久々のアラレ組み

えーっと・・・・とあるご依頼の試作として

久々に良質ヒノキ材でアラレ組みφ(°ρ°*)チマチマ

やはり精度が高いと、コレだけ薄板でも

アラレ組みするとカチッっとした剛性が

出ますね♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノカシッ!

これらは、少し高級感を持たせたいので、

良質ヒノキ材の柾目を採用してます。

(* ´艸`)ウンウン

モチロン、在庫材を挽き割ってφ(°ρ°*)チュイィーン

自分で製材してるのですがぁ・・・

そうそうポンポンと入手出来ないので

貴重だったりします。

(´~`ヾ)ソーニャノ

良い部材、良質材ってのは誰でも嬉しいですが

コストにモロに直結するので、適材適所で使い分け

例えば単板だったら無垢材を採用する場合もあれば

平面強度を重視して集積財や合板を使う事もあります。

モチロン、コストも考慮して。

逆に集積材や合板の方が・・・・妙な曲がりが無く

平面強度を得やすいので(コストと実用性を鑑みた場合)

箱モノでは無垢材よりも採用する場合も多く、

今回のような良質柾目でも、合板よりも狂い誤差が

出やすい。

んま、建具屋さんが使うような、これよりもっと良質だと

そんな事も無いんだけどw

ナカナカ一長一短があって面白いし、加工技術が

求められる分、やりがいがあったりもします。

(´~`ヾ)ニャハハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です