内部の確認

えーっと・・・無事に作り直した

アクリル看板のご依頼品。無事に発送完了♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

(*´д`*)ホッっとしたのですがぁ・・・

コレで終わっちゃあ学びが足りない。

「失敗は糧」とし、私自身、とても興味があったのでぇ・・・

失礼ながら、ヒビが入って没にした失敗作を

ヒビの断面が判るように半分にカットしてみました。

機械で切ると熱で不明瞭になるので手ノコで。

φ(°ρ°*)ギコギコ

やはりヒビは彫り下げた文字を起点に進み

表層から3.3mmまで割れてました。

っと言う事は2mmで留まらず、文字彫りの底角が

起点となり、更に内部にヒビが進行して・・・

表層に至った感じ。

β(□-□ ) フムフム

少なくとも「表層だけじゃない?」と言う

事はなく、ガッツリ内部まで割れてたと言うのは

貴重な失敗経験。

作り直して大正解。私の判断は正しかった。って訳。

職人のコダワリとかじゃ無くてマジでやばかったw

(((( ;゚Д゚)))ガクブル

ご信頼は裏切ってしまうは、材料も無駄に

しちゃうわ・・・偉く高い勉強代でしたが、

こうやって「何が原因で、どうなるのか?」

と言うのを実際に見ておかないと。

β(□-□ ) フムフム

モノ創りって・・作る事だけに専念しても限界があって

たまぁーにワザと自分の創ったモノをぶっ壊す事で

耐久性や応力負担の掛かり方が判ったりもする。

(´~`ヾ)タハハ

あまりお勧めでは無いけど、失敗は失敗。

謝って済まないし損害も出る。でも、それは

自分のミスでシッカリ受け止め繰り返さぬよう

悔やむ暇があるなら、先ず原因をシッカリ見よう。

β(□-□ ) フムフム

憶測でリスクを避けて済むレベルじゃないし、

有用なモノまで避けては実現できるモノが限られる。

だからネット情報や見聞きアドバイスだけでなく

シッカリ自分の目で確かめる。

β(□-□ ) フムフム

予想よりも遥かにアセトンの浸食影響があったし、

彫り文字の底角から斜めにヒビが進行してるのは

予想と実際は違った。コレが大事。

(≧∇≦)b

また、有機溶剤(アセトン)だけでなくアルコールも

クラックの要因になりやすいので、アルコール(エタノール)

含有の弱性パーツクリーナーもアクリルには大敵とも。

因みに近年コロナ対策でアクリルパネルが多用されるが

無闇にアクリルをアルコール除菌してパネルが白濁したり、

トイレのドアノブが欠けたりしてるらしいです。

β(□-□ ) フムフム

因みにABS樹脂(黒くて柔らかいプラ)はラッカー溶剤

(シンナー)で脆くなったり、それぞれ弱点があります。

それが「失敗が糧になる」って事だと思います。

っで、更に耐候テストも兼ねたいので(* ´艸`)

没ロス材からブロックを切り出し・・・

ついでに切削深さに設定どおりシッカリ

達してるかも確認しながら、私個人用に・・

(≧∇≦)bニャハハ( ̄Д ̄;)エッ?

自前の表札も同じ工程で製作♪

( ̄Д ̄;)ハァ・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

私の家の表札もコレに替えて・・・同時に

直射日光&雨風に晒して経年劣化を見ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です