長期戦の覚悟(*´д`*)

えーっと・・・

「ウォームギアを手溶接で創って修理」なんて

らふさんだったら楽勝でしょ?とか思われてるかも?

知れませんがぁ・・・(´~`ヾ)アマーイ

そもそも、「不可能」で頑張れば、どうにかなったり

なーんて甘い事は無くてぇ、詳しい&技術者に言わせれば

「あはは。そりゃあ無理でしょ?」って話です。

┐(´д`)┌ソーイウコト

っで、続いて再度溶接し直してφ(°ρ°*)ジジジィ

また新たにギアを切り直してみたのですがぁ・・・

そもそも一発で合うなんて事は不可能で、ミリ単位で

何度も何度もφ(°ρ°*)チマチマ修正しながら、使えるように

持って行かなきゃならん。

( ̄~ ̄;)ウムム

「もう高くても新品の部品を買っちゃえば?」って

合理的に思うかも知れないけど、単品番も判らないし

ウォームギアメーカーに特注しようにも、実質、

ギアプロフィールや原寸サイズも測ろうにも、そもそも

ボロボロに削れちゃってるので測りようもないw

完全に・・・右腕的に活用してたテーブルソーが

ただの鉄の机になっちゃうか?背水の陣状態にゃの。

(* ´艸`)ニャハハ

なので不可能だろうが嫌でもモノにしなきゃならん。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

つ~訳で、暇を見つけてはφ(°ρ°*)チマチマ何度も何度も

作り直す長期戦覚悟なのですばい。

(≧∇≦)bガンバルルー!

っで・・・( ̄Д ̄;)エッ?

そうは言っても、テーブルソーが使えないと木工が

進められないのでぇ(´~`ヾ)

懐かしの以前使ってた簡易テーブルソーを

再び復活させて、復旧するまでカバーする事に。

(* ´艸`)ヨカッタァ

久々に使ってみたら・・・まぁ精度が悪いw

ただ、上手く使えば使えるのも判ってるので

数年前よりも自分のスキルが上がってるのは

嬉しい誤算。

(* ´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です