鉄製キャスター台車

えーっと・・・早いもので、もう9日(≧∇≦)b

宵えびすですね?ホント、この1月前半って一日が

アッと言う間に感じますね♪

(* ´艸`)ニャハハ

んで、またまたワガママ実兄からの新春依頼。

大きな業務用の洗米機能付き炊飯器の鉄製キャスター。

もう(調理器具なので)ボロボロに錆びちゃって

キャスターも動かなくなっちゃってるから・・

新たにサイズピッタリのキャスター付き台車を

新調して欲しい!ってご依頼。

ご覧のように30mmL字アングル(山形)で

新規構成して、補強も追加して溶接製作。

φ(°ρ°*)ジジジィー

元々の台車は機械にピッタリ過ぎてハズれ難かった

ので、5mmずつ余裕クリアランスを足して設計。

β(□-□ ) フムフム

実兄にも「ワザワザ鉄製じゃ無くても良いよ?」っと

言われてるのですがぁ・・・この手の台車は強度&

耐腐食性だけでなく、キャスターの全高も加わるので

単に鉄じゃない方法が取りにくい場合もあります。

β(□-□ ) フムフム

例えば、今回の場合は、上に乗せる機械の下側(四角)が

ピッタリ、台車アングルの内側に嵌ります。

っで、キャスターは車輪のコロ直径だけでなく、キャスター

(クルクル回る部分)で全高が決まるのでぇ・・・

簡単に言うと載せる地上高が実際、ほぼキャスター全高と

同じになるのね?β(□-□ ) フムフム

コレを木製で作ろうとしたら・・・ベニヤ板に直接

キャスターを付けた簡易じゃ無いと高くなっちゃう。

( ̄Д ̄;)ソッカァ・・

モチロン、大きくて大人2人で持ち上げる重量の機械を

ベニヤ板では受け持てない。台車の周囲にズレ防止の

ストッパー段を付けなきゃいけないし、強度の為に

木製骨組を入れるなら少なくとも50mm角材ほど

入れなきゃなんない。

つまり、キャスター全高+骨格50mm+ベニヤ板13mm

木製で創ると現状より63mmも高く出来上がっちゃう。

( ̄~ ̄;)ウムム

たかが63mmでも、たったこれだけで今までより

高くなった分、作業し難くなったり、重心が高くなって

圧倒的に不安定になっちゃう。木だと経年で水回りだと

腐るしね?

┐(´д`)┌ソーイウコト

つまり、この形状(L字アングルで内側に嵌る構造)の

時点で、同じ鉄製アングル1択になっちゃうの。

例えば、それほど重量が無かったり、元々の台車自体が

ある程度の高さがあるなら、木製も選択肢に入るけど

「安くなるように・・」みたいな好みで選択できる感じ

じゃ無いの。

(*´д`*)ソッカァ・・

逆に言うと高さを稼げない&制約がある際には、実質

Lアングルの片側の厚み分で強度が出せる鉄製アングルは

大きな利点があります。β(□-□ ) フムフム

つ~訳で、キャスター(コレもコマの直径で耐荷重

&寿命が大きく変わります)のコマの負担を減らすべく

5mmだけ直径がワンサイズ大きいのを採用。

んで、調理場の床は次亜塩素殺菌の場合が

多いので、耐薬性&防錆重視で2液ウレタン塗料で

塗装を施してます。

こー言う配慮が足りないと壊れやすかったり

数か月で錆でボロボロになっちゃったりしますからね♪

(* ´艸`)ウンウン♪

調理経験もあって・・・キャスター構造も理解してて

鉄溶接も防錆特殊塗装も難なく出来る。

コレも私ならではの利点だったりしまーす♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノオマタセー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です