塩化第二鉄エッチング♪

えーっと・・・・余裕がある間に(* ´艸`)色々と

試したい事があるのでぇ・・・

(* ´艸`)ルンルン♪

本日は「真鍮エッチング」ってのを、やってみまーす♪

(≧∇≦)bイェイ!

先ずは、真鍮板にマスキングとして黒色に

スプレー塗装しまーす♪φ(°ρ°*)プュー

んで・・・

ソコに高解像度レーザー焼き印を施します。

β(□-□ ) フムフム

そそっ!高性能の100万円くらいするCo2レーザーなら

透明アクリル板や金属にもレーザーで焼けるんだけど、

私の持ってる35Wごときでは、透明(透過してしまう)も

金属板(反射してしまう)もレーザー焼き印は施せません。

跡すら残らない。そーいうもんですがぁ・・・

こー言う風にスプレーマスキングした後なら、レーザーで

塗膜を剥がす事が出来ると言う逆転の発想で応用。

(* ´艸`)カシコイ!

普通ね?こー言うマスキングは、業者に依頼して「レタリング原版」

を作って貰ってマスキングしたり、レーザー印刷のトナーを熱転写

させる方法もあるんだけど、要は、ココのマスキング原版を

缶スプレーとレーザー焼き印で自分で好きなように創れるって事です。

β(□-□ ) ナルホド

っで、銅版画や電子基板をエッチングする為の薬品、

「塩化第二鉄水溶液」を使います。

これは強酸性なんだけど、サンポール(希釈塩酸)程度

で、そんなに劇薬じゃあない。この程度なら個人で買えます。

(≧∇≦)b

ただ、エッチングで、この水溶液に銅成分が溶け込む、この

液体に溶けた重金属とかが実に環境に悪いので、コチラの

商品は、ちゃんと廃液処理するキットも含まれてます♪

ちょっと詳しい事を書くと、ココに微量のクエン酸を入れると

溶けた銅が沈着しないので、銅版画でポピュラーな「エジンバラ液」

ってのにも出来ます。今回は、そのまま。

ただ、高価なんだけど2~3回で使えなくなるし、空気中の水分で

急速に劣化するので、廃液処理含め、保管はシッカリ確実に!

(≧∇≦)bハーイ!

因みに、今回は銅板や銅が含まれてる真鍮のエッチングの為に

この溶液を使ってます。鉄やステンレスやアルミニウムは不可。

コレとは別の方法でエッチングしますが、また次回にでも。

(* ´艸`)

んで、塩化第二鉄水溶液)エッチング液)に浸す。

あー、撮影用に表向きで撮影してますが、溶解銅が

沈着して反応が止まってしまうので・・・

ゲタを咬ませて、こー言う風に裏向きに沈めます。

他にもエッチング方法やブラストなんかも色々あるのですが

一番オーソドックスな手法で今回は体験して学んでます。

β(□-□ ) フムフム

この際も溶解反応速度を上げたければ40度くらいにまで

加温するのですが、加温させると液の劣化も早いので

温めず初夏の25度くらいの常温で30分浸してます。

コレが30分エッチング進行させた状態。

うんうん♪細かい描写も上手く腐食出来てますね♪

もっと促進させたり長時間漬けると、刳り抜いたり

深く彫れるのですが、浸食し過ぎて細部が潰れます。

加温促進させなかったのは、この為。

十分に時間はあるし焦ってミスると全滅ですからね。

んで、マスキング部分(黒スプレー)をシンナーで

除去したら・・・シッカリ彫れてますね♪(≧∇≦)b

再度、色を塗って磨けば・・・こー言う風に

彫れた部分に色が乗る♪(* ´艸`)カックイイ

コッチは周囲の枠と細かい文字が(*´д`*)アリャリャ

薄くなっちゃってますねぇ?浅い&深いは

エッチング反応の時間に寄るから、こー言う風に

別パーツにして時間を長くすれば良いでしょうね。

んま、個別にすれば、それはそれで切り口全てに

マスキングが必要になるので一長一短なんですけど・・・

(´~`ヾ)

こー言う風に、色々と経験やノウハウは観察&知識で

一回でも学べる事は多いし、改良点も見つかる。

廃液処理は判るけど、エッチング後に液を洗い流す水の

処理は?とか、実際にやってみないと判らない事もある。

如何にテストや実験で濃度高く多くの事を学べるか?

β(□-□ ) フムフム

エッチングを確実に成功させたいのでは無く(成功したけどw)

それによって学ぶ事の方が100倍大事で、もう確実に成功させる

糸口は見えたから、次の事を考えてます。

(* ´艸`)

コレで非力な35Wレーザーでも金属に施せる事は判ったし、

言っちゃえばトナー印刷も出来るんですから、エッチングだけなら

トナーでマスキングする手法もあります。β(□-□ ) フムフム

電解エッチングや、小粒ビーズのウォーターブラストとか

色々な方法があるので、色々と試してノウハウを貯めてるトコロ♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です