サンドな計画(* ´艸`)

えーっと・・・・以前、簡易型の「サンドブラスト」ってのを

ご紹介した事があるので、覚えてる方も居るかなぁ?

サンドブラストと言うのは「砂嵐」つまり、エアーコンプレッサーで

細かい砂を吹き当てる事で、塗装面や錆びなんかを落す事。

β(□-□ ) フムフム

それをステンシルを応用してマスキングすれば、ガラスや陶器の

コップに擦りガラス状に模様や文字が描ける!( ̄Д ̄;)オオッ!

と言うのをやったのですが・・・思えてるかなぁ?

(´~`ヾ)

んま、中古バイクのレストアで錆びだらけをキレイに磨いたり

頑丈な塗膜をペーパーを使わず隅々まで磨けるので、自動車屋さんや

鈑金屋さんだったら、持ってる方も居るかなぁ?って感じ。

β(□-□ ) フムフム

私の創作にも色々応用できるし、大いに使いたいんだけどぉ・・

どうにも舞い散る粉塵が凄くて(* ´艸`)ゴホゴホ

ナカナカ出番がないw

┐(´д`)┌ソーナノ

っで、近所の自動車修理のCOCO GARAGEの後輩に聞いても

「ブラスト欲しいんすけど、使い辛い」と言う声。

( ̄~ ̄;)ウムム

要は、本来「サンドブラスター」と言う専用の大きな金属箱に

手袋を突っ込んで、その中で吹き付ければ粉塵は無いんだけど

その箱がソコソコ高価で、しかも容量が大きい=デカいw

人が入るほどのデカいサイズだと、スンゲー高価だし送料も

配置場所も大変になって来る。

毎日使う感じじゃない「たまに使うと便利」工具だから厄介。

β(□-□ ) フムフム

でも、以前の簡易テストみたいに容量が収納BOXみたいに小さいと

コップひとつ吹くのが精いっぱい。

しかし、どうせなら錆びたバイクの部品やホイールくらいスッポリ

入らないと使い辛い。

( ̄~ ̄;)ウムム

それと、以前買ったガンは「自重式」と言って、上部のタンクに

砂(メディア)を詰めてエアガンで拭く方法。

これだとスグに再充填が出来ないし、吹きっぱなしだと砂(メディア)

が回収できなくて勿体ない。

砂(メディア)と言うのは、酸化アルミのアルミナ(ヤスリの黒い

粒々)以外にも小粒ビーズやセラミックなんてのもある。

粒子の大きさや丸い&角張ってるで吹き付ける用途に合わせる。

専用メディアがベストだけど、結構な消費量&高価にゃの。

(´~`ヾ)

んで、エアー流量パワーがあるなら、珪砂(粒子番手5~8号)でも

吹こうと思えば吹ける。左官屋さんの業務用砂だから、安価だしw(* ´艸`)

んで、この箱の中で拭き落ちた砂(メディア)を再び吸い上げ吹き付け、

再利用するのが「吸い上げ式」と言うタイプ。

β(□-□ ) フムフム

んで、早速Amazonから届いた♪ヽ( ´ ▽ ` )ノポチッット!

コレが吸い上げ式のブラスター。黒いホースで

下に溜まった砂(メディア)を吸い上げて、

エアコンプレッサーの風量で吹き付けるガン。

(≧∇≦)b

しかし、中華製&安価商品なのでコレのAmazonでの

評価があまりにも低い。 ( ̄~ ̄;)ウムム

大半は「自分所有のコンプレッサーの容量不足」で

こんな単純なパーツにカンケー無い愚痴が大半w

なので、運よく、ココを「サンドブラスト」検索でHIT

した人に向け、私がインプレ。(≧∇≦)bイェイ!

先ず、セットは・・・

ガン本体と、黒いホース&吸い上げと空気穴付きのノズル。

それと2個しか無いとか散々な交換吐出ノズルは3個ちゃんと

入ってた。(* ´艸`)

鉄製メッキの吐出ノズルは内径5mm径。

焼結っぽい黒い金属の吐出ノズルは5.2mm内径。

最後のピンクのセラミック吐出ノズルは6.75mm

カナリ大径で、大きな粒子向け。小さいパワーだったら

エアが足りなくなりそうですね。

ただ、金属でも高圧で砂(メディア)を含んだエアーを

吹く吐出なので、当然「常時ブラスト状態」なので

金属だろうがセラミックだろうが、使ってれば

穴がドンドン削れて拡張して行くので「消耗品」

コレを消耗しない頻度なら、そもそも買わなくて良いw

(≧∇≦)bバシッ!ゞ( ̄∇ ̄;)ソレ、イッチャウ?

んで、サンドブラスト用の厚手ゴム手袋も同時購入。

これは、箱の中に手を突っ込んで「ウィルス実験室」みたいな

感じになるので、自由度の為、腕半分ほどとカナリ長め。

素手だと手の皮膚が削れてしまいますからネ。(* ´艸`)ヒェー

んで、箱の中を照らすシーリングLEDライト。

(* ´艸`)

もう判ったと思いますが・・・・今回は

サンドブラスターBOXを自作してしまおう!作戦。

ヽ( ´ ▽ ` )ノドドーン!

それと、後日に製作を進めた時に書きますが・・・

小型サンドブラスターに一番多い批判が

「スグに内部が砂が舞って何も見えない」

「アチコチBOXの隙間から、砂が漏れ出す」と言う酷評。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

閉め切った密閉BOXの中に高圧のエアと砂を吹き付けるのよ?

内部のエア圧調整(排気)しなかったら、そりゃあ・・・・

砂が舞うだろうし、内圧がパンパンに上がるんだから砂が

隙間から漏れるだろうがw

そんな数万円では買えない、ちゃんとしたサンドブラスト設備は

先ず、シッカリした大容量エアーコンプレッサーと、その吐出量に

等しい程度の強制排気システムがセットで装備されてんの。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

つまり、せめて掃除機や換気扇で内部の空気抜かなきゃ駄目。

そんな事も判らんド素人が商品インプレなんか書くから変になるw

んま、私も、そんな大容量な業務用エアーコンプレッサー持ってないし

排気もトイレ換気扇や掃除機とかで代用する程度だけどw

(* ´艸`)イケルカナァ?

んで、どう創るか?まだ設計段階だけど、取り合えずブラストガンの

吐出テストやエアーコンプレッサーの容量確保をしてみたりした後に

(ホイール程度が入るように)規格BOXには無い「ソコソコ広くて

奥行きが狭い薄べったいブラストBOX」を自作しようかと?

(´~`ヾ)

恐らく木製合板でも可能だし、鉄製溶接で創っても良いけど

とにかく「邪魔になりそうだったら後輩のガレージに置く」と

言う逃げ道が出来たので、好きな形状で創ってみよう♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノワクワク♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です