橋を掛けろ!サム!

いや・・・とあるゲームのセリフです。(* ´艸`)アハハ

つ~訳で(≧∇≦)b

久々蘭爺「(〒Д〒)」ナンヂャトナ?からのご依頼で、蘭ing内の

池に掛るL字の橋。以前も私が作ったのですがぁ・・・

老朽化&シロアリで崩壊寸前w

(´~`ヾ)

そもそも下からの湿気の多い橋ってのは、木工や大工で

簡単に作れるモノじゃあ無いのですが(´~`ヾ)

実は一部以外は岸際の「なんちゃって橋」だったりします。

(* ´艸`)モゴモゴ

んで、老朽化で危ないので・・・修復工事(≧∇≦)b

今回のリニューアルでは、通常、骨組みに対して横置きに

木板を並べるんだけど、高齢者の訪問も多いので

躓きやすいので「木板を縦並び」と言うリクエスト。

( ̄~ ̄;)ウムム

簡単に言うけど・・・実際はタテ向きに骨組みを組んで

木板を横向きに貼ってる橋を、逆にタテ向きに貼ろうと

思えば、下地を横向きに組み直さなきゃいけないし・・

タテはタテで段差が少ない分、滑りやすくもなる。

( ̄~ ̄;)ウムム

どっちみち高齢者対応のリスクヘッジって正直キリがない。

万が一を言っちゃえば「橋を渡らなくて良い」「耐久性抜群の

コンクリート橋」に勝るのは無理ですからね?

(´~`ヾ)タハハ

ですが、蘭爺「(〒Д〒)」ナンヂャトナ?も足が悪い事もあって、

じゃあ一度タテ向きに橋を掛けてみよう!(≧∇≦)b

って事で・・・

杉足場板でタテ向きに橋をかけ直しました♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

以前はL字のドッキングは45度留め接ぎでしたが

今回はシンプルな直交組みです。

部材の厚み変更で、橋全体が少し高くなり、両端に

盛り土しないとダメですが、橋は完成♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノララーン♪

縦長に組めてるので、最悪、骨組みが朽ちても

ズボーン!と抜ける心配も無い筈。β(□-□ ) フムフム

ただ、下が池なのでシロアリ完全駆除や劇薬は使えなく

耐久性自体はあまり期待できないので(´~`ヾ)

メンテナンスで適時、板を張り替える感じにはなります。

(´~`ヾ)ニャハハ

何でもそうだけど、完璧に直したいけど高額になっちゃったり

それでもリスクをゼロにし切れないって事もあります。

どうしても人間って驕っちゃうので「屋外メンテゼロで

5年は持って欲しい」とか簡単に言っちゃいますが・・・

5年青空駐車で洗車ゼロのクルマって悲惨になる筈。

そう。屋外って・・・紫外線や雨風、実はムチャクチャ

厳しくて耐久性を上げる=ノンメンテナンスでは不可能。

メンテナンスと言うのは剝げる前に塗り替えたり傷む前に

貼り替えたりで「痛んでからでは遅い」の。

(ノД`)・゜・。

今回も言っちゃえば朽ちちゃって「傷んでから修繕」なので

「全部、イチからやり直すか?」「痛みの激しい箇所を変えるか?」

の2宅で・・・・後者って事です。

(´~`ヾ)ソーイウコト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。