シレーっと(* ´艸`)

えーっと・・・恒例の事ながら準備不足で

バタバタしつつ・・・(*´д`*)ヒィ!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

クラフトらふ商品購入サイトにて「お盆バーレ2019」を

シレーっと開催しました♪(* ´艸`)ニャハハ

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラゞ( ̄∇ ̄;)テ・テメェ!

これまた、毎年と同じく全然準備が間に合って無いのでぇ

(´~`ヾ)タハハ

お盆休みの開催期間中にドンドン!カート掲載していくと

言うグダグダのスタイルですっ!お楽しみにネ♪

(≧∇≦)bギャハハゞ( ̄∇ ̄;)コノヤロー!

んでからぁ・・・・(≧∇≦)bツギィ!

またまたワガママ実兄からのご依頼で・・・

某Youtuberがボトルを使ったスピーカーの作り方を

UPしてたのを観て「作りたいっ!」っと思ったらしい。

んま、実際には、ラベルを剥がしたり、円形にくり抜いたり

ビス穴を仕込んだり・・・っと結構、厄介。

( ̄~ ̄;)ウムム

当然、自称DIY好きと言いながら・・彼に出来る筈も無く

(出来ないのでは無い。初めて見よう見まねで100%

成功を望む方がオカシイのですが、コレがDIYの実態w)

┐(´д`)┌

んで、こんな大きな業務用ボトルを2本!空にして

スピーカーセットまで買っちゃって・・・・の

自分で作らんのかいぃー (#`Д´)ノノドテーッ

つ~訳で「作って (人ゝω・)」って事らしい。

( ̄~ ̄;)ウムム

ただ・・・その某Youtuberさんの製作動画を見せて

貰ったけど、明らかにこなれてる。(・∀・)ニヤニヤ

作業が・・・っと言うより「何回か?作ってあるな?」

って感じが見て取れる。

┐(´д`)┌ソーイウコト

逆に言うと「何々を創ってみた」「◎◎をやってみた」

と言う系統は、実はものすごく仕込み量が多く、入念に

練ってから動画撮影してる。

だからこそ、簡素に失敗無く、「誰でも頑張れば出来そうに」

見えてる訳です。(* ´艸`)

こりゃあ難しいだろうなぁ?っと予想できるのは、

一旦、純正のラベルを全部(熱を与えて)剥がして

ガラスに穴を開けてから、再度貼り直すと言う作業。

実際、ガラス瓶の耐水ラベルの大半は熱を与えながら

ジックリ時間を掛ければ剥がせるのですが、再度貼れる

粘着力を残して剥がすとなると・・・

そりゃもうカナリ難しい。簡単そうにやってますけどw

ただ・・・経験上、ガラスをダイヤモンド蒸着円カッターで

くり抜くのは、別に水中じゃ無くても水を掛けながらでも

くり抜けるし(恐らく、動画中で水中で切ってるのは、

切子の散乱防止&抜いたガラスが落ちてわれないように&

ガラス切削の大きな振動音を回避する為だと思われます)

ラベルを剥がさずにガラスを円にくり抜ければ、それに

越した事はないんじゃないかな?って事で・・・

専用の治具を製作。カポッ!っと嵌る治具で

ダイヤモンド円カッターの位置決め&切削ガイドを

兼ねてます。

コレで水を垂らしながら紙ごと切っちゃえば、ラベルも

剥がさなくて良いし、失敗が無い。

代行製作としてお金を頂戴するんですからね。(* ´艸`)

つ~訳で・・・

はい。実は既に成功してます。(* ´艸`)ニャハハ( ̄Д ̄;)エッ?

この続きは、また次回にでも載せますが、要は

真似るだけのマニュアル人間じゃあ駄目だし・・・・

なぜ駄目で、なぜそうしたか?動画の意図が見抜けてれば

私にとっては簡単に出来る。んま、素人DIYの実兄では

無理かも知れないけど・・・・(´~`ヾ)

↑ココね?ココの(出来ない事を代わりにする)

技術差に工賃が発生してるので、シッカリ見極めないと

赤字になったり「代わりに創らさせた」だけに終わっちゃう。

┐(´д`)┌

つまり、自称DIYで「この位、簡単じゃねーの?=

もしかして千円くらいで?・・ (人ゝω・)」では

┐(´д`)┌話にならず・・

代行製作する意味、そのものが無いって訳です。

(* ´艸`)ソーイウコト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です