合皮貼り完成♪

えーっと・・ナカナカ手間取っておりますがぁ・・

ベッド床&サイドパネルのクッションシート合皮貼りが

やっと完了♪(´~`ヾ)フゥ・・・

合成革貼りは、割と簡単な筈・・・なのですが

今回のベッド床はミシン目の無いフラット全面なのに

加え、通常のクッション&シート貼りと大きく

違うのが・・・・

着脱可能なので、裏面もキレイじゃ無いといけない事。

( ̄Д ̄;)アッ・・・ソッカァ・・

コレは合皮を貼った事のある人は判ると思うけど

布地などと同じで引っ張りながらテンションを掛けて

貼って行くんだけど・・・普通は裏面は見えないので

(引っ張った分の)裏はシワだらけになってしまいます。

( ̄~ ̄;)ウムム

しかし、今回はサイドパネル側は蓋として開くし、

ベッド床も3分割で着脱が可能。つまりオーナーさんが

裏面を何度も見てしまう。

┐(´д`)┌ソーイウコト

バイクのシートやソファや椅子の合皮貼りは裏が

見えない分、割と簡単ですが・・・

コレが今回のご依頼の難しいトコロw

(´~`ヾ)ソーイウコト

だから、四辺に引っ張りテンションを掛けつつ

折り返した裏面をピシッ!っと揃えて貼る作業に

専用治具と相当な時間が掛かってた訳w

φ(°ρ°*)チマチマ

それと、ピッタリ寸法で尚且つ角が曲線ながら

シッカリとピシッ!っと出て無いと駄目なので

まぁ相当に難しい貼り方を実践してますw

(* ´艸`)ニャハハ

逆に言えば、もう余程の変則じゃない限り

何でも合皮貼れる自信はつきましたw

んでからぁ・・・

ベッド床(3枚)と中間棚板(3枚)敷くので

それらを支える専用の鉄アングルも加工&塗装中。

これら全部私の手作りで作業が多く、製作時間が

掛かっちゃいますので、どうかご理解を♪

ナカナカに「普通では出来ない事」を「ワンオフ」で

創るので設計&アイデアに自由度が高い分、全ての

構成も、付属のパーツも全部私が作るので・・・・

「世界にひとつ」で「どんな箇所でも修理が可能」

の利点と同時に「圧倒的に手間暇が掛かる」w

ついつい「既製品パーツ使えば?」っと言うのも

判るのですが、それが規格サイズで無かったり、

通常と違う応用の使い方をしたりでコストを下げてる

ので・・・

例えばスライドレールやキャスターは少なくとも

一か所原価コストで¥1000以上しますし、

例えば、今回のレールもアルミやステンレスの

スライド受けバーを使えば一本¥2000越しますw

それが4本で単純にこのレールだけで¥8000で

しかも加工が必要だったら・・・んね?

β(□-□ ) フムフム

とは言っても鉄アングルでも一本¥900くらいは

掛かっちゃうから劇的に原価コストが落とせるけど

手間も原材料費も掛かるので・・バランスを見てですね。

(* ´艸`)ニャルホド

こー言う風にコストカットって少しずつの蓄積でしか

下がらないので「ソコは頑張って貰って・・ (人ゝω・)」

とかじゃあ無い、相当に難しい事をやってるのかも?

(´~`ヾ)ニャハハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です