漆モドキ塗装

えーっと・・・先日、譲って頂いた純和風な

小道具の数々、その中で用途不明の和道具ですがぁ・・

ボロボロに痛んでるので、漆塗りっぽく

リメイクしたいんだけどぉ・・・

漆塗りはマジで難しいので(´~`ヾ)

漆塗りの美しさって素因数分解すると・・・

シッカリと木地を磨いて、木地固めと言う下地処理で

ツルツルにして、何度も漆を塗り込んでは磨いてを繰り返し

独特なぷっくりとした照りと光沢を生みだす。

β(□-□ ) フムフム

んま、漆オール(ラッカーゼ)が空気中の水分と重合して・・・

なんて難しい話は抜きに、簡単に言うとスベスベ滑らかな

下地とプックリ感と光沢が出れば・・・・

漆塗りっぽい近い仕上がりに見えるのでは?って言う

伝統を愚弄しまくったお馬鹿な発想w

(* ´艸`)ニャハハ

んで、先に凹んだり剥がれたりした木地をパテ埋めして

磨き倒してφ(°ρ°*)シコシコ

黒色のサフェイサーで硬質でぷっくり感が

出るように塗装してみた。後は再度水研ぎを

繰り返し、クリアー層で濡れ感が出せれば

漆塗りっぽい(遥かに頑丈な)塗装になりそうかな?

(* ´艸`)ニャハハ

一方、折り畳み式アクリルショーケースは

背面扉が出来上がって最終塗装→乾燥ちう。

ヽ( ´ ▽ ` )ノモーチョイ!

んでからぁ・・・(≧∇≦)bツギィ

長らくお待たせしてますがぁ(´~`ヾ)ゴミーン

高さ900mmのCDラック収納BOXも乾燥ちう。

あー・・・コレの途中工程は載せて無かったかな?

(´~`ヾ)ワスレタ

んま、乾燥ちうで、後、取っ手を付ければ完成なので

もう少し待っててくださいませ。 (人ゝω・)スマーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です