期待と現実

今更ですがぁ・・・・(* ´艸`)

天下一品ラーメンのカップ麺を買ってみたw

ドロドロ濃厚なスープで癖になるラーメン。

私も若い頃からスタンダードな「こってり味」が

好きで昔から良く食べに行きます。

たまぁーに食べたくなるし、和歌山の田舎では(* ´艸`)

1時間くらいクルマで行った時くらいだから余計にw

発売されてたのは知ってたけど食べて無かったので。

ただ、レビュー感想的には「全然違う!」と評価低め。

そりゃあ、インスタントで再現は不可能な筈だろうし

もし、完璧に忠実に再現出来てしまったら、それはそれで

店舗経営に悪影響が出かねないw

多くは「思い入れが強い分ドレドレ?的に品評しちゃう」

だろうから「裏切られた」とか「似ても似つかぬ」と

悪評が立つのは当然。 ( ̄~ ̄;)ウムム

案の定、私が食した感想は「カップ麺にしては美味しいが

そもそも本物と比べる方が期待し過ぎ」だと思う。

ラーメン屋それぞれ独自のレシピで試行錯誤を繰り返し

切磋琢磨されて確立して人気がある訳だし・・・・

インスタント化も、メーカー各社、同じ材料&製法を使わず

安価で水分無しのインスタント保存性を上げて作るんだから

全く同じ味、もしくは、惜しい酷似してるですら無理難問。

一番大事なのは監修して商標ブランドを与えたとて

「やっぱり本家の方が美味い」に落ち着かなきゃあ

もし再現性が良くて「ワザワザ店舗行かなくても

安価だしインスタントで良いんじゃね?」では

あまりにも商売として無謀過ぎるw

特に「安価で再現」と言うのは、どうしても

一番本家と差がある「価格差」を無視される訳で

どうやっても本家を凌駕出来る訳がない。

期待値は本家並みで価格だけ下がる。そんな巧い話は

無い。もしあれば本家がそうする筈w

でも、同時に本家ブランドの看板を掲げる以上は

販促として機能する分は「期待されても仕方ない」とも

言える。甘んじて受け入れるべきと言う意味では無く

根本的に価格的な部分の価値観の差、うーん・・・

言っちゃえばワザワザ北海道まで行って喰った蟹や

いくらは「その付加価値込み」であって、その感動に

再現性は保てない。

また、価格と言う「対価」こそ、出した(財布を痛めた)

分だけ、満足度も上がる。

簡単に言うと、50円で買えるフェラーリやステーキは

例えホンモノ&美味しかったとしても同格とは思えず

高価だからこそブランド品は存在するし、もし半値で

買えたとしても、どうやっても「半値で買った」自分を

誤魔化す事は出来ない。50万円貯めてやっと買ったバッグと

特殊ルートで2万円で買えたとしても、満足度&自分が感じる

付加価値が2万円まで下がると言う意味ね?

これは、「おつとめ品」でも「特価」「バーゲン」でも同じ。

っで、例えばフェラーリやベンツが軽四を販売したとしたら

どうやっても現状価格より大幅に高額には出来ないし、

どうやっても「フェラーリ&ベンツに乗れない人」が

フェラーリやベンツを美化した状態で吟味したがる。

ソコには元々不毛で、フェラーリやベンツの高級感や

デザイン性を微塵も感じられないし、もし片鱗があっても

数百倍&数千倍違う本物と見比べてしまうから見劣る。

つまり、本場の天下一品ラーメンと、3分の1以下&インスタント

を比べる方が不毛で比べようとすると、どうやっても見劣る負け戦。

なんで?こんな目先商品を作ったのか?その意図の方が面白い。

(* ´艸`)

つまり、天下一品のラーメンが好きなら食いに行けば良い話で

それが出来ない人は「これでも食っとけ」w

もともとインスタントで再現性が低く負け戦なのも承知。

「コホン・・・こんなもん!似ても似つかない!本場の方が・・」

(開発者)「うん。知ってるw」って感じだろう。

( ´,_ゝ`)プッ

とは言っても、ソコまで判ってる私でもまんまと買っちゃってる

訳ですから、商売としては成功。

「食べてみたいけど食べた事ない」人に向けたインスタント試食

「まだ見ぬ新規顧客獲得の為」と捉えれば十分なんだと思いました。

期待?何を?そんなの買う前に予想した通りじゃんw

(* ´艸`)ニャハハ

「食べに行けない時に、コレで茶を濁す?」イエイエ、余計に

口直し的に「やっぱりこの味」と本家の味を食べたくなるのでw逆効果w

そう考えれば、ナカナカ考え尽くされた「目先商品」ではあるw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。