「レジ・ポシェット」タグアーカイブ

また3連休?( ̄Д ̄;)

えーっと・・・・そー言えば・・・・

今週も3連休なんですってね?( ̄Д ̄;)ハァ・・・

なんか異様に3連休が増えてますが(´~`ヾ)

ほぼ休みなしの私にとっては無関係(むしろ、金融機関が

休まれる事が困る)だし、こうも連休が多いとワクワク感が

目減りしちゃうようにも思うんだが・・・ ( ̄~ ̄;)ネェ?

それはさておき・・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラは新改良のレジポシェットにも着手。

お札のサイズやコインの直径が決まってるので

バランスが難しいのですが・・・φ(°ρ°*)エーット・・

機能はそのままで、最新型は真四角のスクエアになる

工夫を施してます♪(≧∇≦)bイェイ!

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラの透明アクリル板採用の折り畳み式什器も

いよいよ本体構成も大詰め!(*´д`*)イソゲェ!

まだ天板も中段&背面板も途中ですが(´~`ヾ)

最終的に、こー言う感じに何も工具を使わず簡単に

ペッタンコに畳めるように設計&工夫を凝らしてる

トコロです♪(≧∇≦)bガンバルルー!♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

オーダー品の・・・スタンダード3段シャビー白の

製作にも着手!(*´д`*)ヒィ!

アレもコレも同時進行で頑張ってまーす♪

(≧∇≦)bイェイ!

レジ・ポシェットの完成です♪

お盆も終わりですが、まだまだ残暑が

厳しいですね。(´~`ヾ)

えーっと・・・先に宣伝(≧∇≦)b

期間限定ネット販売企画「お盆バーレ2018

20日(月)まで開催中です♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

オーダー品のレジポシェット(ピニー色)が

完成でーす♪ヽ( ´ ▽ ` )ノオマタセー♪

中身はウォールナット色の中仕切りが2層構造。

(≧∇≦)b

2層と言うのは、こーやって中仕切りは

全て抜き出せるって意味ね?(≧∇≦)bイイネ♪

中仕切りを抜けば、仕切り無しポシェットにも

使えますね♪

んで・・・・

こー言う風に、下層にお札2種類、上層に

3種コインとお札1種(もしくは電卓&筆記用具)

が入ります♪(≧∇≦)bベンリ♪

ポシェット紐はワンタッチで取り外せるので

レジ設置時には邪魔にならず、また蓋が

この角度で止まるので、お客様から中身が

見えません♪ヽ( ´ ▽ ` )ノスンバラスィ♪

今回は屋号ステンシルは無し。シンプルに

ピニー色です♪

依頼者さま♪お待たせしました。OKでしたら

ご精算&発送に移行させて頂きますね♪

んで・・・・同時に

ナチュラル色&モスグリーンストライプ紐の

バージョンと・・・

ウォールナット色&こげ茶ストライプ紐の

バージョンと・・・

バリサンダ色&黒の単色紐バージョンと・・・

ウォールナット色&モスグリーンストライプ紐の

バージョンも予備製作で、後日カート掲載します

が・・・・

ちょっとした問題と言うか(´~`ヾ)( ̄Д ̄;)エッ?

今まではは、この手持ち~肩掛けまで自由に長さ

調整式のオリジナルの手作りストラップ紐を

実姉apoisに特注製作して貰ってたんだけどぉ・・・・

(´~`ヾ)アザース

ご存じのように、今季で実姉は手芸屋を辞めるのでぇ

( ̄~ ̄;)ソウソウ・・・

ナスカン金具やベルト紐の仕入れも無い。( ̄Д ̄;)アッ・・・

つまり・・・今後は入手できないの┐(´д`)┌

作ろうと思えば、市販の汎用ストラップを仕入れるしか

方法が無くなるので、コストUP値上げ&カワイイ

配色ストラップは、今回ロットのみです。

(´~`ヾ)ソッカァ・・・

また、別のオーダーでキャンバス頒布生地を

使ったオーダーも頂いていますが、今後は、

それらの(布地を使った実姉apois頼み(* ´艸`))

が出来なくなっちゃうので、ご理解を♪

( ̄~ ̄;)ソッカァ・・

縫うくらい頼めば縫ってくれるけど、業務仕入を

もうしないので今までみたいな融通は利かないの。

┐(´д`)┌シャーナイ

レジ・ポシェットの付属ストラップ紐は、

コレが実姉apois製の最終ロットなので欲しい!って

人は早めにメールでもOKですヨン♪(≧∇≦)b

アツサニメゲズ・・・

うひゃー・・・今日も暑い!(*´д`*)

朝からドバーッっと汗をかいちゃうので

昼ごはんに帰宅してシャワー浴びて来てます。

(* ´艸`)ズル?

んで・・・昨日、|ω・‘)・・チラリとお見せしたあられ組み。

もうご存じだとは思いますが(* ´艸`)アハハ

組み合う事で接着面積が増え、高精度で強靭に

接合出来る(今や得意技となってる)アラレ組み。

ただ・・・・あんまり知られて無いけど、アラレ組みの

本当の難しさは噛み合わせを高精度に切り合わせる事・・・

ではない。( ̄Д ̄;)エッ?

コレは、レジ・ポシェットの為に、中にスッポリと

入るサイズピッタリの内箱が入るのね?

アラレ組みと言うのは、互いに切り欠いて、

ピッタリに嵌め合うんだけどφ(°ρ°*)チマチマ

「ソレが出来て当然」だとして( ̄Д ̄;)エッ?

その次に噛み合う「切り欠きの深さ」で内寸が

決定してしまうの。ピッタリ組み合わさる=微調整が

全く利かないので、嵌め込んでピッタリ合った、

そのラインがそのまま完成寸法になるの。

β(□-□ ) フムフム

作んないと判んないと思うケド、切り欠きってのは

入らないと全部やり直しになっちゃうから、慎重かつ

「少し(マージン的に)深く加工しておきたい」の。

だけど、少しでも深く切り欠くと、合わさった時の

内寸が縮まってしまう。

Σ( ̄ロ ̄lll)アッ!ソーカッ!

そう。つまり、この「融通が後から全く利かない」のが

アラレ組みの本当の難しさで、更に高精度に組むと

木工ボンドの水分の膨張ですら嵌めるのが大変になるから

正に「事前にシッカリ高精度に加工出来てないとダメ。」

┐(´д`)┌

だから趣味木工レベルでも聞かれるけど、あまり

お薦めしないのは「製品として通用する加工精度」が

そもそも無いとグダグダになっちゃったり、組むには

組めたけど、その箱の寸法精度が低い。本末転倒って

事になっちゃう。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

逆に言うと、だから安価な既製品のアラレ組みは

(加工クリアランスを多めに見てるので)グダグダの精度で

しか組めてない。いや、組みようが無い。

板厚の誤差にも(噛み合い深さが)直結しちゃうから

連続して同じモノを作る以外には精度の確保が

実に難しいの。

んま、それを5~6個の少ロットでも

「出来るようにしてる」ってのが、ミソであり

手作りならではの小回りの良さなんですけどね?

(* ´艸`)

んで、アラレ組みだからこそ、こーやって角を

可愛く丸められる♪って訳。(* ´艸`)ウンウン