寒冷紗貼り♪(≧∇≦)b

えーっと・・・本日は蘭爺「(〒Д〒)」の屋外生育室の続き。

今日も晴れでポカポカらしいので、いよいよ屋根の代わりに

50%寒冷紗を貼る作業♪(≧∇≦)bイェイ!

っとその前に・・・( ̄Д ̄;)エッ?

先日の画像の右上ね?|ω・`)チラリ・・っと

錆びた鉄骨がグニャグニャになってるヤツ。

どうも、以前(この場所も)温室施設だった時に

通路が2本あって、そのヒサシの名残(鉄骨)らしい。

β(□-□ ) フムフム

ただ、見て判るように機能して無いのに錆びサビで

(過去の撤去工事で潰しかけたのか?)グニャグニャ。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

美観を損ねるのも、そーなんだけど、丁度、今回の

新設屋根の高さと同じで邪魔になる。

( ̄~ ̄;)ウムムなのでぇ・・・・

3.2mm厚鉄骨なんですが、サンダーでスパン!と

切り落としちゃいます。 (#`Д´)ノノチュイィィーン!

んで、スッキリ!ヽ( ´ ▽ ` )ノ簡単そうに書いてるけど、

「こんな頑丈な鉄骨、サンダーで切れるの?」

くらい、ぶ厚く、切った後ね?怪力の私でも

一人では持てない程、ムチャクチャ重いの。

(* ´艸`)ソリャソーダ

蘭爺「(〒Д〒)」ナンヂャトナ?と知恵の輪並みに

なんとか(*´д`*)オモーイ降ろすだけでも大変。

腕が引き千切れちゃうのか?と思いましたよw

( ´,_ゝ`)プッ!アホカ?

んで、コッチも(≧∇≦)b2本ともキレイに撤去完了。

ヽ( ´ ▽ ` )ノスッキリ!

コレで邪魔な不要物が無くなったので、骨組みも

寒冷紗も掛けやすくなります♪(≧∇≦)bイェイ!

んで、端から順に寒冷紗を貼って行く。

判り難いかも知れないけど、屋根の骨組みの

「上から」掛けて上から固定して行きます。

(≧∇≦)bガンバルルー!

ただ、ココの上には足場がありませんし、当然

(乗れるけど)こんなスカスカの骨組みの上には

乗れません。┐(´д`)┌ヤレヤレ

なので、上からバサーッと広げて留めて行くなんて

事は出来ないので( ̄Д ̄;)ソッカァ・・

下から脚立で手の届く範囲分、めくりながら1列づつ

φ(°ρ°*)チマチマ貼り進めて行く、気の遠くなるような作業。

( ̄Д ̄;)ホヘェ・・

固定には、直管に寒冷紗を挟み込んで止める

「パッカー」って言うクリップを併用しながら

(それだけだと空向きに外れやすいので)タイラップ

結束バンドを併用しながら、徐々に貼り進める。

あー・・蘭爺とかだと危ないので、モチロン、全部

私一人でφ(°ρ°*)チマチマ作業してます。

んで・・・(*´д`*)フゥ・・日が沈むまでに何とか

寒冷紗貼りはキレイに完了♪(≧∇≦)b

50%寒冷紗と言うのは、日差しを50%(半分)

だけカットする規格。スモークシールドの「透過率」

と同じような事です。もっと網目が荒いと30%とか、

でも、ココは直射日光がキツ過ぎるので50%カット

の寒冷紗を全面に貼った。って訳。

(≧∇≦)bナルホド!

んじゃあ、いよいよ内部に・・・っと行きたい

トコロだけどぉ・・・ゞ( ̄∇ ̄;)マテマテ!

この解体時の画像の右下ね。側溝が1本あるの。

以前はこの向き↑だったから問題無かったけど、

新屋外生育室は⇔横向きに配列するので、通路を

側溝が横切る感じになる。

β(□-□ ) フムフム

しかし・・・側溝の溝蓋が足りない。

んで、側溝の蓋の話に続きまーす♪

(≧∇≦)bジカイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です