平面強度の難しさ(* ´艸`)

えーっと・・・・

つ~訳で(≧∇≦)b直径1m超えの円形キャンバス。

(≧∇≦)b

最終的に4枚製作するので、時間が掛るφ(°ρ°*)チマチマ工程を

先行して進めて行きまーす♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

先ず、計算して、実際に原寸大台紙で測定確認した

ピースをシビアに正確に切り出し

φ(°ρ°*)チマチマ

それを「雇実(やといざね)」と言って両側に切り込みを

入れてサネを差し込んでφ(°ρ°*)チマチマ接着して行く・・・・

(*´д`*)フゥ

外周で合計24ピースある「角度も長さもピッタリに」合わせて

行かないと真円にはならないので、かなーりシビアな作業です。

(´~`ヾ)フゥ・・・

それでも机上計算通りには行かない誤差が必ず出る。

ましてや木は必ず伸び縮みしますし、ほんのコンマmmのズレが

円周全体に及ぶと、修正のしようがない。だからその都度

確認しながら&微調整して・・・φ(°ρ°*)チマチマ難しいの。

( ̄~ ̄;)ソッカァ・・

それを今度は3ピース×2→で4分の1円。それを×2で半円。

常に微調整しながら・・・φ(°ρ°*)チマチマ

その半円を合体させると・・・・(´~`ヾ)フゥ♪

やっと円形になる。もっと幅広の木板を使えば

ピース数は減らせるけど、強度に貢献しない余分な重量が

増えるのと、コスト的に圧迫してきますからね。

(´~`ヾ)ソーイウコト

んま、コレも木製車輪や睡蓮鉢の円形組みで習得した

独自技術。木工の面白いトコロは、コレが正解では無いし

私なりの作り方で、誰に学ぶものでもググっても載ってませんw

(* ´艸`)アハハ

んで・・・原寸台紙に乗せて見ると・・・・

バッチリ!(≧∇≦)bサスガ!

なんで、こんな面倒な作り方をしてるのか?っと言うと・・・

例えば、最後にベニヤ板を貼るんだから、ソコに

貼って行けば良いんじゃね?とか思うかも知れませんが、

こー言う薄いパネル物は「平面強度」が命にゃの。

ベニヤ板とて、平面が真っ直ぐでは無い。微妙に反ったり

捻ったりしてる。シナベニヤでも24mm極厚でも、単板で

全く反りの無い合板なんて実は無いの。

┐(´д`)┌ソーイウコト

もし、それを当てにして完成して・・・・ベニヤの反りなりに

僅かに歪んでたら?こんな薄い平面の曲がりは修正しようがないの。

( ̄Д ̄;)ソッカァ・・

建築だったら、しっかりとした土台(骨組み)に貼り付けて行けば、

多少、板が反ってても・・・修正が効くんだけど、木工の場合は

それ単体で何処にも頼るトコロが無い。

例えば・・・机の天板が僅かに反っててコケコケしてたら、

もう無理矢理、曲がったなりに浮く脚に合わせて3脚を切ると

でも、そうすると天板は反ったままになりますよね?

( ̄~ ̄;)ソッカァ・・

単板で修正のしようがない薄い平面は「平面強度」が命で

それは貼るモノに頼るのでは駄目で、骨組の時点でシッカリ!

真っ直ぐのペッタンコの平面じゃ無いとダメなの。

つまり・・・こー言う事。ヽ( ´ ▽ ` )ノ

輪っかの状態で、既にピシッ!っと真っ平の強度が出てる。

(* ´艸`)スゲェ!

コレ・・・簡単そうで無茶苦茶難しい事だったりします。

その辺のキャンバス画材屋より良い仕事してますゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

こー言う事を独学で工法から加工方法まで、全部自分で

アレコレ考えながら創るのが・・・難しいけど面白い♪

それから・・・今度は中心を支えるセンター骨組み。

コレも90度ピッタリじゃ無いと駄目だし、ぺったり

正確な平面にならないといけない。それから骨を支えるので

縦にも横にも、カナリの強度が無きゃいけない。

β(□-□ ) フムフム

んで・・・それらをφ(°ρ°*)チマチマ高精度に合体させると・・・・・

コレで直径1m(小さいサイズ)×1枚の骨組みは完成♪

後は、この正確な平面にシナベニヤを貼れば1枚は完成。

逆に言うと・・・もう少し大きい直径1160mmを

あと3枚も創らなきゃいけないんですけどね?

(*´д`*)フワァ・・・

ほんで、再び・・・この平面精度&強度♪

最終的にシナベニヤ板を貼る訳ですから出来るだけ

骨組みは軽く。実は指一本で提げられる軽さです。

ヽ( ´ ▽ ` )ノスンバラスィ♪

軽くてスリムで真っ平で円・・・・

単純なようで、無茶苦茶、超~高難易度にゃの。

(´~`ヾ)ジツハネ?

んま、文化祭に使う程度だったらベニヤをドーナツ状に

くり抜いても似たようには出来るけど・・・・

コレは画家さんですから、絵を描いてギャラリーに飾る訳です。

つまり、円形の場合だと、吊るしか方法が無い。円パネルの場合は

センター吊り金具1本に全ての自重が掛かります。

( ̄Д ̄;)ソッカァ・・・

前途のような、やっつけ粗雑なwなんちゃって作りだと

重すぎて無理だし、へにょへにょだと画家さんも描きにくい。

(≧∇≦)bナルホド!

誰が見ても、コインを大きくしたような円形のパネル。

軽くて、しっかりしてるし、ペタッっと置いても何処も

反ったり捻ったりしてない。誰もがそうであろうと言うのが

実際に製作すると、DIY木工や、そんじゃそこらの建具屋では

作れないほど難しい。

しかも特注サイズで、ひとつずつの手作りですが、高精度で

カナリ低価格です。(≧∇≦)bイェーイ!

んま、こんな裏面なんて、依頼者さんも到着時のみ。

後はパネルを貼った面から描く訳ですし・・・・

言ってしまえばギャラリーや美術館の人しか見ないかも

知れないけど(* ´艸`)

これだけ軽くてシッカリしてて、どんなサイズでも

対応してるから(もう作れる職人もドンドン減ってるから)

妙に・・・私にお問い合わせが多い訳です。

( ´,_ゝ`)プッ

最終的に板を貼って、周囲を真円に刳り抜いちゃうと

見えなくなっちゃうのですが、しっかり作ってます♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノイェーイ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です