LEDスポット・ライト

えーっと・・・オーダーで展示に使う什器の事で

LED照明のスポットライトでβ(□-□ ) フムフム

「狙った位置にピンポイントで照射出来るのか?」

つ~事の説明(≧∇≦)b

先ず、美術館やギャラリーさんには、壁と天井の際に

「ピクチャーレール」って金属溝が良く施されています。

β(□-□ ) フムフム

内装をやってた関係上、前の軽天の仕事でも、この

ピクチャーレールを取り付ける事が多かったです。

(´~`ヾ)

具体的には、逆Tスロットル溝のあるレールで、天井の壁際、

(壁と天井の)見切り代わりに強靭に取り付けます。

その後から天井ボードを貼るので、天井にレールが埋まってる

感じに見えます。β(□-□ ) フムフム

んで、この逆Tスロットル溝に専用金具でワイヤー吊りやらを

任意の位置に固定できる。便利なレールです。

一方、コレとは違って、同じく逆Tスロットル溝で通電する

証明用の照明(電源)レールってのもある。

コレは溝の中に電極が入ってて通電。その溝に合う専用照明

で「コンセント要らずで」スポットライトを吊るして

任意の(天井側の)位置から狙って照射出来ます。

(≧∇≦)bスゲェ!

この設備はギャラリーさんや美術館に設備されてる事が多い。

β(□-□ ) フムフム

んで・・・この照明レールに専用のスポットライトを設置、

その位置からピンポイントで開口穴に狙えるか?って言う話。

( ̄Д ̄;)エッ?

トコロが「狙えるか?どうか?」は、その照明設備の性能に

依存しますよ?って言う話なのですが・・・説明がややこしいので

ココで画像を交えて説明します。

(´~`ヾ)ソーイウコト

コレは安価なLEDスポットライト。

見て判るように指向性のLED球が沢山ある。

これだと、放射状に照らすには良いけど、裾が広がるので

ピンポイントに穴を狙う。ってのは無理。

┐(´д`)┌

バァーっと当たっちゃうし、暗い壁際だと放射状に

照らしてるのが見えちゃうし、さっき言ったピクチャレールと

同軸では無いので、壁際直下には照らせない筈。

(ピクチャーレールが壁際で照明レールは大抵、照射角度分、

壁から離れて設置されてる筈)

んで、設備に寄ると言うのは・・・・

コレは私物のカンテラ。頭につけて照らすライトですね。

コレは高価ながら・・・レンズになってるでしょ?

一眼レフのように側面にダイヤル式のピント調整が

備わってて・・・・

こー言う広角照射から・・・・

こー言う狭くピンポイントで狙える。

狙って・・・っと言うのは、この事だと思いますが・・・

コレが照明レール用だとナカナカに高価。

普通は絵画など大きく柔らかく照らすので、こー言う

レンズ式の照明設備があるか?は疑問にゃの。

β(□-□ ) フムフム

しかも、コレは最大値でだいたい30センチくらいの距離しか

飛ばせてない。これ以上調整出来るのがあるのか?どうかも不明。

┐(´д`)┌シランケド

つまり天井から1m前後下がった位置に吊り下げた穴の中に

ピンポイントで照射出来るか?

つーと無理。レンズ機能だと光の輪郭がプリズムみたく

ぼやけるし、そもそも、そんな照射が必要があるのか?

つーと・・・普通のギャラリーさんは使わない筈。

β(□-□ ) フムフム

っとなると・・・(レンズタイプの高性能LEDスポットライト等)

ソコの照明設備に依存する。って訳。

(´~`ヾ)ソーイウコト

面白いアイデアですが、それなら照明を什器に居込むか?

絵画展示のように斜め上から普通にスポットライトで狙って

照射した方が賢明だろうな?っと言う感じです。

いざ、什器に穴を開口して・・・ソコを照明で狙えない・・・

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーンっとなると元も子も無いので(´~`ヾ)

ご理解を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です