チョコチョコと(* ´艸`)

毎日、木工製作も続けてますがぁ・・・

オンボロ小屋アトリエでは日中40度超えの猛暑。

(*´д`*)アヂアヂ

因みに・・・クーラーや、せめてスポットクーラーでも

導入してみては?っと言う意見も頂きますがぁ(´~`ヾ)

クーラーなどの熱変換機を使うと言う事は、当然、

冷やす温度よりも大きな排熱も出ますし・・・

木の粉塵で壊れるでしょうし・・・そもそも湿度を

下げ過ぎると木材が割れたり反ったりしやすくなるの。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

っと言うか、高い光熱費と環境破壊してまで、暑い日中に

無理して作業する必要は無いので(´~`ヾ)

午前中までで一旦帰って、夕刻、涼しくなってから再開する

夏シフトで作業してます。

(≧∇≦)bニャハハ

っで・・・猛暑を避ける為に日中は

高野山とかバイクでフラーっと走ってます。

バイクは走れば風が出来るので、ヘルメットを被れば

猛暑もなんて事なく涼しく走れるの。

今日は珍しく花子(嫁)も午前中で仕事明けなので

2台でフラーっとバイクの練習に付き合った。

っで・・・奥の院の駐車場で休憩してると・・・

・・・ん?正面の小高い丘のてっぺんに

(画像中央右寄り)小鹿2匹連れの鹿を発見!

(Ф∀Ф)カワイィ最近、老眼でめっきり視力は落ちてる?

のに遠くはメチャクチャ良く見えるw( ´,_ゝ`)プッ

そそっ!高野山には猿も雉も鹿も猪も居ますよ♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

バイクも車検も通ったし、メンテも続けてるので、

まだまだ現役で快調♪

花子(嫁)は基本は出来て来たので、いよいよ

テクニック的な範囲まで練習中。

スピードは出さなくても事故を未然に防ぐ練習は

出来ますし、上達練習するのは事故回避の為で

何だかんだ言っても「事故しないヤツが誰よりも運転が

上手」なのです♪

(≧∇≦)bダイジ!

っで、今はブレーキ操作とセルフステア、それからパーシャル

スロットルと走行ライン、脱出に向けての加速と、

連続したカーブを曲がる基本操作をリズミカルに繋げる

練習。これが慣れるまでナカナカ難しいらしいw

(* ´艸`)ソッカナァ?

重心を移動させてブレーキを放すと、自然とバイクが傾き

セルフステアで向きが変わり始める。

逆に言うと、ブレーキでシッカリ減速してないとブレーキは

離せないし、恐いからと浅くブレーキを引き摺るとバイクは

傾かないし曲がらない。

つまり、素人考えで恐がったりスムーズに操作しようとすると

操作が浅くメリハリが無くなって時間的余裕が無くなる。

この安直罠に嵌るヘタクソなライダーも多い。

スムーズに・・・イヤイヤ、それは操作がノロくて遅れてるだけw

┐(´д`)┌ヤレヤレ

コレが口頭では説明し難いんだけど、やれば一発で理解出来る。

コーナーの先を見る。ニーグリップを忘れない。ブレーキは

タイミングでは無いし握るのでは無くて引く。これら基本が

出来て無いと出来ないし、アレもコレもと頭がゴチャゴチャになって

操作が雑になっちゃう。でも、どれも疎かにしてはいけないし

無意識に出来るように反復して覚えるしかない。

花子(嫁)もコーナーによって、出来たりできなかったりで

まだまだだけど、上手く行った時は「なるほど!こうね?」っと

またバイクの魅力が判って楽しいみたい。

まぁ、基本が出来て入り口に立った程度だけど、ココからは

自分で走りながら上達して行けば良い。別段、あーだのこーだの

言わなくても、どうすれば良いのか?は判ってるから。

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

ただ・・・何でもそうなんだけど、この「真正面から楽しむ姿勢」に

なるまで、色んな人がナカナカ言い訳や文句や都合の良い解釈して

ホントに真正面から楽しもうとしない。

恥ずかしいからなのか?下手な事を隠したいのか?それすら自覚が

無いのか?なんでも良いけど、大人の殆どが素直じゃ無くて、

自分に嘘を付いて言い訳したり誤魔化す癖をナカナカ辞めない。

ズバッっと指摘すると怒るしwだから上達しないのに・・・

別にテクニックで速く走る必要は無いんだけど、そんな妥協

だらけで自分に都合の良い乗り方してると、いつかは事故るw

そんな低い次元では無くて、字が上手く書けたり美味しくご飯が

焚けたら嬉しいじゃん?それと同じで、自分で操ってる感があれば

それが成功体験となって、もっと向上心が勝手に湧いて来る。

「いや・・・別に飛ばさないし・・」っでゆっくり走るにしても

テクニックが無くて良い正当化にはならない。

つーか、そんなのでホントに愉しい?って疑っちゃう。

邪険にしたいんじゃ無くて、この前より上手くなる方が楽しいし

もっと自分の趣味に純粋に没頭できる。何歳からでも上達するし

足が届かなくても非力な女性でも全然、問題無い。

花子(嫁)も「あれ?全然楽だし疲れない。今までは何だったの?」

って感じ。無用な恐怖心が無くなり、危険やリスクがもっと明確に

見えて、避けられる自信がついて来る。

(≧∇≦)b

んま、移動手段としてバイク乗る必要は無い訳だから「楽しい」から

乗る訳で、楽しく無いんなら乗らなきゃ良いだけ。でも、やっと

この位置で、やっと・・・「あー・・・今までリスクと捉えてたモノが

全て憶測、故に無用で、本当は楽しいと両立できるんだな?」って

バイクって難しくて面白い♪って、判って来たみたい。

(* ´艸`)ウンウン♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。