「お庭の工事」カテゴリーアーカイブ

やっと晴れ(*´д`*)ホッ♪

先に(≧∇≦)b

コチラは本日、梱包&発送完了です♪

奈良県着なので明日中に到着の予定です。

ヽ( ´ ▽ ` )ノマッテテネェー♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

マジに先週、ずーっと天候が優れず&湿度も高かったので

伸びちゃってた・・・

実兄の料理屋さんの正面看板。

前回、小袖壁を新設したので(対比して)

看板も塗り直して欲しいなぁ?って言う事で・・・

背面の板壁(と、萬の白文字)だけ再塗装。

ヽ( ´ ▽ ` )ノソレェー♪

白色腐朽菌で灰色になっちゃってる杉板壁を、

耐候性の高い&高価なキシラデコールで塗布。

んで・・・完了(≧∇≦)b引き締まりましたね♪

んま、本当は他の文字やボロボロになって来た庇も

やり直したいトコロだけど・・・言い出すとキリが無いし

あまり目立つほどの新品感は求めて無いので。

(´~`ヾ)マァマァ

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

昔、趣味のプラモデルで使ってたエアブラシ&

ミニコンプレッサーを持ち出してぇ・・・・

実はソコソコ良いエアブラシを4本程度所有してます。

(* ´艸`)シュミ♪

座面修理が完了した椅子の表面再塗装φ(°ρ°*)シューッ

色味もピッタリ!ちょうど良い感じにヤレた箇所を

含めて1液ウレタン塗装でテロテロに♪

(≧∇≦)b

んま、まだ乾燥&研ぎ出し&上塗りと仕上げるまで

続くのですが、良い感じにボカシ塗装が上手く行った♪

(* ´艸`)ウンウン♪

あっ!そうそう、昨日再溶接で修理したギア歯も

ちゃんとバックラッシュを合わせておかないと

今度はスクリュー側が偏摩耗すると厄介なので・・

朝から再研磨&修正済。

ご心配なく♪(* ´艸`)ニャハハ

竹製の筧(かけい)完成

えーっと・・・この真冬にφ(°ρ°*)ゴソゴソ

マジで山に入って竹を切ってくると言う強硬手段で(* ´艸`)アハハ

手に入れた、丁度良いサイズの竹(破竹)を使って・・・

あっ!そうそう「竹」と言っても、この辺りでは大きく3種類。

(≧∇≦)bウンチク!

竹細工とかに良く使われるのが「真竹(マダケ)」

細めで節の間隔が均等に広く、節に環(リング)が2つある。

しなりが良く、籠とかの竹細工などに扱いやすい竹ね。

おむすび包む黒い斑点のある竹皮ってのは、この皮。

苦竹とも言うくらい、細長いタケノコはアク(エグミ)が強い。

β(□-□ ) フムフム

真竹の別種で「孟宗竹(モウソウチク)」ってのが、

真竹よりも裾が広く(タケノコの太さくらい)で

少し加工し難く粘りが無く割れやすいけど、茶筅とかに使えて、

んま、日本中どこでも生えてる。タケノコでお馴染みの太めの竹。

節に環が1つなので見分けやすい。節の間隔が少し狭い。

(* ´艸`)ウンウン

んで、今回取って来たのは「破竹(ハチク)」「淡竹」って

言う中国原産種。こっちも節に環が2つある。節がちょい狭い。

ポキッ!っと折って採れるハチクタケノコで有名ですよね。

「破竹の勢い」って言われるのは竹は一節割れば、最後まで

止める事が出来ずに一気に真っ二つに裂ける(進軍)って意味ね?

β(□-□ ) フムフム

別名「呉竹(クレタケ)」とも言い筆とか花器とか茶道具にも

良く使われてます。

(* ´艸`)シッテルー!

大体、この3種類が多いかなぁ?竹ってどれも同じと思ってたでしょ?

(´~`ヾ)デショ?

篠笛とか細いのは「雌竹(メダケ)」って言うまた別の細い竹で

黒竹とか他の珍しい種類は植えないとナカナカ山では生えてません。

こー言うのはネットでも調べれば判るけど、同種別名も多いし

肝心な・・・山に生えてる竹をパッと見て判別できないと

無駄な知識に終わる。

(* ´艸`)ニャハハ

田舎ならでは。なのに都会ならともかく、今やこの辺の30~40歳代でも

殆ど見分けがつかず&知らないんじゃない?

┐(´д`)┌

「アレが〇〇で、コッチは〇〇って言うんやで。これは、こーやって・・」

こー言う棟梁かっちゃんみたいな現役のご年輩と山に行くと、面白いし

勉強になるのです。

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

ウィキペディアやヤフ知恵袋では決して知られない英知の宝庫ですし

いざ実践で見極めたり役に立って使えないと、ただのウンチクですからね。

(≧∇≦)bソーイウコト!

んで、バーナーで軽く炙って油抜き(茶色くスベスベになる)

して・・・一部、真竹も交じってますね。(* ´艸`)アリャ

モチロン、竹は幹にも葉緑素があるから緑色にゃの。

( ̄Д ̄;)ヘェ・・

放置すれば、葉緑素は勝手に劣化して抜けるけど、ワザと

炙るとモザイク&液晶みたいに、パパっと瞬時&順次に

茶色に変色するので面白い。φ(°ρ°*)ボォー

ヤニと言うか油も出て来るので磨くとスベスベになります。

(≧∇≦)bヘェー!

んで・・・・

元々のボロボロの筧は庭師さんか?大工さん作かな?

駒頭(こまがしら)に焼き角材を使ってますね。

んまぁ・・・コレも作れるのですが今回は(≧∇≦)b

ALL竹で作ってみた♪ヽ( ´ ▽ ` )ノカックイィ!

こー言う時に、割れやすい&食い込みやすい竹材でも

高度な穴開け技術があると楽々♪φ(°ρ°*)シューン!

んで・・・・

現代の筧は中身がこーなってる。13mmの給水

塩ビ配管で(水の音は良いけど)これじゃあ風情も

へったくれもない (#`Д´)ノノ基部も腐っとるやないかい!

なので・・・

基部から全部やり替えで・・・完成♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

んま、既に配管された塩ビ管をどうやって通すか?

また別のアイデア技術が必要ですけど(* ´艸`)バッチリ!

後で支柱と駒頭部はシュウロ縄で飾り縛するけど、傷みやすい

注ぎ口はアタッチメント予備を3本作ってあるので、

差込交換可能式♪(≧∇≦)bキガキク!

実兄の飲食店内のホントに僅かなスペースだけど

つくばいがあるだけで、随分と和風&風情が出る。

なので、プラ竹じゃあ駄目にゃの。(* ´艸`)ウンウン♪

ネット見るだけ&言うだけは誰でも出来んのよ。

でも、実際にワザワザ山に入って竹を取ってきて、

ちゃんと加工し&施工までする。それが私。

そんなの採算なんて合う訳ねーし、誰でも出来る事では無い。

何でもつくるよ♪クラフトらふ・・・なのですばい!

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ

懸垂幕の下(* ´艸`)

えーっと・・・実兄のお店に頼まれてた

小袖壁。んで、その骨組みがコチラ。β(□-□ ) フムフム

お店の看板(懸垂幕と言う正面のぼりの支柱)

の下側と側面垣根の隙間なんだけど、元々は・・・

こー言う感じでプラスチック製の竹格子壁っぽい

モノを取り付けてたらしいんだけど・・・

この地方では「ユウが抜ける」なんて言いますが、

耐候性の高いプラスチック(高分子素材)と言えど

紫外線&経年劣化で脆くなる。

劣化が進むと、シナリが無くなるので簡単にパキパキ

折れたりビニールだとビリビリになったりします。

紫外線で高分子の分子結合を断ち切られて・・・

っとまあ、難しい事は抜きに、まぁ・・寿命ですね。

(´~`ヾ)シャーナイ

いかにも見すぼらしい&お店の真ん前なので、木製で

シッカリ!作り直しまーす♪(≧∇≦)b

んで、仮固定してみた。欠き込み凹がこうなる訳です。

β(□-□ ) ナルホド!

垣根側には、鉄線&耐候性タイラップで留めて

大きな鉄製支柱側には穴を開けたく無いので、

ステーを介して強力ボンド固定だけに抑えてます。

(≧∇≦)bキガキク!

この骨組みにスリット状に無垢板を貼ってφ(°ρ°*)チマチマ

最後に、もう一度キシラデコールで再塗装。

これで当面は持つはず。寿命が来る前に塗装し直せば

雨ざらし&屋外&道路側でもけっこう長く持たせられますよ♪

(≧∇≦)bウンウン♪

んで・・・(≧∇≦)bツギィ!

ご贔屓頂いてる常連さんから「椅子の座面が割れたので

修理出来ますか?」っと持ち込まれたモノβ(□-□ ) フムフム

パッカーン!と座面が割れちゃってますね。

元々が接ぎ板座面で、その接着接合部からパキンと

割れちゃったらしい。β(□-□ ) フムフム

コレは、何処かの製品みたいなんだけど、椅子の

基本構造がチョット変わってて面白く&興味深い。

β(□-□ ) フムフム

まず座面裏面に(普通あるはずの)補強ビームが無く、

座面の裏面にそのまま4本脚が刺さってる。

β(□-□ ) フムフム

んで、上部のアーチ状ひじ掛け&背もたれも直接刺さってて

この座面が、4本脚の自重保持と共に・・・

背もたれ&ひじ掛けに掛かる後ろ向き&縮む側の

応力も受け持つ構造。β(□-□ ) フムフム

つまり、背もたれ&ひじ掛けに掛かる、後ろ&内側に

縮む応力は、座面を左右から引っ張る側に応力分散するので

「座面に重い重量が掛かったから」・・・だけでは無く、

背もたれ側に持たれ過ぎる応力も掛かって割れたのかも?

β(□-□ ) フムフム

割れた、そのいきさつは聞いて無いけど、恐らく・・・

この椅子を後ろ向きにバターン!と倒して背もたれが外力で

圧されるだけでも割れたのかも?

( ̄~ ̄;)ワカランケド・・・

だから、座面が割れただけで、全てが保持できず、背もたれ

&ひじ掛けもグラグラ、4本脚もグラグラになってる。

( ̄~ ̄;)ナルホド

ちょっと判り難いと思いますが、この椅子の構造は

応力の大半を「座面を左右から引っ張られる」事で

受け持ってる。だから強靭な筈の寄木接着面が、手前から

後端までパキッ!っと割れてるって訳。

座面に座る重量の下向きだけでなく、左右に広がるように

応力が掛かる構造なんだな?っと見て取れるって意味。

β(□-□ ) フムフム

ナカナカ部品点数が少なくシンプルな構造だけど、

この構造なら、全てを受け持つ座面を引き裂く応力を

座面寄木の接着力だけでは不足で・・・結果的に

経年劣化&何かの拍子(外力)で割れちゃったのかな?

( ̄~ ̄;)ドーサツ

構造的には、座面板は寄木接着だけでなく座面裏に

補強ビームがあった方が良いんじゃない?とか

(他社製品だけど)思っちゃう。

(´~`ヾ)タハハ

ただ・・・厄介な事に裏面の4本脚も、背もたれ&ひじ掛けも

全てが座面に設けた差し込み穴に接着固定されてて分解不可。

( ̄~ ̄;)ウムム

本来なら全バラしして座面単体にして、ビスケットジョイントで

強靭に割れた座面を接着固定すれば良さそうだけど・・・

それは今回は分解できない(分解すると他にも被害が及ぶ)ので

出来ない。バラさずに修理かぁ・・・ ( ̄~ ̄;)ウムム

( ̄Д ̄;)ソッカァ

素人目で見れば「割れてる座面を接着すればOKでは?」と

思うかも知れないけど、上記の構造上、単に座面を木工ボンド

とかで接着するだけだと、応力が座面を引き裂く側に掛かるので

100%また座面がパキンと割れます。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

んま、金儲けだけならチョチョイとボンド塗って終われば

良いんだろうけど・・・私は、そー言うやっつけ仕事は大嫌い。

(* ´艸`)アハハ

さてさて・・・どうやって、分解せずに座面を、椅子全体から

掛かる引き裂く応力に打ち勝つ強靭な固定が出来るか?

( ̄~ ̄;)ポークポーク・・・

考えモノですな。(* ´艸`)ワクワク♪