おさらい(* ´艸`)

えーっと・・・ちょっと前に記事にしたのですが、

質問&難しいとの事なのでぇ・・・(´~`ヾ)

「おさらい」ッス(≧∇≦)bイェイ!

先ずは・・・・ブルーイングの件。 ( ̄~ ̄;)アレカァ・・・

以前、ブルーイングとは、こー言う事でこうですよ?的な話を

書きましたがぁ・・・鉄鋼業種の方からすれば、それって

「テンパーカラーの事だよね?」つー話。(* ´艸`)ソウソウ

そうです。テンパーの青色=ブルーイングって事です。(≧∇≦)bアタリ!

テンパーカラーってのは、鉄鋼やステンレス、チタンとか・・・

バーナーで炙ると金属の表面に色が付く現象。β(□-□ ) フムフム

正確には焼き戻し=テンパー処理(tempering)の事で

熱処理による硬度&ヤングの意味。(≧∇≦)b

そー言えば・・・・

2016-06-25 17.30.08

コレ、私愛用の「皮すき(ケレン)」です。

コレは、研いだ状態で、鉄の素地(銀色)が出てます。(≧∇≦)b

これを・・・・バーナーで焼き入れを施すと・・・

2016-06-25 17.31.14

酸化被膜(黒錆)が出来て、錆び難くなります。(* ´艸`)

つまり・・・眼では鉄の硬さは判らないけど、高温で

大気曝露させると、例によって、鉄は酸化被膜が出来る。

この黒錆の酸化被膜層の厚さで、色が変わる。

2016-06-25 17.31.25

虹色みたいに見えてるけど・・・・

濃い程に焼き戻し温度が高い=酸化被膜層の厚みって事。

正確には、鉄の素地(銀)の反射色と、極薄く形成された

酸化被膜の厚みによって屈折が変わるから、色が変わって見える。

だから、テンパーカラー(酸化被膜の厚みによる色味の変化)を

みれば、おおよそ何度の焼き戻しを施したか?硬度がどの位か?

を色で推定できるって事。(≧∇≦)b

(ステンレスやチタンは、厳密には、またちょっと違いますが(´~`ヾ))

実際の拳銃も製造時にブルーイング=低温焼鈍を施してるって事。

要は、テンパー(低温焼鈍)も、ブルーイングも、四酸化三鉄(黒錆)も

用語として別っぽいけど・・・ほとんど同じ意味です。

(´~`ヾ)ソッカァ

次は・・・・(≧∇≦)bツギィ!

2016-06-26 18.16.59

アラレ組み(BOXジョイント)の冶具の話。(´~`ヾ)

加工が難しい(精度と修正が利かないのが)と言いましたが・・・

2016-06-26 17.17.34

例えば、コレ、18mm厚のパイン合板を接ぎました。

こーすると、単純に接合部面積が2倍に増える(≧∇≦)b

更に、受けた応力を互いに食い込みつつ、均等に分散するから

・・・・角強度がすこぶる高い!(`・∀・´)エッヘン!!

私の体重で、このL字に接いだトコロにぶら下がっても折れない。

アラレ組みって、すげぇ!って話。(* ´艸`)スゲェ!

2016-06-26 18.12.25-1

だから、単面木口をビスや根太ボンドでくっ付けるよりも

遥かに強靭だし、凸凹の底面に嵌め合う事で、接合部の

垂直側の直角&水平側の直角も両方、正確に一発で決まる。

(逆に言うと・・・・加工精度が低くて狂うと、修正出来ない)

2016-06-26 18.14.39

良い事ずくめのアラレ組み(BOXジョイント)なのですがぁ・・・

先に言ったように、加工精度が高くないと意味が無い。

┐(´д`)┌ソーナノ

んで、その精度の為にφ(°ρ°*)チマチマ時間を掛けるのも・・・

これまた意味が無い訳です。(*`ε´*)ノ_彡バカモーン!

んで!(≧∇≦)b

(ココを書かなかったから意味が判らなかったかな?)

2016-06-26 18.19.25

左手で回すダイヤル。これを回す→ボルトが回って

ネジが回った分だけスライドする仕組み。

矢印を書いてる位置がゼロ点。これを一回転回すと

97P(9.7mm)スライドするって意味。

上に「凹5凸7」って書いてるのは・・・

冶具にセットして・・・5回転分切って、7回転分空転、

そして、また5回転分切って、7回転分空転させると・・・

ピッタリ!等間隔で正確に凸凹に切れる。

嵌め受けの逆スタートの時は、7回転空転させてから

スタートすれば、これまた必ず合う。(≧∇≦)bナルホド!

歯車を介して凸凹サイズを変更させる事も出来ますが(´~`ヾ)

要は、高精度な加工なのに、鼻歌謳いながら・・・・

5回切って・・・7回回す・・・を繰り返しやってるだけ。

(* ´艸`)カンターン!その為の冶具です。

前に紹介したルーター(トリマー)用の冶具の方が

(刃が10mmなら必ず10mm幅が彫れるので)簡単なのですが、

テーブルソーの方は、ルータービットでは不可能な、

最大85mmと深い欠き込みが一発で出来るし、加工枚数も多い。

ヽ(´▽`)ノワーイ♪

スライド量さえ正確なら、刃もセット変更せずに、この冶具を

テーブル・ソーに乗せるだけ。

後は、5回切って・・・7回回す・・・これだけ。

(≧∇≦)bカンターン

また、例えば・・・中仕切りの格子の切り込みとかも

目盛りを観ながらコレで切れば正確で早くなる(* ´艸`)ウホホ

こー言う事を簡単に正確にする為に作った冶具で、

その為にバックラッシュがどーとか・・・グダグダ書いてた訳。

(* ´艸`)ソーナノヨン♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です