ダボ用センター

えーっと・・・

着実にφ(°ρ°*)チマチマ4脚分の脚パーツを進めてますがぁ

以前に書いたように、今回の接合は8mmダボ結合。

(≧∇≦)b

結合する両方のパーツに正確に8mmダボ穴を開けて

・・・ダボ(木の棒)で内部で貫通してボンドで

ガッシリ結合してる訳です。

β(□-□ ) フムフム

んで、合わせる面同士のダボ位置を正確に合わせるのに

こー言うダボ用のセンターポンチってのがある。

コレは6mmダボ用で、今回のよりも細いサイズ。

( ̄Д ̄;)ヘェ・・・

キッチリ寸法合わせれば、ピッタリに穴位置も合うんじゃないの?

っと思うかも知れませんが、ホンの僅かにでもズレると

当然、接合面もズレる。並列2連ダボ打ちだと余計に

コンマmmズレただけでもピッタリ合わなくなるのよ。

┐(´д`)┌アウトー

特に片側が木口(切り口)になるので、余計にズレやすい。

( ̄~ ̄;)ソッカァ・・

そんな時に、合わさった時に確実にピッタリ相手側の穴の

センター位置に印が出来れば、凄く簡単。

っで、センターポンチが良いんだけど(市販はされてるけど)

たまたま私が8mmダボ用を持ってなかったのでぇ・・・

ボルトから8mm用を自作しました。(* ´艸`)ニャハハ

市販品を買っても400円くらいだったかな?

んま、自分で創れるので。

(´~`ヾ)

単純に8mmの穴に入るお尻と引っ掛かるツバ、んで

そのセンターに突起があれば良いんだけど・・・

実は、ダボ穴ってのは8mmで8mmジャストでは無い。

7・8mm穴とか、ホンの僅かにキツくなってるモノなの。

市販のダボ用センターは、ココが少しだけ緩くて・・

この誤差たった0・2mmね?コレがダボ穴のズレ、ひいては

パーツ接合面の微妙なズレを生んじゃうので・・

ココがピッタリ合うように誤差なく自作したって訳。

(≧∇≦)bバッチリ!

使い方は至って簡単♪

片側にダボ穴を開けて、ピッタリのダボセンターを入れて

ピッタリにパーツ同士を合わせて・・・ポンと叩くと・・・

こー言う風に向かい合わせのダボ穴のセンター位置に

マーキング出来るって訳。(≧∇≦)bナルホド

んま、コレを各接合部、2連ずつ施すので地味で

気が遠くなる作業なのですがぁ・・・

片側のマーキングを省ける&正確に移せる恩恵はデカい。

(* ´艸`)ウマウマ

んま、まだ他の構成パーツ&オットマン2脚もあるので

ボチボチ、着実に進めてまーす♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノガンバレー♪

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ!

コチラはベース構成が完成。周囲の額の製作に入りまーす。

(≧∇≦)b

んで・・・同時オーダーの10箱の展示BOXも・・・

φ(°ρ°*)チマチマ同時進行。引き出しじゃ無いですよ?

横向けてますが、穴が上になるBOX状です。

(≧∇≦)bニャハハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です