「木工工具類」カテゴリーアーカイブ

ダボ用センター

えーっと・・・

着実にφ(°ρ°*)チマチマ4脚分の脚パーツを進めてますがぁ

以前に書いたように、今回の接合は8mmダボ結合。

(≧∇≦)b

結合する両方のパーツに正確に8mmダボ穴を開けて

・・・ダボ(木の棒)で内部で貫通してボンドで

ガッシリ結合してる訳です。

β(□-□ ) フムフム

んで、合わせる面同士のダボ位置を正確に合わせるのに

こー言うダボ用のセンターポンチってのがある。

コレは6mmダボ用で、今回のよりも細いサイズ。

( ̄Д ̄;)ヘェ・・・

キッチリ寸法合わせれば、ピッタリに穴位置も合うんじゃないの?

っと思うかも知れませんが、ホンの僅かにでもズレると

当然、接合面もズレる。並列2連ダボ打ちだと余計に

コンマmmズレただけでもピッタリ合わなくなるのよ。

┐(´д`)┌アウトー

特に片側が木口(切り口)になるので、余計にズレやすい。

( ̄~ ̄;)ソッカァ・・

そんな時に、合わさった時に確実にピッタリ相手側の穴の

センター位置に印が出来れば、凄く簡単。

っで、センターポンチが良いんだけど(市販はされてるけど)

たまたま私が8mmダボ用を持ってなかったのでぇ・・・

ボルトから8mm用を自作しました。(* ´艸`)ニャハハ

市販品を買っても400円くらいだったかな?

んま、自分で創れるので。

(´~`ヾ)

単純に8mmの穴に入るお尻と引っ掛かるツバ、んで

そのセンターに突起があれば良いんだけど・・・

実は、ダボ穴ってのは8mmで8mmジャストでは無い。

7・8mm穴とか、ホンの僅かにキツくなってるモノなの。

市販のダボ用センターは、ココが少しだけ緩くて・・

この誤差たった0・2mmね?コレがダボ穴のズレ、ひいては

パーツ接合面の微妙なズレを生んじゃうので・・

ココがピッタリ合うように誤差なく自作したって訳。

(≧∇≦)bバッチリ!

使い方は至って簡単♪

片側にダボ穴を開けて、ピッタリのダボセンターを入れて

ピッタリにパーツ同士を合わせて・・・ポンと叩くと・・・

こー言う風に向かい合わせのダボ穴のセンター位置に

マーキング出来るって訳。(≧∇≦)bナルホド

んま、コレを各接合部、2連ずつ施すので地味で

気が遠くなる作業なのですがぁ・・・

片側のマーキングを省ける&正確に移せる恩恵はデカい。

(* ´艸`)ウマウマ

んま、まだ他の構成パーツ&オットマン2脚もあるので

ボチボチ、着実に進めてまーす♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノガンバレー♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラはベース構成が完成。周囲の額の製作に入りまーす。

(≧∇≦)b

んで・・・同時オーダーの10箱の展示BOXも・・・

φ(°ρ°*)チマチマ同時進行。引き出しじゃ無いですよ?

横向けてますが、穴が上になるBOX状です。

(≧∇≦)bニャハハ

雨漏りって(ノД`)・゜・。

今日は、朝からスンゲー豪雨 (((( ;゚Д゚)))ザザザー!

実際の雨量データーをリアルタイムで観れる

Xバンド雨雲レーダーでも・・・一帯が真っ赤!

「おいおい!どんだけ降るんだよ 」┐(´ー`)┌

って程に降りまくったのでぇ・・・

アッチでポタポタ・・・コッチでポタポタ・・・

( ̄Д ̄;)エッ?

(微量だけど)ついに雨漏りしだしたぁ(ノД`)・゜・。イヤーン

原因は、この吹き降りで、ポリカ波板の重ねの隙間から

漏れて来てんだよなぁ・・・・ ( ̄~ ̄;)ウムム

今までと全然違う箇所からもポタポタ(ノД`)・゜・。

こりゃあ今度、屋根に登って全面シール打ちしなきゃ。

(´~`ヾ)シャーナイ

外は雨音がザザザーっと、やかましいですがぁ(* ´艸`)

コチラはオーダー品のアクセサリー装飾ケース。

内寸でA5サイズなので、定規を創って正確に内寸を確保。

(≧∇≦)b

内面は黒のベルベット生地を貼るので、下地も黒に。

φ(°ρ°*)チマチマコッチも進めてるのですがぁ・・・

それとは別にもう一つの同時進行オーダーで

ご指定の「直径50mmの開口穴」を開けるべく・・・・

円カッターを買って来たんだけどぉ・・・

使ってみると、どーもオカシイ ( ̄~ ̄;)ン?

新品なのに、全く切れずΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

切子が粉になっちゃう。←切れてない証拠。

┐(´д`)┌アリャ?

まさかの・・・どーも、刃が付いてないみたい。

( ̄Д ̄;)エッ?マジカヨ!

そんなに安価でも無いんだけど、恐らくは中華製。

( ̄~ ̄;)ウムム

つーか・・・見てみると刃が付いて無いと言うか・・・

見た目はそれっぽいけど、刃と違うトコロを切削加工してある。

これじゃあ切れる訳が無い。

┐(´д`)┌オイオイ

あのねぇ・・刃はコッチ面を研がなきゃ刃が付かない。

(仕方ないので、自分で研ぎましたw)

こりゃあ・・・見た目だけそれなりにパクっただけ。

そもそも刃物が何処で切れてるか判ってない金属加工。

┐(´д`)┌アホカイナ

恐らく、CNCか半自動で大量に切削加工してんだろうけど

そもそも何処で切れてて、何処に刃をつけるか?判ってない

ド素人の加工。

簡単に言うと、包丁の峰に刃を付けてるようなモノ。

( ´,_ゝ`)プッ

根本が判ってない。輸入検品する日本商社も判ってないw

コレが平気でホームセンターで市販されてんだからビックリ。

( ´,_ゝ`)ダナ。

そもそも私は刃が研げるし、高精度な日本メーカー製でも

私が研いだ方が切れるから、どーでも良いんですがぁ・・

(´~`ヾ)

んま、自分で研いで刃付けする「元の鋼材」を買ったと

思えば安いもんです。(* ´艸`)アハハ

自分の腕が、おぼつかん日曜大工DIY相手の安価商品だから

クレームにもならんのだろうw

┐(´ー`)┌ ヤレヤレ

しっかし、粗悪と言うか自社で良く判ってないようなモノを

模造して良くまぁ・・売るよなぁ?その精神がスゴイw

( ´,_ゝ`)プッ

しかし、コレはコレに限ったモノでも無い。

デフレで買い叩き、日本商社が最安値のへっぽこ中華工場に

創らせる。中国製でも、シッカリしてるトコロでは、今や

日本の技術を上回るほど高精度なんだけど・・・・

安価品を売る商社は、(日本製と大差ない価格の)そんな

優良会社からは買わない。最安値!最安値!で粗悪だろうが

仕入れるから・・・・

日本人ではとても作れないような破格の安価で売ってて・・

んま、それで日本の大半が実際に回っちゃってるんですからねw

(* ´艸`)イッチャウ?ソレ?ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

だから中華製は粗悪だと言われるけど、粗悪なのは、

安物だけで、中華製でもそれなりに高価なモノはカナリ

精度が良い。(≧∇≦)bダヨーン♪

しかし、それがどう悪くて、原因も&直す事すら出来ない

日本人なら、ソレ以下って事になる。(* ´艸`)チクリ

んま・・・切れても切れて無くても、どの道、私は

研いでただろうから、ホントどーでも良いんですけどね?

(* ´艸`)ニャハハ

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラも背板パーツが4枚とも完成。(*´д`*)フゥ

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ

まだまだパーツを作んなきゃいけないので先は長いけど

地道にコツコツして着実に進めるのですばい!

(≧∇≦)bデスバイィ!

自動カクノミの可能性

えーっと・・・オーダー品もアレコレ(*´д`*)アワワ

進めてるのですがぁ・・・(´~`ヾ)ソローリ

作業の合間にφ(°ρ°*)ジジジィーっと極太アングルを溶接。

下水道のハッチ?( ̄Д ̄;)みたくも見えますがぁ・・・

超~ガッシリ強靭な作業台を自作中。

ヽ( ´ ▽ ` )ノガッシリ!

話は飛びますがぁ(´~`ヾ)ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

以前から私はアーク溶接を得意としてますがぁ・・・

んま、(アーク溶接で)この程度、溶け込んでればOK。

(≧∇≦)bジョーデキ!

ただ、アーク被覆溶接は厚物の軟鉄に限られるし、

イチイチ、こーやってビート(溶接跡)を削ってると

スンゲー時間が掛るのでぇ(*´д`*)フゥ・・・

近い将来的にはTIG溶接を導入&マスターしようかな?

っと思ってます。β(□-□ ) フムフム

因みに「アーク溶接」と言うのは、高圧電流を簡単に言うと

ショートさせてバチバチ溶接するアレね?

ただ、そのまま大気中で熱で金属を溶かすと「酸化」して

溶接した部分が逆にボロボロに脆くなってしまう。

( ̄~ ̄;)

なので、アーク溶接棒(被覆溶接)には、芯の溶ける鉄の周囲に

「ヒュームガス」と言う不活性ガスを同時燃焼させて、溶接の

周囲だけ「酸素を追い出す」事で酸化を防ぎ、溶接が出来てます。

今は、簡易な被覆アーク溶接。コレ↑なのですがぁ(´~`ヾ)

これよりもビート(溶接跡)が波打ってキレイで、アルミやステンレスも

溶接出来るのが「TIG溶接」にゃの。

皆さんが見慣れてるキレイに並んだムニムニした溶接痕はコッチね。

β(□-□ ) フムフム

ただ、結構、機器が高価なのと、熟練の技術と・・・・

「アルゴンガス」(被覆ヒュームの代わりの不活性ガス)ってのが

ボンベで必要にゃの。

(´~`ヾ)

だから敷居が高いとも言えるんだけど・・・アーク被覆溶接だと

やはり板厚に合わせた電圧&溶棒(径が違う)に変えても、

ヒュームガスを発生させる関係で溶け込み(溶かしたい金属と

溶棒が溶けて合金になる)に限界があるのね?(´~`ヾ)

なんつーか、溶接スピードに時間を掛けると余計に酷くなる

「待ってくれない」傾向があって、用途が限られる。

薄いとスグに穴が開いちゃうし、ビート痕もキレイじゃない。

β(□-□ ) フーン?

技術と言うか、ジックリとコツコツやれば良くなるのでは無く

余計に酷くなる。ジックリするならTIG溶接の方が(難しいけど)

面白そうで、実際、溶接出来る範囲が格段に増えるので、

欧米ではDIYでも火花が飛ばないジックリ出来るTIG溶接が多い。

アーク溶接は主にボンベを持ち運べない屋外の建築用途がメインだからね。

(≧∇≦)bヘェー?

スグは無理だけど・・・TIG溶接出来るように・・・・

将来的には狙ってます!(≧∇≦)bガンバルル!

んま、コレだけシッカリ溶接出来てりゃアークでも

良いんじゃないか?とも思うんですが(´~`ヾ)

更なる技術向上を常に狙ってる訳です♪

んで・・・・コレは何に使うのか?つーと・・・

こーなる訳です♪ヽ( ´ ▽ ` )ノジャーン!

先日から導入した、自動昇降機構の「カクノミ」ね。

先に既存の作業台に取り付けてたんだけどぉ・・・

こーなって欲しい訳です。(≧∇≦)bココ!

要は(本来の使い方とは違いますが)長い部材の

木口(切り口)側にホゾ凹を彫れる下のスペースね。

んま、テスト段階なので仮固定ですがぁ(´~`ヾ)

私的には、先日の「並列ダボ結合」や「ドミノジョイント」

に代わる接合方法を模索してて・・・・

骨組みなどの細いパーツ結合に適してるんじゃないか?

って事で大改造してる訳です。(* ´艸`)

ダボは丸いので並列加工が必要。しかも、実際には

ピッタリ2穴(計4穴)が合わせ難く時間が掛る。

んで、実は「深さ」も絶妙に合わせないと強度が出ない。

( ̄~ ̄;)

一方、それを解消したのがドイツ製の「ドミノ」って

ジョイントでダボを2本並べた程度の長方形の専用ダボ

なんだけど・・・

一発で正確に向かい合わせに穴を開けて(専用のダボで)

結合が早い。しかも長方形ってのがミソで捻りに強く

1穴でダボ2穴分に相当するから便利で早くて確実。

ただ・・・機械&専用ダボが異様に高価。

┐(´д`)┌ソーイウコト

以前に導入したビスケットジョイントとほぼ同じ機械なのに

本体16万円&専用ダボなので、結構な費用を伴う。

( ̄~ ̄;)ウムム

して・・・四角と言うのも捻りに強い。そう!ホゾ自体、

だから古くから日本はホゾを施してるんだけど・・・

ホゾは加工に時間が掛るし、凸凹分の加工ロスも大きい。

なので、私が目指してるのは「ホゾ」でジョイントが

出来ないか?って言う独自の方向。(* ´艸`)アホカ?

んで、実験!(≧∇≦)bイクゼッ!

この時に前後左右に微調整が効くのも、この機械の良さ。

あと、このままストロークさせても実に正確に真下に

彫り進む。レバー式カクノミだと微妙にズレが出ちゃうの。

やった♪ヽ( ´ ▽ ` )ノんま・・・冶具やらは、もっと改良が

必要だけど、真っ直ぐに木口にホゾ穴が彫れた♪

(≧∇≦)bイイネ♪

つ~事は(* ´艸`)ムフフ

こー言う風に・・・

「長手パーツ(木口)」と「短いパーツ(側面)」

それと、その四角ピッタリのホゾジョイントを作れば・・

こー言う結合が出来ちゃう♪(≧∇≦)bキテレツー!

んま・・・ココまで出来るなら「ホゾ彫れよ?」って

言われちゃうそうですが・・・(´~`ヾ)

こー言う風にジョイント化する事に意味があるの。

(≧∇≦)b

つまり、ホゾだと長手側を細くする分、凸分の余計なロスが出る。

でも、このジョイント方法だと、ボンド結合やビス結合と

同じ部材で済む・・・・のにビス痕跡が無く、強度が出る。

ヽ( ´ ▽ ` )ノスンバラスィー♪

ダボと言うかジョイントは、自分で四角の棒を作れば良い。

β(□-□ ) フムフム

んで、ココまでこだわってるのは・・・この時ね?

この時の結合ズレが無く&捻り強度がホゾ並みにある。

ドミノジョイントもナカナカ素晴らしい発明だけど

私のは「両ホゾ彫ってサネを入れる」なんちゃってホゾ。

(* ´艸`)

ただ、コレがもっと精度良く&早く加工が出来れば、

骨組み構成がもっと早くなって、強度も格段に上がる。

合い嵌めジョイントも良いんだけど、部材ロスが多いし

なんつーか・・・ちょっと捻りに弱い。チェックしないと

捻りが出やすいし、修正出来ないから厄介にゃの。

んま、だからどう?っと言われればソレまでなんだけど(´~`ヾ)

こー言う風に常に頭をぐるぐる回してる訳。

(* ´艸`)

TIG溶接もホゾジョイントも・・・結構、良い方向になりそうな予感。