「内装工事」カテゴリーアーカイブ

完了です♪( ̄▽ ̄)ゞシャキーン

えーっと・・・・昨日、何とか残業して

進めたのでぇ(*´д`*)ヒィ

朝から続きを貼ってφ(°ρ°*)チュイィーン!

もう貼り終わり♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

今回も電気屋さん用に天井点検口を1台設置。

んま、後々に天井内部の配線工事なんかを考慮

すると点検口が無いと天井ボードを剥がなきゃ

いけなくなるので。(´~`ヾ)

ただ、じゃあ付けてあげれば?っと言ってもタダで

サービスで出来る事では無い。

本来は、電気屋さんが軽天屋の図面上に点検口を

「何処に何台必要か?」お金を払って依頼するもの。

β(□-□ ) フムフム

なので、今回は顔馴染みの電気屋さんだから、事前に

私の工事費の中に「点検口の費用を内包させて」最初から

付ける前提で施工してるから、電気屋さんとも

実にスムーズな話。

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン

昔は良く軽天屋が偉そうに、申し訳なさそうな電気屋さんに

「電気屋の点検口?居る場所に1万円貼っとけ!」なーんて

言う時代もありましたwビール券とかね?

(´~`ヾ)昭和だなw

なので、本来は気を利かせてサービス的には付きません。

点検口の専用枠の代金コスト、開口補強として

施工コストも掛かるので、ちゃんと費用は発生してます。

(´~`ヾ)ソーイウコト

んで・・・・早々に残材料片付け&掃除して(*´д`*)フゥゥ

足場も返却してヽ( ´ ▽ ` )ノアザース←コレにも費用が発生します。

廃材やゴミも捨てて←モチロン、産廃ゴミ処理のコストも発生。

っで、天井の工事は完了です♪(≧∇≦)bハヤイ!

んでからぁ・・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラの本宅の修繕工事(≧∇≦)b( ̄Д ̄;)エッ?

とても歴史ある日本建築の邸宅なのですがぁ・・・

ココね?廊下のヒサシ屋根の上部に僅かに隙間が

出来て、パラパラ土が落ちて来てる。

屋根屋さんにも見て貰ったらしいけど、雨漏りでは

無いし、経年劣化が原因で、昔の瓦屋根の土が

屋根の隙間を伝って、経年劣化で微妙に空いた、

この隙間からパラパラ落ちて来るらしい。

β(□-□ ) フムフム

もし、雨漏りだと私では無く屋根屋さん&瓦屋ですが

この土は乾燥してるので・・・雨漏りでは無いと判断。

取り合えず、土が落ちて来ないように、この隙間を塞ぐ事で

様子を見ましょう。って事で(≧∇≦)b

っで、こうしたφ(°ρ°*)チマチマ

ん?何処がどうか?判らない?なら成功♪

(* ´艸`)ニャハハ

んま、コレで印象を全く変えず、上手く

土がパラパラなんて心配は無くなりましたね♪

(≧∇≦)bスバラスィ!

あっ!あと撮影するの忘れたけど・・・・

懸念してた巾木の入手も上手く出来て、(≧∇≦)bイェイ!

天井工事の部屋にも違和感なく巾木が付きました♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

んで、コチラの力作は(≧∇≦)b

にゃんこワンダーランド(仮称)に3台共お買い上げ頂き、

(壁付けでは無く当面は)置いてお使い頂けるように

なりました♪ヽ( ´ ▽ ` )ノアザース♪

コチラの「猫の巣ヘキサゴン(仮称)」リクエストがあれば

サイズ指定での受注製作も可能ですので、メールで

お問い合わせ下さいませ♪

一番高いトコロ(*´д`*)ヒィ

えーっと・・・・昨日、|ω・`)チラリ・・とご説明した

下屋(ゲヤ)側ですね。

一応、屋根屋さんか?大工さんが表から塞いで

くれてるのですがぁ・・・鳥さんが入って来ちゃってる

なら、内側からも塞がなきゃいけない。

( ̄~ ̄;)ウムム

って事で・・・(≧∇≦)b

全部、内側からも蓋をしてφ(°ρ°*)チマチマ

結構な高さがあるので、マジで大変ですた。(´~`ヾ)

んま、コレで小鳥もコウモリも入って来る心配は

無くなった♪ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

ついでに天井ボルト用の羽子板アンカーを取り付け出来たし。

危険な高所作業は全て完了♪(*´д`*)フゥ

後は軽天組んで、ボードを貼るだけの作業になりました♪

(≧∇≦)bスッキリ!

んで、真っすぐを測る時に使う水糸、ピンク色で新調した♪

もう老眼入って来てるからなのか?以前から愛用してる

蛍光黄色が見えにくい見えにくいw(* ´艸`)オッサンカ!

ついでに新調した糸巻にも、無くさないように自分のロゴを

レーザー焼き印を施してみた。(* ´艸`)ニャハハ

因みに、普通は木製で大工用なんだけど、カルコ(先の針)にも

本体にも軽天に引っ付くようにマグネットを居込んで改良してます。

んま、大工の水糸を軽天で兼用するなんて、私だけでしょうけどw

自分の道具は自分が一番使いやすいように改造してます♪

(* ´艸`)ニャハハ

急遽、決定→見積もり&設計→材料&足場段取り→前準備まで来て

いよいよ、明日から本格的に軽天の工事に入りまーす♪

(*´д`*)フゥ

小鳥対策?(* ´艸`)

えーっと・・・・先日、壁&天井&猫木工が完成した

「にゃんこワンダーランド(仮称)」ヽ( ´ ▽ ` )ノアザース♪

とても気に入って喜んで頂いてるのですがぁ・・・・

ココね?裏玄関から、にゃんこのお部屋のお部屋に続く

前室なのですがぁ・・・β(□-□ ) フムフム

(既に天井工事が決定したので段取りに入ってますw)

当初、ココには猫ちゃんは入れないので天井無しのまま

って事だったのですが、先日から何故か?この高い屋根裏に

小鳥が迷い込んでバタバタ、ホコリがパラパラΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

らしい。

っで・・・(≧∇≦)b

やっぱりここの部屋も天井しましょうか?って事に(≧∇≦)b

んで・・・ココは元々、にゃんこの部屋とは別棟で、ココの屋根は

片流れなのね?んで、前側には下屋(ゲヤ)が付いてるのね?

うーん・・・説明が難しいんだけど、高い面がスパンと切り立った

今風の外壁みたいな単なる片流れ屋根ってのは、昔は少なくて、

頂点を少し超えて折り返してる(手前にやや下がる軒屋根がある

簡単に言うと、切妻屋根の半分ちょい超えって意味ね?)のね。

β(□-□ ) フムフム

特に屋根の頂点に通してる、丸太の棟木(ムナギ)に前後から

垂木(屋根の骨組み)を掛けてるんだけど、その頂点が垂木の

厚み分、僅かに空いてるの。屋根裏換気を兼ねる場合も。

β(□-□ ) フムフム

普通は問題にならないんだけど、特殊な片流れで下屋がある場合

ココの僅かな隙間から小鳥やコウモリが屋根裏に入っちゃったり

します。( ̄Д ̄;)エッ?

んで・・・・一応、確認の為に棟木に登ってみるとアリャリャ

ツバメや他の鳥の巣の痕跡が( ̄Д ̄;)マジカ・・・・

つまり、ココが空いてても構造上は問題無いんだけど

下屋側から軒裏に鳥やコウモリが巣を作っちゃうと

裏面の隙間から屋根裏に迷い込む可能性がある訳です。

( ̄~ ̄;)ウムム

とーぜん、この部屋内に天井をしてしまうと、屋根裏は

袋小路になっちゃうので、鳥やコウモリが入ると出られないし

下手をすれば住み付かれちゃうかも知れないのでぇ

(ノД`)・゜・。

先ずは、この棟木の隙間を塞ぐ作業からしなきゃなぁ・・・

( ̄~ ̄;)ウムム

それと、少し部屋の長さが材料的に中途半端なのと、

隣のにゃんこの部屋よりも小屋梁(陸梁)が一段低い

(後に増築で繋げた?)ので梁を隠すように天井の高さを

もう少し低く回避するか? ( ̄~ ̄;)ウムム

そうなると軽天の組向きが変わっちゃうなぁ?とか・・・

色々と工夫しなきゃいけません。

(´~`ヾ)

んま、そうそう問題&トラブル無くスイスイ進む現場なんて

(特に旧家や以前の大工とは別に入ると仕様が判らないので)

ナカナカ無くて、常に「どうすれば?」っと言うような事を

考えてます。 ( ̄~ ̄;)ウーン・・・

ただ、厄介と言うよりは「どうやって克服してやろうか?」

と言うような腕の見せ所的な感覚なので(´~`ヾ)

頭を使って工夫するのが好きな私には合う。

んま、膨大な建築の構造や経験も無くっちゃいけないのですが

それも十分に経験&ノウハウがありますし、棟梁かっちゃんに

教えを乞う場合もあります。恵まれてるねぇ?私ってw

ヽ( ´ ▽ ` )ノギャハハ

世の中の・・・・同じ業務ばかりで、もしイレギュラーが

少しでもあると思考停止&とても厄介に感じる感覚では・・・

務まりません。何も問題なく・・・なんてほぼ無いものw

(* ´艸`)ニャハハ

んでからぁ・・・以前、OSB合板の腰壁をこの部屋にも

施したのですが、床と壁の取り合い(つなぎ目)に

巾木も追加らしい。

げっ・・・・コレ、ホームセンターに売ってるのと

違うパナソニック製の新建材50幅巾木だなぁ ( ̄~ ̄;)ウムム

新築建売とかに良く採用されてるけど、長物(約4m)なので

ネット購入じゃあ送料がバカ高いし、建材屋さんに行って

たった2本だけ (人ゝω・)とか入手できるのだろうか?

(*´д`*)ヤベェ!