誕生日だったらしい

7月25日は毎年恒例の(≧∇≦)b私の誕生日だったらしいw

らしい・・・っと言いながら、ホントは免許の書き換え時期で

今年に限っては、ひと月前から知ってたんですけどね?

(* ´艸`)モゴモゴ

ただ、申告や申請書類など書類に記載する事が多いので

一応、人並みには自分の生年月日は覚えてはいますが・・・

世の中の皆さんが誕生日を祝ったり、自分の年齢を把握してるのと

少し違って、節分や七夕程度?にしか捉えて無かったりします。

皆に忘れられて悲しむと言うよりも自分自身が忘れてる始末w

これは年齢と共にそうなると言うよりは、あまり誕生日を

(正月並みに?)祝う風習が身に付かなかった事と、まぁ

そんなに年齢を気にして生きてないってだけなのですが、

正直、今でも身内や友達に「おめでとう」を言われたら一応

喜んでる風に演じてるけど、ホントは無関心だったりします。

(* ´艸`)モゴモゴ

「生命と言う至上の贈り物を最初に賜った」訳ですからね♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

原始や戦国時代じゃあるまいし、ただ生きるだけに苦難も

生き延びる苦労も殆ど無く、単に生きてるだけで成長できる現代

ですからとか・・・言ったらひねくれ者ですなw

(* ´艸`)

でもでも、私が注目したいのは「誕生日」と言うのは太陽暦、

つまり暦が正確に庶民に伝承するようになった賜物なんですよね♪

うーん・・・話が飛躍してそうですけど、例えば円は360度

ですよね?なんでか?考えた事あります?

( ̄Д ̄;)ハァ・・・

んま、先に答えを言うと・・・・一年365日だからw

円と言うモノの基準を天体(地球)に取ってる訳です。

だから半分は180度で直角は90度と言う独特の進数で

時間と分は60進数、日は12進数です。

要は全て3で割り切れる・・・・尺とかインチもですが

ソコに英主導のメートル10進数を持ち込んだから、

ややこしくなったっと言うのは以前に書きましたよね。

そうなの。天文と数学と言うのは密接に関係してて、それらから

得た英知で「365日後」と言うモノを1年と称して区切りを

付ける。っで実際に地球は太陽を一周してる。自然界や人間の

サイズも個人差があれど、不思議な事に3の倍数に準じてる。

実に面白いですよね♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノヘラヘラ

特に教育上では10進数を進めてますが、実際プールは大体

25m(ちょっと遠い)だったり、長い定規は30センチだったりする。

「えー、全部10進数の方が簡単じゃない?」と思うのは

英国基準の教育なだけで、例えば人間工学や流体力学や色んな

自然界の事象&現象の多くは3で割り切れる進数に近かったりする。

β(□-□ ) フムフム

つまり、10進数が割り切れて心地よいと感じるのは人工物や

人工で掌握できるモノに限られ、実際には不都合で当て嵌め難い。

( ̄~ ̄;)ウムム

だから、人間が入るドア間口は900mmだったり

一般的な天井の高さが2400mmだったり、自動車の幅も

1700~1800mmと大体、人間が絡むと3に落ち着くのw

「だいたい、このくらいで・・」と言うサイズも3で割り切れるw

┐(´д`)┌ソーイウコト

もし日常の12進数を習ってから10と言う数字を学べは、

こうはならなかった筈ですが、長さと言うのは税金&統治性に

絡む重要な尺度ですからね。仕方ないのかも知れないが・・・

幼少期の刷り込みってのは将来の思想根底にも発展する恐い事

ですからね。

(* ´艸`)

まぁ、私に言わせればメートル法は人類の汚点で間違った尺度。

センチなんて中途半端な単位を含めて、余計にややこしくして

当て嵌まりもしないのに、無理やり当て嵌めてるように感じる。

建築も自動車も工業製品や自然現象も全部尺やインチの方が

割り切れるのに・・・残念な話w

(* ´艸`)アハハ

ただ・・・紐解くと、結果論的に「10と言う数字がキリが良い」

と言う思想は、何でも当て嵌める良い子ちゃん思想と連動してて

例えば、モノを創る人や手作り作家さん達なら判ると思うけど

「えーっと15センチくらい?いや16センチくらいかな?」とか

「2センチじゃあ、ちょっと小さいから3センチ」とか・・・

( ̄Д ̄;)アッ!

本来、10進数や偶数に合わせる方がキリが良い筈なのに、3とか5の

方が丁度良い塩梅になりやすい。これは料理も重さも同じ。

解釈が飛躍するけど、モノを創った経験や仕事をしてないと

(人工で掌握できる)10進法を好みやすい。

一概には言えないけど、その傾向が強く、キッチリ几帳面に

したがる人は端数が嫌でソコにイライラしやすい。

コレはね?潔癖症や完璧主義にも言える事なんだけど、

キレイ好きは3の自然数を素直に受け入れられ、どうにか

10進法や偶数に落とし込みたがる思考は、逆にストレスを

感じやすいし、無理矢理2で割り切るから、色々な生活の場面で

過不足に遭遇しやすい。

棚は2より3の方が断然使いやすいし、10引き出しより

12引き出しの方が仕分け&纏まりやすい。

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

250mlだと、ちょっと足りないし、350mlだと

50mlほど多く感じたり、1Lだと100mlほど余るのは

人間や自然が3に近しい方がスムーズだからw

それを社会や事象に当て嵌めると、誰かを窮屈にさせたり

ひとつ余分が出たりする。人工は10進数で行きたがるが

それこそが人間の驕りで「端数&中途半端」と感じるか?

その概念を捨てて知らぬ間に3や12進数を受け入れるか?

別に難しい話じゃ無くて「好きな数字」でも構わない。

( ´,_ゝ`)プッ

ココが人工掌握的な合理的&効率的を推し進めたがるが故に、

色々な軋轢や不具合、自己矛盾を生むか?どうかの差でもある。

その割に1年、1周と言う本来は中途半端な割り切れないを

節目としちゃってる自己矛盾を起こしてるからね。

(* ´艸`)チクリ

本当の几帳面は3を受け入れる。自称几帳面で10進数を

好む人は是非、12個だったり2じゃ無く3や5を選べば

実にスムーズにスッキリ片付く筈。

マスクする人VSしない人の確執では無くて、本当は

してもしなくても良いけどしてる3が一番多いのですからw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です