アラレ組みの科学 ( *´艸`)

えーっと・・・先日、テストで製作した・・・

軽量でありながら強度を保つ事に成功した・・・・

ライトウェイトな新型木箱♪ ( *´艸`)

早速、ご来店頂いた数名に実際に手にとって、

軽さと強靭さを体験頂いてまふ♪ ( *´艸`)

皆さん「(想像よりも)軽ーい!そしてシッカリしてる!」

っと好評で、実際に腰の高さ程からワザと落下テストして

(スタンダード木箱ならヤバい)実演してますが  (#`Д´)ノノ

ビクともしないでしょ♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノスゲェー!

アラレ組み・・・・っと言うのは、接いだ形状が

可愛い&凝ってるだけに思われ気味ですが・・・

実際には、(接着面積の少ない)薄い板で

箱状に組む為に有利ですし、シッカリ精度良く

組めば、箱自体の強度UPにも貢献します。

(≧∇≦)bイイネ♪

具体的には・・・・

こー言う風にコーナー接手を加工します。

その時の精度がピッタリであれば・・・・・

互いが噛み合う事で、グラつきを規制し合い、

タテ向きの捻り強度が各段に上がりますし・・・

今度は直角側ね?(≧∇≦)b

コチラも隙間なく噛み合う事で90度を保持する

強度が格段に上がる。ヽ( ´ ▽ ` )ノ

ただ、量産既製品でも、この加工を機械で一発加工

すれば施せるのですが・・・本来は、この凸凹の

クリアランスが限りなく(隙間の無い)ゼロに

近いからこそ!規制し合い、強度を発揮します。

β(□-□ )

逆に言うと(木工ボンドの水分でも木はコンマmmレベルで

膨張し始めるので)あまりにクリアランスが無いと

硬すぎて&微調整が難しく、組みにくい。

先に仮組みして微調整して、ほぼ同タイミングで一気に

塗布して、一気に一発で嵌め合わせないと組めなくなる。

┐(´д`)┌

東南アジアの工場では(ソコまでシビアな加工は出来たとしても)

パートさんでは組めないレベルで、大量生産&量産工場メーカー

では無理なの。

( *´艸`)シャーナイ

どちらかと言うと緩めで手早く&微調整が利く位の精度。

つまり、パートのオバちゃんでも誰でも組みやすくする為。

それとビス&釘をケチってる程度の事で・・・・

量産品のアラレ組みは基本、効率重視なので強度はあまり無い。

一方、私はひとつずつ手作りなので、アラレ組みを

かなりシビアに追い込んでもφ(°ρ°*)チマチマ組める。

本来は(日本工芸的なのは)このシビアなクリアランスで

バチッっと組んだアラレ組みが見た目だけでなく

アラレの凸凹互いの密着&規制強度が高く・・・

遥かに強靭に「アラレ組みで箱の強度を出せる」って訳。

(≧∇≦)bナルホド

前にも書きましたが、見た目や技術自慢では無くて

どんなに強靭なボンドでも難しい薄板&軽量でも

「強度が出しやすい」から私はアラレ組みを修得した

って訳です。(それで量産できる自作冶具を作ったって事)

β(□-□ ) フムフム

それだけに歪みの収拾の仕方や、精度良く組んだ後の

誤差の逃がしなど・・・それらも熟知して無いと、

見た目だけのアラレ組みになりかねない。

┐(´д`)┌

私は専門学校や、どこかの木工所に修行した訳では無く

別に木工技術に執着&こだわりはありませんが、単純に

「強度確保に必要だから」導入してる。

装飾的な付加価値では無く、木組の強度不足を補う為に。

そして、それを応用して(ソコまでの技術があれば、先ず

試そうともしない)安価な部材でも敢えて施し、軽くて

強度を保てないかなぁ?←ココが付加価値

っと言う感じにゃの。 ( *´艸‘)

木工で加工精度に拘れば、どうしても木質強度に拘って

しまう。スギや松のような柔らかい木材では収縮率が

大き過ぎて、高精度に加工しても湿度でも簡単に狂いやすい。

そうなると・・・ヒノキやオークやチークやウォールナット等

木質が硬い銘木で施すのが・・・普通と言うか順当。しかし

そうなると部材コストがハンパなく高価になって、高級に

なってしまう。

そりゃあ硬い木で高精度に組めば、指し物や小箱でも

自ずと良いモノになります。(´~`ヾ)ソリャソーダ

それを目指すのは、木工職人や趣味木工にお任せして・・

私はそれとは別の応用を独自で考えてるの。

( *´艸‘)ムフフ

それは・・・明日にでも(≧∇≦)bアハハ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です