万能包丁研ぎ②

今朝、仕事場に来てみたら・・・

あんにゃろ・・・・(。-`ω-)ッタク

まぁ・・・ネタですが(* ´艸`)今度は実姉が家庭で

使ってる万能包丁も研いでほしいと持ってきた。

見て判るようにステンレス包丁。

下のは「ステンレス巻き」で芯(刃)は鋼ですね。

β(□-□ ) フムフム

世界に誇る炭素含有鉄鋼の鋼。

古くは、もののけでお馴染みの「たたら製鉄」で

鉄を溶かして脱炭しつつ、炭素を封じ込める事で

硬さや粘りが出たり焼き入れして強靭になったりする。

それが・・・容易に出来るようになったり合金として

ステンレスが作られるようになると・・・

硬いし錆びないし・・・ステンレスで良いんじゃね?

って事で洋包丁や万能包丁までステンレスになってますね。

ただ、鉄より硬くて鋼より柔らかい、中途半端な硬さだし

洋包丁&万能包丁は鎬が狭い。

だから、砥石で素人が研ぐと、鎬は崩れやすいし

こー言う研ぎにくいトコロがモロに残っちゃう。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

コレは・・・何の包丁だろ?ペティーナイフにしては

長すぎるし・・・洋牛刀だとしたら刃幅が狭すぎる。

( ̄~ ̄;)ウムム

まぁ・・・形状も整えつつ・・・研ぎます。

んで、ベルトサンダー&グラインダー&バフ等

機械を駆使して、研ぎ終わり♪(≧∇≦)bイェイ!

鎬は出来るだけ戻したけど・・・ステンレスは

しなるから、元が元だけに・・この程度で勘弁。

でも、鎬を出して本研ぎしてあるのでシュパーン!

っと良く切れます♪

どちらの包丁もフォルムも刃先&刃元&刃幅も直してます。

ヘンテコな方はペティーとして両刃に直してます。

ステンレスもバフで磨けば結構ピカピカに輝きますね。

ヽ( ´ ▽ ` )ノキレイキレイ♪

これまた、切れなくなったら当面は「簡易研ぎ器」で

φ(°ρ°*)キコキコ研げば・・またスグに刃が付きます。

なんにしても家庭包丁であろうがピカピカで

良く切れた方が気持ちが良いもんです。

こんなのね?ホームセンターとかで売ってる安価なので

十分。たぶん、これも安価包丁だと思います。

(´~`ヾ)シランケド

近年はステンレスの製法ばらつきも少なく、

研ぎさえすれば全然長持ちしますよ♪

ただ、100円均一のはさすがに駄目です。

試してますw

でも、コレも実姉が新婚当時に買った数千円の包丁の筈。

毎日使っても、研ぎ直せば、まだまだ使えますし

最終的にはペティーや果物ナイフになります。

ケチるほどでも無いし、どうしてもと言うなら

近所なら持ってきてくれれば研ぎますよ♪

↑とか言って後で自分で困るパターンw ( ̄~ ̄;)

ただ、今まで色々とご家庭の包丁を研がせて

貰ってますが、ホントに切れない包丁が多い。

そりゃあ刻むの面倒になるわw

たぶん、イメージ的には主婦の皆さんが思ってる

以上に包丁って良く切れて扱いやすい筈。

気分的に良くなって、料理も愉しくなるなら

スマホより頻度多いんだから安いもんじゃない?とか

思ってしまう。(* ´艸`)アハハ

特に機械を使えば1時間くらい研ぐ工程が

あっと言う間。本研ぎって程じゃ無いなら

見てる間に研げちゃう。その程度の事。

まぁ・・ホントならコレで僅かな研ぎ賃でも

稼がなきゃいけないんだろうけどw簡単なのよ。

昔、誰から貰ったか?忘れちゃってるような包丁

でも研げば、まだまだ使える筈。

新品買っても(工程上、本研ぎしてないのも多い)

それしか使って無いなら・・包丁の本来の切れ味を

知らない主婦も多いかも?(* ´艸`)アハハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。