「試作品」カテゴリーアーカイブ

漆モドキ塗装

えーっと・・・先日、譲って頂いた純和風な

小道具の数々、その中で用途不明の和道具ですがぁ・・

ボロボロに痛んでるので、漆塗りっぽく

リメイクしたいんだけどぉ・・・

漆塗りはマジで難しいので(´~`ヾ)

漆塗りの美しさって素因数分解すると・・・

シッカリと木地を磨いて、木地固めと言う下地処理で

ツルツルにして、何度も漆を塗り込んでは磨いてを繰り返し

独特なぷっくりとした照りと光沢を生みだす。

β(□-□ ) フムフム

んま、漆オール(ラッカーゼ)が空気中の水分と重合して・・・

なんて難しい話は抜きに、簡単に言うとスベスベ滑らかな

下地とプックリ感と光沢が出れば・・・・

漆塗りっぽい近い仕上がりに見えるのでは?って言う

伝統を愚弄しまくったお馬鹿な発想w

(* ´艸`)ニャハハ

んで、先に凹んだり剥がれたりした木地をパテ埋めして

磨き倒してφ(°ρ°*)シコシコ

黒色のサフェイサーで硬質でぷっくり感が

出るように塗装してみた。後は再度水研ぎを

繰り返し、クリアー層で濡れ感が出せれば

漆塗りっぽい(遥かに頑丈な)塗装になりそうかな?

(* ´艸`)ニャハハ

一方、折り畳み式アクリルショーケースは

背面扉が出来上がって最終塗装→乾燥ちう。

ヽ( ´ ▽ ` )ノモーチョイ!

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ

長らくお待たせしてますがぁ(´~`ヾ)ゴミーン

高さ900mmのCDラック収納BOXも乾燥ちう。

あー・・・コレの途中工程は載せて無かったかな?

(´~`ヾ)ワスレタ

んま、乾燥ちうで、後、取っ手を付ければ完成なので

もう少し待っててくださいませ。 (人ゝω・)スマーン

立体物用照射BOX(≧∇≦)b

えーっと・・・先日から、新導入したレーザー焼き印。

応用範囲が広くて楽しいんだけどぉ・・・

ヽ( ´ ▽ ` )ノケラケラ

レーザー照射する時間や出力調整も大事なんだけど、

一番大事なのは縦横無尽に動く照射部分と対象の距離。

(≧∇≦)b

ココのクリアランスが狭すぎたり広過ぎたりもダメ。

何センチも遠くすると、ナカナカ照射が当たらず焦げないし

逆に対象物に引っ付くほど近過ぎると・・・

照射レーザー光が強すぎて燃えちゃったり、動く範囲内に

凸凹が邪魔になったり、接触スレスレだと、描いて動く際に

擦ったり引っ掛かっちゃう。

( ̄~ ̄;)ウムム

なので、普通は(メーカー推奨は)ペッタンコの平面状の

板の状態でクリアランス調整した後にレーザー焼き印を

パーツ毎に施してから・・・・組む方向。

だけど・・・

カタチが出来上がらないと配置バランスがとり難かったり

レイアウトが平面と立体で見え方も変わっちゃうからなぁ・・・

んで(≧∇≦)b

平面のレーザー焼き印機自体をかさ上げする脚を

保持するBOX状治具を作成♪(≧∇≦)bカシコイ!

脚だけだとグラつくし、コンマmmズレるだけで

照射がズレちゃうから、簡素で尚且つ丈夫に!

(≧∇≦)bバラセマス!

これは300mmの高さの対象物用で、もっと

高くしたり台のフチで支えて対象物を下に降ろせば

もっとデカいモノでも立体のまま照射できる。

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

ただ、描くレーザー自体は平面状じゃ無いと無理なので

凸凹に描くとかは(レーザー焼き印自体が)出来ませんよ。

でも、コレで!!

創った後から「ココに欲しいな?」となっても後から施せる。

コレはクリエイター気質の私にはデカい利点。

ステンシルも、そうやってカタチが出来てから

施してるので、イメージにレイアウトも合わせやすい。

(≧∇≦)b

本当は、こうやると基準の位置決めが難しくなるんですが

それも独自で良い方法を思いついたのでバッチリ!

(初期の頃は微妙に位置ズレして苦戦したもの(* ´艸`)ニャハハ

んで・・・(≧∇≦)b

この程度なら従来のステンシルで施せてるんですがぁ・・・

コレとかになると(時間は掛かるけど)レーザーの方が

遥かに繊細。ステンシルでは絶対に不可能。

抜き文字(黒の中に白い文字)も、やっぱりレーザー焼き印

の方が遥かに鮮明。

ステンシルやった事無い人だと判り難いと思うけど

こー言う風にフチ文字の場合、外周と抜き文字(入れ子)の

両方マスキングが必要で、倍の手間が掛かっちゃうんだけど

(施さない側にとっては、大して違いは判らないけど)

そんなの気にせず施せちゃう。(* ´艸`)スゲェ!

素材が表面に凸凹の多いOSB(ステンシルだと難しい部類)

にも難なく施せてる。(≧∇≦)bスバラスィ!

んま、見てる側には大して違いが無く「はぁ?」かも

知れないですけど(´~`ヾ)

創ってる側の苦労がカナリ軽減されるから、施したい

イメージのまま、施したい位置に施せるってのは大きいの。

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

これは最終的にクリアー仕上げを施して後日カート販売予定です。

(≧∇≦)b

そそっ!先日、お客さんとの会話の中で「電動工具類の

刃物(プレーナーや鋸刃)も全部自分で研いでます」って

言ったんだけど、何でも出来る自慢って意味じゃ無いんす。

(´~`ヾ)

本来は、刃を新調したり、費用を掛けて研ぎに出すもの・・・

でも自分で研げれば、刃の使い方や鋭さを追求出来るのと同時に

「まぁ、万が一、刃が欠けても自分で研げば済む」ってのは

モノ創りの基本的なフットワークが軽くなるの。

つまり、自分で全て修理や対処が出来るからこそ、突拍子も

無いアイデアを実行したり、気軽にサッっと試したり出来る。

この恩恵はクリエイティブなモノ創りには不可欠で

「壊したり欠けたら・・・どうしよう」とは比較にならない程、

アレコレ実行して試せる。要は、万が一の保険が要らない。

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ

「失敗したら、また修理にお金が掛かっちゃうなぁ・・」と

言う目先の尻込みが無い。コレは木工に限らず何でもそう。

モチロン、だからって壊したり欠けたりすれば、修理や

研ぎに手間が掛かるので負担ゼロでは無いけど・・・・

フットワークと言うかやってみよう!の身軽さが全然違うの。

結局、修理したり研ぐにしても、またその技術が上がるから

益々リカバリーの時間短縮にもなる。

「自分の範疇を超えるとロクな事は無い」のは通説だけど

「自分の範疇を己から広げる」事で出来る範囲は広がるの。

β(□-□ ) フムフム

当たり前で単純明快だけど、そう思えるか?どうか?

何かにチャレンジする際にイチイチ保険が必要だと

「リカバー恐怖症」で結局、消極的になってしまい、

永遠に自分の範疇は広がらない。

孔子や荘子も「小さいマスのままで自粛&自重しろ」とは

言ってない訳で・・・自分の出来る範疇を広げるには、先ず

フットワークの軽さ。(≧∇≦)bダイジ!

その軽さは「リカバー力があってこそ」になるので、失敗を

恐れてたり代償ばかりを恐がっていては、そりゃあ自分の能力、

範疇、パイはデカくならない。

逆に言えば、まだ起こっても無い失敗を恐れちゃう原因は

小さい失敗を避けてるからで、だから死ぬまで永遠に続く。

利口と臆病は別物で、臆病と言うのは精神の病みたいな事にゃの。

何も私が刃が欠けても良いや。失敗しても良いやの楽天家では無く

本当は慎重派なので、その自分がリカバーが出来る範疇でしか

やってないだけなの。

(´~`ヾ)タハハ

刃も全部自分で研ぐ。無いから創る。木材も金属も樹脂も触る。と

言うのは、そうやって狭い自分の範疇を徐々に広げて来てるに過ぎないの。

それが本質で言いたかった事でし。( ´,_ゝ`)プッ

OSBひな壇什器(* ´艸`)

えーっと・・・・発送ギリギリまでご猶予を

頂いてぇ (人ゝω・)スミマチェン

本日は晴天ナリぃ♪ヽ( ´ ▽ ` )ノポカポカ

なので最終乾燥を進めてまーす♪φ(°ρ°*)マダ?マダ?

んで、昨日は雨天&室内撮影だったので色味が

悪かったのでぇパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

こーんな感じ♪(* ´艸`)ウンウン♪

紙コップとか対比で置いてるので参考に。

平行2連結時の幅サイズは約800mm(80センチ)です♪

んでぇ・・・(≧∇≦)bワクワク

密かにφ(°ρ°*)チマチマこんなのも出来てます♪(* ´艸`)オオッ!

折り畳みひな壇什器のOSBバージョン(≧∇≦)bカックィィ!

んで・・・前回のを含めて組み立て方のご紹介。

実はオーダー品の寸法テスト試作で創ってたのら(* ´艸`)モゴモゴ

先ずは、本体の左右ソデを開いて、コの字に展開。

β(□-□ ) フムフム

んで・・・

各段にマグネット式の前板を下段パチっ!上段にもパチっと!

前板には上下向きは無く、どちらが上でも問題無し♪

重量が掛かる訳では無いのでマグネットだけで勝手に

パチっ!っと引っ付きます♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノオオッ!

んで・・・

天板には手前側にツバがあるので「向き方向があります。」

(≧∇≦)bココダケッ!

天板裏面に記してる「FRONT」が什器の前側正面に

なるように・・・先ほどの各棚段にパコっっと、はめ込むだけ♪

(≧∇≦)bカシコイ!

これで、カナリ重いモノを載せても大丈夫なくらい

しっかり組み上がります♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノテンサイテキー!

モチロン逆の手順でココまでコンパクト!

(≧∇≦)bスゲェ!

サイズは全幅400mm×全高250mmで

棚の高さは2分割なので125mm、各段の

奥行きは150mm。全体の奥行きは300mmです。

β(□-□ ) フムフム

コチラのOSBバージョンは試作の一台のみ。

最終的にちょこっとステンシルとクリアーコーティングを

施して、後日カート掲載予定です♪(≧∇≦)b

んで・・・(≧∇≦)bイヨイヨ!

ギリギリまで乾燥を進めて(*´д`*)イソゲェ!

本日、セット全てを同一梱包し、明日必着で

発送完了致しました♪ヽ( ´ ▽ ` )ノギリギリ!

本当に、私のわがままでギリギリ到着で申し訳ありません。

(´~`ヾ)スミマチェン

組み立て方は上記OSBバージョンを、ご参考に♪

是非!イベントでご活用下さいませ♪

マジで・・・やっとギリ発送完了!一安心した。(*´д`*)フゥ・・・

とは言っても!他のオーダーもまだまだお待たせしてるので

明日からも!バリバリ頑張りまーす♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノガンバルルー♪