「試作品」カテゴリーアーカイブ

メッキ実験テスト

仕事の合間にφ(°ρ°*)チマチマ

以前からやりたかった「自家メッキ」の実験(≧∇≦)b

先ずは、通電用の銅&メッキ用の「純銅」が

必要なのでぇ・・・その確保から(≧∇≦)b

皆さんお馴染みのコンセントや家電製品コードは

こー言う細い銅線しか取れませんがぁ・・・

実は・・・ご家庭の室内配線のVA線から

純度の高い太い銅線が得られたりします♪

電気関係は、通電効率的に出来るだけ純粋な

金属を採用してます。だからVA線も意外に高価だし

溶接ケーブルや工場のキュービクル(高圧受電器)や

太い電柱線が一時期、現場から盗まれたり、室外機

などの熱変換機からも「赤(銅)」として取れます。

意外にも身近にあるけど・・・純銅は柔い金属で

腐食しやすいので部材で買うと意外に高価だったり

します。β(□-□ ) フムフム

ぶ厚い和菓子の焼銅板は数万円はしますし・・・

逆に銅線窃盗したトコロで足元を見られ値切られて

ワンカップ買える程度なんですけどねw

まぁ・・コレで銅線確保は出来たのでぇ・・

早速、電気メッキのテスト中φ(°ρ°*)ジィー・・・

メッキと言うのは、金属を電解液に溶かして

イオン化させる。判りやすく言うと分子中の

電子を外して電荷させて溶液中に溶け込ます。

それを通電で電荷を被メッキ側に析出させたり

常温&無電気でメッキ出来るモノもあるし・・

昔は水銀に溶かしてメッキする仏像や銀歯の

アマルガム法ってのもあります。

β(□-□ ) フムフム

今回は亜鉛メッキ。(トタンと同じ)

バイクや車のボルトや鉄パーツの表面に

亜鉛(ジンク)をメッキする方法ですね。

コレは亜鉛メッキを落して、再亜鉛メッキした

ボルト。(* ´艸`)ウンウン♪上手くメッキ出来てます。

薄板に施したり・・・ただ、メッキ=ピカピカの

クロームメッキでは無いし、メッキ層を平滑に

均等に析出させるのは、設備もノウハウも必要で

実に難しいので、自家メッキはメッキ前に鏡面研磨して、

更にメッキ後に再研磨しないと、想像するような

ピカピカには成りませんよ。

(´~`ヾ)ソーイウコト

今度は、余った銅線をメッキ材にして

銅メッキ実験。φ(°ρ°*)チマチマ

水素ガス出るので換気は必須ですし、電解液も

希釈塩酸や中和剤、それから電圧も取り扱うし

金属が溶け込んだ廃液の処理も出来なきゃなんないので

シッカリ準備しないと・・・DIYで手軽じゃ無いです。

それと・・・

科学的なメッキの原理や工程を理解して無いと

ダメで・・・コレが「本当は学校で習ってたのに

皆が忘れてる」ヤツですw

また、コレを実験で終わらせたら、ただの趣味でw

コレを商品価値として付加価値を付けられなかったら

「ただ趣味でメッキしただけ」となっちゃう。

┐(´д`)┌ソーイウコト

ココがもう一つ難しいトコロで、不変の物理法則と

流動的な価値の両方が理解出来て無いと難しいの。

本当はメッキは凄く便利で、金属では避けられない

「表面酸化」を防ぐ素晴らしい英知で役に立ってる。

原理も中学生くらいでも習うし実験もした筈。

( ̄ω ̄;) ギクッ!!

っが、その両方を忘れたり人生で必要に感じない程

今の商品には素晴らしいメッキが施され、安価で

当たり前のように生活に便利で恩恵を受けてるの。

(´~`ヾ)タハハ

恵まれ過ぎて当たり前のようにありふれると・・・

人は有難みを忘れ、学ばなくなる。

私はただ単純に面白いし、付加価値に生かせないかなぁ?

って思ってやってるけど、実はコレこそが純粋に

「先人たちの知識=英知」の有難みを知り貪欲に

楽しく知識を学ぶ探求心&好奇心になってるの。

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

ガレージ活用棚(* ´艸`)

えーっと・・・バイクいじりの趣味を兼ねた

新商品開発!(≧∇≦)bニャハハ♪

バイクや自動車が趣味の方は無論、一般の方でも

貸しガレージを借りる人も多いと思います。

っで・・・・ココ!骨組みのC鋼材のスペースって

こー言う感じに・・・なりがち(* ´艸`)ウンウン♪

普通の人なら気にならないらしいんだけど・・・

C鋼材は一般的に65~100mmが多い。

ココの薄っぺらいスペースも「賃貸空間」で

ある事には変わりない。

β(□-□ ) フムフム

でも、自動車止めたりバイクいじりで使うと

床に棚とか作業ワゴンなんて設置しちゃったら

マジで駐車スペースが激減してしまう。

(≧∇≦)bソウソウ!

っで・・・・スペース有効活用!!

こー言う厚み90mmの狭い棚を製作。

幅は910mmあります。全高は・・後に。

(* ´艸`)モゴモゴ

棚搔きは中段の十字は相嵌めで外周と同じ骨格構成。

(つまり、この棚の骨格は田みたいな形状でガッシリ)

っで、後は棚高さを自由に設定。もっとマス目みたいな

のも良いし、もっと縦長とか好みのレイアウトで♪

っで、ココのC鋼からC鋼までの高さ=棚高さで

ココにスッポリ・・・

棚がセット出来る訳です。ココのガレージは右側が

トタンで貼った仕切りで左側が隣の仕切りの骨組み。

っで、車両は前向きの右寄せに止めるので・・・

丁度、乗り降りする運転席側がコッチ面になるので

邪魔にならないし自動車が邪魔で棚が使えない事も無い。

(私の場合はバイクも停めてますがw)

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

ココは左面と奥面のL字にC鋼が通ってます。

コレは貸しガレージの構造によって違うけど、大抵は

(外壁トタンの骨組みにC鋼材を横向きに使ってるので)

左右のどちらかの面や外壁面の裏に必ずありますね。

(≧∇≦)bウンウン♪

ガレージの並びの一番端や単体1棟ガレージだったら

3壁面共にC鋼が通ってて棚を追加出来たりしますよね。

ヽ( ´ ▽ ` )ノラッキー♪

見て判るように、殆ど壁から飛び出してない

(75mmのC鋼材に対して棚厚が90mm)

っでピッタリ計測して、隙間をパッキンで無くせば

上側と下側のC鋼材に挟まる感じでガッシリ!

何も止めて無くても固定されます。

心配なら上から一本ビス打てば絶対に落ちて来ない♪

(≧∇≦)bバッチリ!

特に貸ガレージではビス止め固定出来ないので

実に画期的。出て行く時に外せば元通り♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノスンバラスィ!

各種スプレーや洗車シャンプーやワックスなど

大抵はこの薄さで入りますし使いやすく見やすい。

ゴチャゴチャのガレージもコレでスッキリ♪

画像のように振れ留めブレスが通ってても

内側に回避出来て、むしろ落下防止を兼ねますね♪

(≧∇≦)bナイス♪

特に私のようにガレージでバイクいじりをする際

工具やパーツが散らかって邪魔になるので・・・

少しのスペースも無駄にせず、マジに便利♪

(≧∇≦)bカシコイ!

DIYでも作れそうだけど・・・素人には結構

難しいだろうし材料費が数千円は掛かります。

┐(´д`)┌アマーイ♪

なので、サイズ測定&棚の割り振りさえして

くれれば1万円前後でピッタリ製作も可能ですよ♪

(≧∇≦)b

一般的な貸しガレージサイズでも、この奥側、

この下段の2列、そして奥側面の上下2か所で

単純に18棚も!( ̄Д ̄;)エッ?

壁面と言う壁面に棚を増設する事も可能ですし、

今度試作してみますが、壁付けマグネット工具置き

とかを、この棚構造で製作すれば「旦那の趣味系は

全て壁面に収納出来ちゃう」

(* ´艸`)ニャハハ♪

釣りやキャンプやら、何でもガレージに置いちゃって

ガレージがゴチャゴチャで狭くなっちゃってる方は

是非!お問い合わせくださいね♪

因みにガレージによってサイズがバラバラで規格化

できないので、特注以外に市販化されないけど・・・

逆に言えば、測定してくれてれば私はピッタリのサイズで

創れるのでお任せあれ♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノスンバラスィ♪

みにちま障子(* ´艸`)

えーっと、私、木工人らふがφ(°ρ°*)チマチマ創る

ミニチュア「みにちま」(≧∇≦)b

コツコツと・・・またミニ引き出しもズラーっと

創ってるのですがぁφ(°ρ°*)チマチマ

ミニルームの和風背景として、障子っぽい

枠の製作φ(°ρ°*)チマチマ

ただ、これだけ薄く&小さいと僅かなズレが

目立ちやすいよねぇ・・・ ( ̄~ ̄;)ウムム

塗装して・・・こー言う感じ。

( ̄~ ̄;)ウムム悪くは無いんだけど、単品で

マジマジとみると、微妙に歪んでるのが

気になってしまう。背景としては十分だけど。

β(□-□ ) フムフム

っで、高解像度レーザーを駆使して「焼き切る」

練習。(≧∇≦)bイェイ!

こー言う感じですね。レーザーで正確に

焼き切る場合、木材だと設定がマズいと

蓄熱で焦げたり発火して( ̄Д ̄;)ボッ!

燃えちゃったりします。

(*´д`*)コエェッェ!

そうならないように設定すると、今度は妙に

加工時間が掛かったり・・・ナカナカ難しいw

っで、レーザーカット加工だと・・・

正確だし、ディティールも精巧に表現できますが

必ず「切り口が焦げて」しまいます。

この手の商品で切り口が焦げてる=レーザー加工

って事です。んま、私の場合はCNCでくり抜く事も

出来るのですが(´~`ヾ)今回はレーザーで。

更に研究&調整を重ねて・・・・φ(°ρ°*)チマチマ

こんなミニミニのサイズでもカット出来ました♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ

裏から和紙を貼ると・・・・こーんな感じ♪

ただ、加工は機械が自動でしますが、データ製作と

位置決めは、何処まで進んでも手間が掛かります。

同じモノを量産するには適してるのですが・・・

( ̄~ ̄;)ウムム

量産をしない私だったら「気が遠くなる同じ作業」

例えば、コレを同じように切り抜く技術はありますが

コレを延々切ってると、肩が凝るし・・・

もの凄く時間(人件費コスト)が掛かっちゃいます。

ミニチュアがサイズよりも高額になるのは、

下手をすれば実寸よりも工程時間が掛かるからにゃの。

なので、レーザーやCNCを併用駆使して、精度良く

そして手間の掛かった精巧なミニチュア「みにちま」

を創りたいから♪(≧∇≦)bイェイ!