AQUA展・

開催期間・・・2017年5月30日~6月11日まで。

(月曜は定休日です。営業時間中am10:00~

17:00(最終日は15:00まで)まで)

お馴染みのカフェ&ギャラリー「AQUA(アクア)」さんの

3周年記念として!!(≧∇≦)bオメデトー!

な!なんと66人ものクリエイターさんが「アクア(水に関連した)」

を表現した作品を各自1点のみ!展示するグループ展があります。

(因みに、私の渾身の出展作は販売可能の予定です。 ( *´艸‘)モゴモゴ)

なお、当然ながら、製作中の出展作はブログ上では非公開。

┐(´д`)┌ソリャソーダ

会場に行った方だけ・・・存分に見てやって下さい♪(≧∇≦)b

んで、またまた、o(T△T=T△T)oバタバタしてるので

ちょっとメールの返信が遅れてます。

(ノД`)・゜・。ゴメンチャイ

んで・・・・(≧∇≦)bツギィ!

連続して横並び出来るサンキャッチャー台の

依頼者さま。

2種類、作ってみました。 ( *´艸‘)

ひとつは、木のモザイクを立体的に(平面的では無く)

デザインしたタイプ。(ワイヤーは未装備)

もう一つは、シンプルな流木風です。

コチラの木のモザイクは額縁形状だと上部の日差しを

遮ってしまうので、3辺で自立するように構成してます。

ちょっとシンプルと言うよりは、存在感がある感じ。

それと、サンキャッチャーを引っ掛ける棒なのですが・・・

私が懸念しているのは、金属&木製でも、細いと丸カンを

通しやすい反面、細すぎると、重さで垂れてしまいます。

それと、左右から通せてしまうと言う事は・・・・

完成後に風等で簡単に横にズレる&偏るので、ソコの

等間隔固定を、どうするご予定か?教えて下さいませ。

コチラは先日φ(°ρ°*)ムキムキした、桜枝の流木風。ヽ( ´ ▽ ` )ノ

シンプルに差し込みの木棒にしてるのですが、この場合は

丸カンを通すのでは無くて、木棒の上部に等間隔で

ピンを打って一本ずつ掛ければ、等間隔保持できますね。

例えば、細い棒に左右から丸カンを通す場合も、例えば

等間隔でストッパー的な何か(カシメリング等)があれば

それでも良いと思います。(≧∇≦)b

ただ、それがハッキリしないと、棒の太さや棒を着脱にする

方法(横から差すのか?上から溝に嵌めるのか?)も

変わって来るので、どちらが良いのか?をお伝え頂けると

助かります♪(≧∇≦)bドチラデモ♪

んで・・・コチラは(≧∇≦)bツギィ!

A4サイズのチラシを5段×3並び出来る特注ラック の

オーダー品♪( *´艸‘)

思いのほか難しく(´~`ヾ)ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

高さにサイズ指定があるので、その計算で設計してます。

(≧∇≦)b

マガジンラックや絵本立てもそうですが、例えば・・・

上の段と下の段の被り(重なり)は、サイズの高さ指定&

欲しい段数で自ずと決まって来ます。

β(□-□ ) フムフム

例えば・・・・おおよそ本体高さが700mm上限で

5段だとA4のタテ寸法おおよそ300mmに対して

残り4段なので、等間隔に割ると、700-300=400で

割る4なので、1段目はA4全面が見えて、その2段目以降は

おおよそ次の段のチラシ上部が100mmずつ見えるって訳。

(≧∇≦)bナルホド

それと木の厚みも計算しなきゃいけないので・・・

(*´д`*)ソッカァ・・・

このヤヤコシイ計算自体は私がしますから_φ(□□ヘ)カチャカチャ

大体のサイズ&何段必要か?を伝えるだけでOKですヨン♪

(≧∇≦)bマカセンシャーイ!