プラスチック溶着機

えーっと・・・以前、PPやPVC、ABSなどの

プラスチックのハンダコテを使った溶接方法を掲載

しましたがぁ・・・・

β(□-□ ) フムフム(≧∇≦)bアレネ?

今回は・・・・自動車&バイク屋さん御用達の画期的アイテム!

プラスチック溶着機を買ってみた。

DIY程度なら前途のハンダコテ応急処置で良いけど

もう少し強靭に付けたい場合、またはバンパー修理や

スクーターのカウルなんかをシッカリ(お金貰って)

修理する用の修復方法と言うか機械の話。

10年以上前に鈑金屋さんで流行ってたのは知ってたけど

当時は結構なお値段がしてて高嶺の花と思ってたが・・・

米国発祥だけど、生産は中国ですからね?

(* ´艸`)

Amazonで4500円くらいで売ってたのでw

コレが溶着機。あと、ステンレス製の接続ピンと

カットする用のニッパーも付属されてます。

ミソなのが、このグニャグニャに曲げられた

ステンレス製ピン。(単品でも買えます)

コレをプラスチックの割れた部分を繋ぐように

埋め込み、このステンレス線がスプリング特性を

兼ね「しならせられる」修理が出来るのが売り。

(≧∇≦)bスゲェー

モチロン、接合部にステンレス線を居込む訳だから

強度もシッカリ上がります。

使い方は簡単で、二本の通電間に接続ピンの

端部を差し込んでセット。セットはコレで完了♪

ピンは波状やカギ状、90度曲げ用とか数種類あって

溶接個所に応じて使い分ける感じ。

んでね?ココが普通のハンダコテみたいな熱で

徐々に熱くなる・・・なら私は買ってないw

コレね?ニクロム熱線と同じ原理で、スイッチを

押して通電させると2秒でピンが真っ赤に熱せられる。

(≧∇≦)bスゲェ!

この熱いステンレスピンをそのまま、プラスチックの

割れた部分に押し当て、溶かして内部に埋め込むの。

β(□-□ ) フムフム

そーする事で、周囲のプラスチック同士が溶けあって

溶着し、しかも内部に補強ステンレスがシッカリ埋め込まれる。

後はグニャグニャに爛れたプラスチック面をハンダコテで

熱しながら滑らかにして・・・機材からピンを外して

外したピンだけ飛び出てるからニッパーで切るだけ♪

(≧∇≦)b

さすが!アメリカ発想。だけど実に理に適ってて便利。

割れたバンパーとかカウルも(見えない)裏面に、この

溶着補強を施した後に・・・ハンダコテ補修やパテ補修

すれば「しなるのに割れない」プラスチック同等の強度が

シッカリ出た補修が出来る。

画期的でしょ?特に、カバーになってるとか、ヒンジになってる

嵌め込み式や、バンド状になってて、何度もしならせるような

補修に便利。(≧∇≦)b

まぁ・・・殆どの鈑金屋さんも持ってる筈。全員が個人で持つ

必要は無いけど、仲間内の誰かが持ってると便利なので、私が

修理するにも、仲間に貸すにも・・・で買ってみた♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

こー言う便利なモノがあって、ネットで誰でも買える時代。

本当に便利だなぁ?っと痛感しますた♪

(* ´艸`)ウンウン♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です