染料塗装→顔料塗装

先日から、何をやっちゃこっちゃ言ってるのか?

って言うと・・・・(* ´艸`)ニャハハ

先日、お見せしたサンプルの既製品椅子。

コレは、他の多くの既製品家具と同じく木材表面に

ほぼ黒にこげ茶が入った「顔料」で塗装してる訳です。

β(□-□ ) フムフム

んで・・・(≧∇≦)b

私の良く施してる塗装はキシラデコール(アルキド染色塗料)は

染料なのね?β(□-□ ) フムフム

「顔料」は、簡単に言うとペンキや絵の具、ラッカースプレー

とかで、色の粒子(アクリル)そのものが大きく、表面に

その粒子の「塗膜」を形成して発色してます。

簡単に言うとガリガリと塗膜を剥がせば下地が丸見え。

β(□-□ ) フムフム

一方、染料の場合は、墨(ぼくじゅ)みたいなモノで

素材そのものに染み込む事で着色します。

アルキド染色の場合は、それが重合し素材表層を巻き込んで

塗膜となる。

ただ、染料は顔料より遥かに隠ぺい力が低くて「透ける」

とも言えて・・・・色相的に深みが出るのね?(≧∇≦)b

(それが木目が透ける独特の着色が出来るのですが)

っが・・・・今回の場合・・・・

こー言う風に(明らかにブラウン寄りの)バリサンダ色で

着色して、その上から半黒スモークで落ち着かせようと

してたんだけど・・・これだと、どうしても光の当たり方で

茶系が際立つ。

なんつーか、キャンディーカラーみたく、塗膜を積層

させると、奥行きが出て良い反面、元の希望色と色味の

ズレが起きる。半分透かした状態で積層着色するので

色ムラ(着色具合によって)が出てしまう可能性も高い。

β(□-□ ) フムフム

だって、参考サンプル(ご希望)は顔料塗装なんだしね?

( ̄~ ̄;)ソッカァ・・

なので・・・染料の茶系から黒っぽく寄せるのでは無くて・・・

顔料でそのまんまの着色をした方が、見た目の違いが出にくい。

β(□-□ ) フムフム

つ~訳で(≧∇≦)b

テストショット(≧∇≦)b

画像右の長いのが比較用のサンプル。

んで、短い木が沢山並んでるのが、顔料で塗装し

直した構成パーツ。

んね?殆ど色の差が無くなったでしょ?β(□-□ ) フムフム

じゃあ、やっぱ、コッチ(顔料)だよね?つ~事で・・・

全パーツを(サンプルから調色した黒に近いこげ茶)の

顔料に塗り直しφ(°ρ°*)チマチマ( ̄Д ̄;)エッ?

最終的にほぼ同等の半艶に仕上げるのですが・・・・

手前に立ててるのが、例のサンプルです。

(ちょっと足の踏み場も無くなっちゃってますが(´~`ヾ)

ぜーんぶのパーツを顔料に塗り直してまーす♪

(≧∇≦)bソレェー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です