「木工工具類」カテゴリーアーカイブ

バフでピカピカ(* ´艸`)

えーっと・・・バフ掛け(研磨)ってのはBuff=揉み革の意で

フェルトや柔らかい革&コンパウンド(微粒子研磨材)で

金属表面を鏡面に磨く事ね。

β(□-□ ) フムフム

定義と言うのは無いけど、基本的に「鏡面まで磨く=バフ」って

感じです。ステンレスやアルミの髪の毛ほどの細い傷仕上げは

「ヘアライン仕上げ」とか言います。

んで・・・先日のサンドブラスト実験で、

この錆びサビの汚い骨董並みの波切ばさみを・・・

サンドブラストでサビ&汚れを落とした後ね?

因みに、このざらざら状態を「梨地」って言いますね。

っで・・・このままでは、余計に錆びるので

(´~`ヾ)ソッカァ・・

バフ掛け仕上げした。って訳(* ´艸`)ピカピカ

これは鉄製なので、アルミやステンレスほども

綺麗に鏡面になり難くコレが手磨きの限界。

もっと細かいコンパウンドで時間を掛ければ

ビカビカになるけど、どちらかと言うと包丁のように

平面がシッカリ出ていないと鉄は鏡面に見えにくいね。

んま、ココまで磨いてオイル塗布しておけば

錆びません。んま、使わなきゃ工具じゃ無いので(* ´艸`)

また錆びたら施そうかな?って感じですね。

(´~`ヾ)ニャハハ

一方、コチラはたまに出番があるモンキーレンチ。

本来は工具的にモンキー=自在サイズを使うよりも

ボルトに合ったレンチを使うのが正しい(整備的に

言うとモンキーは邪道らしい)んだけど・・・・

どちらかとインチサイズとか、手持ちに無い大きな

ナットを回すから、私は結構使ってます。

(´~`ヾ)ユルシテ♪

んで、ちょっと調整ダイヤルが固くなってきたから

メンテナンスを。

カシメを外すと、こーなってます。

単純な構造ですが、ダイヤルになってるトコロが

そのままラック&ピニオンギアになってるので

バックラッシュ軽減の為にスプリングが入ってますね。

逆に言うと、構造上ココのギアを直接、手で触るような

モノなので、錆びやすく引っ掛かりが出やすい。

β(□-□ ) フムフム

撮影し忘れたけどwゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

サンドブラスト→各部研磨→平面出し→再塗装で

仕上げた。ホントは銀と赤にしてたけど、

手触りが悪いので黒に塗ったw(* ´艸`)テキトー

これまた画像に無いけど、モンキーは合口の角度が

ピッタリ合ってこそ!なので、合口調整も施してます。

(≧∇≦)bピタッ!

いよいよ、梅雨っぽくなってますが、湿度が高くなる前に

施せて良かった♪湿度が高いと磨いてる直後から錆びて

来ちゃいますからね。(´~`ヾ)

ブラストBOX(≧∇≦)b

えーっと・・・先日からφ(°ρ°*)チマチマ製作を進めてる・・

「サンドブラスト」の密閉BOX(≧∇≦)b

下部の集砂ロートの上に密閉BOXを製作(≧∇≦)b

BOXの内寸はD450×H700×W900と大容量♪

ポケバイ程度なら1台丸ごと入りそうなサイズ。

(* ´艸`)イレナイケドw

透明ポリカーボネート付きの正面扉を開けて

大きなモノでも丸ごと入るように♪

手前の2つの穴はゴム手袋を入れる作業穴。

作業高さは800だったんだけど、狭いスペースだから

エアコンプレッサーの上に置きたいので・・・

私の身長に合うように嵩上げの下駄を履かせてます。

(´~`ヾ)

下のロート部分も下に受け皿と密閉蓋が必要ですね。

んで、この内部の境目に網を置いて吹き付ける作業台と

するので、まだまだ内部の構成も残ってますがぁ

(*´д`*)フゥ

大まかの構成は出来ました♪ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

蓋部分もシッカリ密閉出来る工夫が必要です。

それと最上部には内圧を逃がす換気ファンを装備。

(* ´艸`)スススーッ♪

正面のポリカーボネートもブラストで傷が付くと

曇っちゃうので、この内側にもう一枚交換できる

透明フィルムを貼る予定。

内部照明とか、換気ファンのエアフィルター機構や

エアホースの取り入れ口も必要ですね。

(´~`ヾ)タハハ

まぁ・・・まだ作り込みは必要ですが、本当なら

割と高価な大型ブラストキャビネットが自作出来ました♪

あとは・・・

色だなぁ?何色にしようかなぁ?(* ´艸`)ムフフ

丸鋸テーブルソー・リターンズ

えーっと・・・色々と進めててネタもあるのですがぁ

更新が遅れててスミマチェン(´~`ヾ)

建築仕事は木工みたいに、キリ良く&コンスタントでは

無いし、まぁ・・・体力使いますしね?(* ´艸`)アハハ

んで・・・・(≧∇≦)b

新しい試みも水面下で進めてるのでぇφ(°ρ°*)チマチマ

今更ながら、卓上サイズの丸鋸テーブルソーBOXを

設計自作してました。φ(°ρ°*)チマチマ

覚えてる方も居るかなぁ?私が木工を始めた当初は

設備も資金も無くて、手持ちの電動丸鋸を改造して

大型のテーブルソーを自作して使ってたのね?

( ̄Д ̄;)ナツカシィ・・

んで、今は米国スティールシティー製の立派な?

テーブルソーに変えたんだけどぉ・・・

β(□-□ ) フムフム

大きな刃で製材&大きな加工には適してるんだけど

小さい繊細な作業には不向き。刃もぶ厚すぎて細切り

&薄切りはパワーがあり過ぎて危ないのね?

特にミニチュアやマス目仕切り等の細かいφ(°ρ°*)チマチマ

細工物には不向きなの。 ( ̄~ ̄;)

なので、プロクソンなどのマニア向けのミニチュア工具

も考えたんだけどぉ・・・やたら高価なのと非力すぎる。

β(□-□ ) フムフム

なのでぇ・・・またリターンズして、小型の電動丸鋸で

卓上タイプのテーブルソーを創ったのだ♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

今回は、あまり複雑な機構は加えず(多くを求めない)

ごく単純な構造。新調した小型丸鋸も非力な安価品だしw

ただ、私がメインで使ってる190mmや165mmの

通常丸鋸よりも更に小さい125mmや100mmの

小型丸鋸もリフォームや、際切り(壁ギリギリ)とかの用途で

需要が多く、極薄刃とか仕上げ刃など替刃のラインナップも

多い。ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

その機種だけの専用刃って高価で入手に時間が掛っちゃうからネ。

(´~`ヾ)ランニングコスト的に見ても、コレが最善かな?っと。

モチロン、この後、マイタースロットルや治具など、より使いやすく

作り込みますが取り合えずは本体は完成♪(≧∇≦)b

そー考えると、当時私が自作したテーブルソーって、カナリ凝った

作りで、良く独学で作れてたなぁ?って改めて自画自賛w

(* ´艸`)ニャハハ

逆に言うと、その時の経験とノウハウが今、上手く生かせて

卓上サイズで精度良く作れる♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

コレを、もし既製品をアマゾンでちょちょいと買って・・・

「精度悪い」だの「粗悪」だのと愚痴ってたら、絶対にノウハウは

身に付かないし、道具を上手く使いこなせない筈。

( ̄~ ̄;)ウムム

なんつーか、他人のプレビューや高評価や酷評、皆さんも

購入時の参考にすると思うんけど、私は殆ど参考にしてません。

それによって先入観が入ってしまうし、所詮は他人の知識や

熟知度レベルに寄る「その人個人の主観」でしかない。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

電動工具なんかの評価はAmazonでもモノタロウでも安価な商品

ほど評価が低いけど、酷評の言い分をみれば殆どが「安価品に

経験も知識も無いのに多くを求めすぎ」だったり「そもそも

使い方を間違っている」場合が殆どw

90%以上は、独りよがりと無いものねだり。あと、基本、自分を

基準に「自分は間違っていない」前提で怒りに任せて毒を吐いてるだけ。

そんなの参考にならない。

例えば、グルメナビでも同じ。貴方がとても料理が美味しくて雰囲気の

良いお気に入りのお店にも散々な酷評は普通に書かれてるし、逆に

二度と行かない「ハズレ店」でも、高評価が多かったりもする。

β(□-□ ) フムフム

つまり、購入時の不安や楽しい会食を失敗したくない為に、プレビュー

を参考にしようにも、所詮は他人主観の感情論であり、例えばそれで

まぁまぁ無難を選べば、当然「それなり」を自ら選んでしまう。

┐(´д`)┌ソーイウコト

誰でも失敗したくないし、台無しにはしたく無いけど・・・・

マズい店で食った苦い経験が美味しい店の評価を鮮明にし、粗悪で

使い物にならない工具で失敗を学ぶから、良い工具が見抜ける。

(* ´艸`)アハハゞ( ̄∇ ̄;)ミモフタモ・・・

つまり、失敗を避け続けると・・・美味しいか?良いモノか?も

結局、見抜けず満足を実感しにくい。

「他人が美味しいモノ」「他人が良いと言うモノ」が必ずしも

自分の好みに合うとも限らないし、人生で一度も選択を失敗せず

上手く行こうと思っても無駄。

その失敗すら失敗として経験して学んで無いんだからネ?

┐(´д`)┌ヤレヤレ

誰かをもてなす会食であれば、「人をもてなす」事が最優先にゃの。

良い工具を引き当てたり、自作する事が主目的では無くて、それを

使って「良い作品を創る」事が最終目的で最優先事項。

それ以上でも以下でもない。

失敗を自ら選ぶ事が愚かと言うのは誰でも判ると思うけど

「失敗を避けたがる」と言うのが、最もダメで成長も経験も

満足度も実感も得られない最悪の選択だと知ることが大事ですゾ♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ♪