「ステンシル」タグアーカイブ

休みボケか?てーのw

長い大型連休も最終日(≧∇≦)b

いやはや・・・・毎日、製作作業は続けてるモノの・・・

ブログ更新が遅れ気味でスミマセン。(´~`ヾ)スマヌ

んまぁ・・・続々と新作が出来上がってたりも

してるのですがぁ・・・(´~`ヾ)

やっちゃった感のある・・・(* ´艸`)ニャハハ

コチラは、まんまレプリカのコカ・コーラ木箱。

やっぱイメージが付き過ぎちゃって、これに勝る

デザインは無いんじゃ無いかな?っと。(* ´艸`)

(≧∇≦)bガハハ!

ただ、通常オリジナルはサイズ幅が500mmと

私が作ってる450mmの木箱よりも更に大きいのね?

( ̄Д ̄;)ソーナンダ?ゞ( ̄∇ ̄;)ソーナノヨ?

今どきのご家庭には450mm木箱でも大きいとの

声が多いのでぇ・・・(´~`ヾ)ナノヨネェ?

なので、この木箱はA4が入るサイズの箱の幅350mm

までコンパクトに製作して、使い勝手良くしてます♪

(≧∇≦)bイイネ♪

しかも、しっかり忠実に鉄帯までレプリカ&エイジング

してますぞ♪

他にもアレコレ創ってるんだけど・・・また次回にでも。

(´~`ヾ)スマーン

下手字?ステンシル

えーっと・・・・お待たせしています

オーダー品のレジ・ポシェット(≧∇≦)b

後は屋号ステンシルを施すだけなんですがぁ(´~`ヾ)


お友達のチョークアート作家さんに創って貰った

看板に書いてあるカタカナをそのまま屋号ロゴに

して欲しい。ってご希望。

ヽ( ´ ▽ ` )ノシュテキ!

でも、チョークアートのような黒背景にカラフル&

グラデーションと、文字をくり抜いて施すモノクロの

ステンシルとは、同じ書体でも、ちょっと風合いが違う旨を

ご理解頂いてぇ・・・・(≧∇≦)b

久々にφ(°ρ°*)チマチマカットしてる画像ですね。

(* ´艸`)アハハ

今回は、送って頂いた画像が小さかったので拡大モノクロ

コピーして、それからサイズを微調整して合わせてます。

んで・・・いつものクリアファイルで原版製作。

φ(°ρ°*)チマチマ

ただ、何と言うか・・・・元の書体がフリーハンドの

チョークアートですから、簡単に言うと可愛く崩した

下手字と同じで(いつもなら直角&平行に気を遣うのですが)

コピー原稿そのまんまを忠実にトレースしてます。

β(□-□ ) フムフム

言ってる意味が判り難いと思いますが、正式フォントだと

なんと言うかそれぞれのフォントのラインに共通規律があるので

もし見切れてても、それに沿わせれば良いんですが・・・

原版がある場合は、それに沿わせる。微妙な曲がりやクセも、

そのまんま。(* ´艸`)

逆に言うと、それだけを頼りにフリーハンドで切り抜くので

難しいっちゃあ難しい。私のフリーハンドの文字とも全く違う

他人のフリーハンドを模写してるようなもんですから(´~`ヾ)

これは書道フォントとかも同じですね。

(´~`ヾ)ムズーイ

んで・・・・φ(°ρ°*)チマチマご希望のクローバーも

施して完成♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ

キレイなフォントに揃えるのとは違って、元々の

文字をそのまんま。ほぼ正確にトレース出来ました♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

んま、活版フォントに慣れてると、なんだかステンシルが

ヘタっぽく見えるかも知れませんが、私の精密描写のテクは

皆様もご存知の筈。原版そのまんまっス♪(* ´艸`)

んで・・・ストラップを取り付けて完成です♪

今回のレジポシェットは、真四角のスクエア形状。

たぶん「へぇ・・・( ̄Д ̄;)ンデ?」となっちゃうと思いますがぁ

元々、日本の紙幣と言うのは、縦が76mm共通で

千円札が幅150mmで、二千円札が幅154mm、

五千円札が156mmで、1万円札が160mmと

全部(大人の事情で)幅が微妙に違うと言うか変えてるの。

革財布作ってる人なら判ると思うけど、紙幣共通は

最大サイズの76mm×160mmを基準にするのね?

感の良い人なら判ると思うけど、ほぼ比率は1:2( ̄Д ̄;)ホォ

薄い革材質の財布なら計算が楽なんだけど・・・・

木の場合は厚みがある。そして横に2列並列させてるので

横側(縦側)は2枚なんだけど、縦板(横側)が3枚。

( ̄Д ̄;)アッ!

そう・・・・同比率じゃあ板一枚分の矛盾が出る。

だから今までのは横に若干長い四角だったの(´~`ヾ)

それを解消して真四角スクエアにしてるのが・・・ミソ♪

β(□-□ ) フムフム

依頼者さま♪お待たせしました。OKでしたらお引取りの

ご調整をお願いしまーす♪

抜ける算段(* ´艸`)

えーっと・・・いよいよ3月に入っちゃってるので

このままでは木工に影響が出ます。(≧∇≦)bゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

なのでぇ・・・・

来週の火曜日あたりから、現場から抜けさせて貰えるように

(* ´艸`)コソコソ・・・算段しております。

んま、ぶっちゃけ、工事スタートが遅れた分はシッカリ!(≧∇≦)b

取り戻せたし、施工上、問題だらけな部分は殆ど私が駆逐したので

思いのほか順調に(リノベーション工事自体は)トントン拍子で

進んでます。

お施主さんも他業種も棟梁も大喜びで一安心♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノエッヘン♪

ただ、出来れば・・・このまま最後まで一気にフィニッシュまで

畳みかけたいってのは人間の心情。(´~`ヾ)デショ?

しかし、これ以上、木工に支障が出れば・・・そうとも

言ってられないので。(´~`ヾ)スマーン

つ~訳で(一番の難所の)ココのシステムキッチンが

収まるスペースも、無事!下地は完成♪(≧∇≦)bイェイ!

ココは元々がタイル張りのガスコンロの水屋。

ただ、ココの元々の精度が経年劣化に伴い骨組みから

精度がカナリ悪い。 ( ̄~ ̄;)ウムム

しかし、システムキッチンと言うのは規格のサイズが

あって、システムキッチン屋さんが、壁にパネルを貼って

サイズピッタリに収めるので、幅サイズもシビア。

平行&直角もシビア。

ただ単に、一回り小さいとか、新築なら全く楽勝なんだけど

修正しつつ・・・で、計算上3mmしか余裕が無いビチビチ。

┐(´д`)┌

3mmもあれば普通は計算通りに行けばいける筈なんだけど

平行&直角が全く当てにならないベースに対して、正確な基準を

設けにくい。僅かにでも平行直角が狂えば、根元があってても

手前で足りなくなる事もあり得る。

(*´д`*)アワワ

なので、親墨基準を自分で割り出して・・・キッチリ確認しながら

進めるんだけど、いかんせん、元がガタガタに狂ってるので、アッチも

当たるしコッチは足りない。3方とも壁が平行でも直角でもない場所に

違和感なく調整しながら真四角を作る。

両方のミラーを畳んでも両方とも擦りそうなビチビチのガレージに

車庫入れするより難しい。( ´,_ゝ`)プッ

車は入れば終わりだけど、全ての壁を新たに、僅か3mmしか

余裕のないギリギリのスペースに起こす話ですから。

(*´д`*)ヒィ!

かなーり手間が掛かるしややこしいので、難しかったのですがぁ

バッチリ!ピッタリ!コレで後はキッチンパネル屋さんが

キレイな壁パネルで仕上げて、ジャストサイズのシステムを

スポっ!っと嵌めれば、新築物件並みにスッキリしますね♪

ヽ( ´ ▽ ` )ノ

んま・・・私の苦労など微塵も知らずに・・・(* ´艸`)

最終チェックでもバッチリ!仕様書通り♪上手く行って

良かった♪(*´д`*)ホッ♪

逆に言うと、前から懸念してた難所はコレで全てクリアー

したので、後の工程は普通のリノベーション工事と同じ程度に。

私が抜けても大丈夫かなぁ?(* ´艸`)ソワソワ

一方、木工オーダーの方は・・・・オーダー品の

レジポシェットに施す屋号ステンシル。

依頼者さんは、お友達のチョークアート作家さんが

描いたカタカナのロゴを、そのままステンシルにして

施して欲しい。って事で(原始的ですが(´~`ヾ))

送って頂いた(小っちゃい)画像を拡大&縮小コピーを

駆使してサイズを合わせ・・・

なんとかコレでステンシル原版を作る元版が

出来ました♪あとはφ(°ρ°*)チマチマ切るだけですね。