この時期、週末も雨天が多いので、花子(嫁)と

センダボ2台のオイル交換を実施。

オートバイは自動車と違ってエンジンが出てるので

エンジン下部のドレンボルトを外してオイルを抜いて

エンジンカバー横のオイル口から入れるだけで、

割と簡単なのですが、花子(嫁)のセンダボは

初期型フルカウルが装着されてるので、このカウル

(プラスチック製のカバー)を外していくのが

面倒臭い。

因みに私のセンダボはカウルを後期型用に換装して

あるので、カウルを外す必要が無い。←利点!

私のは喋りながらでも終わるので、殆ど花子の

センダボのフルカウル脱着作業に時間を食いましたw

しかし・・・今どき自分でオイル交換するライダーは希少

らしい。オイル見てエンジンのコンディションとか見るのに

どーやって何万キロで交換だとか、そろそろオイルフェルターも

交換しなきゃとか判んの?

だから「〇〇km毎で交換」とか「2回に一回はオイルフィルター交換」

とか全く疑わず丸暗記して他人に任せて整備させんのか?なるほど・・・

┐(´∀`)┌ヤレヤレ

まぁ・・・少ないより多過ぎてもエンジンに良い事だし、

ぶっちゃげ、これで割高なオイルが定期的に頻繁に売れて

工賃貰えるなら、そりゃあ・・・

商売的に交換サイクルは短めに言うよね?

(* ´艸`)モゴモゴ

「5000km?いや!3000km?何処のオイルが

性能が良い?いやいや・・・オイル劣化みりゃ判んだろ?」

「高価な高いオイルなら何万kmでも良い?」そんな訳あるかいなw

見ないでウンチク論争してるライダーって・・・・

┐(´∀`)┌ヤレヤレ

まぁ・・・メカ音痴なら言われたままやって置けば良いんじゃない?

全く良いとは思わないんだけど、素人は、し・ろ・う・と・は思わないんだよね。

だったらボッタくりでも仕方ないと思うし、任せっきりで手抜きされてても

文句言えなくなるよね。ってなっちゃうんだと思う。

( ̄~ ̄;)ウムム

別に良いと思う。オイル交換が出来たトコロで何の自慢にもならんしw

んま、正直、私の場合、後輩君に「交換しといて」って言うだけで

交換はしてくれるんだけど・・・敢えて自分達でやってるの。

じゃあ何で?って????思ってたより汚れてるなぁ?とか。

ソレが趣味じゃんw楽しいから。自分のバイクは自分でメンテしてるって言う

安心感と自負の為じゃん。

んま、廃油処理が・・・イチイチ効率が・・・とか言い出して

自分でオイル交換するのが、メンドクサクなるような責任感欠如な人間は、

自動車で十分。もうバイクは乗らない方が良いんじゃない?と思います。

(* ´艸`)モゴモゴ

仏壇下台?供物台?

えーっと、今回の仏具ご依頼品は

「仏壇下台」と「供物台」です。

仏壇を載せる台と、手前の供物を載せる台ですね。

β(□-□ ) フムフム

仏教にも色々な宗派や流儀があるのですが

実は、あんまり詳しく無いです。

(* ´艸`)モゴモゴゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

ご依頼内容は具体的な希望サイズと色味のご指定と・・・

それと木材指定で「ヒノキ」材のご指定なのです。

(*´ω`*)ナルホド

当然、安価木材を適材利用して低価格化を実現してるので

高価な部材を指定されれば、ソレだけ部材に掛かるコスト分

費用も上がりますので、ご理解を。

(*´σー`)ソリャソーダ

ともあれ、20mm厚の平板だとか、誰もが扱いやすい

部材に自分で製材出来るのは大きな利点。

β(□-□ ) フムフム

100mm巾以内とか幅が狭いなら何処にでも売ってるけど

ヒノキ材の幅広平板、こんなのフツー売ってないですからね。

(あるにはあるが個人レベルが数枚単位で購入できるような事は

無いって意味ね。)

(*・ω・)ソッカァ

材から製材して創ると言ったら聞こえは良いけど、

無いから作る他無い。

別に神々しく特別では無く、昔から町の大工さん達も

気の良いオッチャンも、そーやってモノを創ってきたの。

でも、逆を言うと今や・・・売ってる材料が無いとダメ。

教えて貰ってないから無理と・・

お手本があってイチイチ材料から何から何まで誰かに

お膳立てして貰わないと何も創れない方が・・・・

本当はどうかしてるんですけどね?

(*´σー`)ソリャソーダ

なんのこっちゃか?話は飛躍しちゃったけど(* ´艸`)

まぁ・・材料から製材して作ってるのでイチイチ

時間が掛かっちゃう。

手間暇は当然、遥かに掛かる。

それだけ心の籠った良いモノが出来上がるので、

時間も費用もそれなりに掛かっちゃいますね。

ヾ(*´∀`*)ノ

製材中です。(; ・`д・´)

えーっと・・・朝から必要部材をアレコレと製材してます。

φ(°ρ°*)チュイーン

っが、例の如く撮影忘れて画像無し(ノД`)・゜・。ゴミン

って言うか、ただ単に木材を挽いてる画像なんて

見ても面白くないですもんね?

(*´σー`)エヘヘ

単に必要な寸法材だけを製材出来れば良いのですが、

木の素性によっては死節があったり木目向きで

取り難かったり取り方を変えた方が良いと言う時もあります。

それを挽きながら見て感じて・・製材しています。

φ(°ρ°*)チマチマ

昔は、繊維に逆らってようが反りが出ていようが

強引に必要分だけを切り出してたのですが、やはり、

それでは刃や機械に負荷を掛けるし、後から大幅に

反って来たりと部材が暴れるケースもあり・・・

今では木に沿うように・・・いなすように・・・

無理を掛けずに切り出せるようになってきました。

ヾ(*´∀`*)ノ

ただ、毎回スンゲー木屑が散らかって木粉が舞う中、

アレ用とコレ用とコッチはソレ用で・・・・っと

一気に出来る時にまとめて製材してるので、頭が

こんがらがって来る時もしばしば。(・・?ハテ・・・

こーんな薄くて小さい材なら、その場でササッっと

出来るのですが3~4mの大物を挽くのは、まとめて

挽かないと片付けが大変なんです。

( ´Д`)=3 フゥ

っで、フライヤーが出来上がったので・・・

「ART CRAFT FESTAアートクラフトフェスタ2024」

お馴染みオールドストリームにて新たに発足したイベントで

昔の「高野山クラフトキャンプ」のように作家さん達が

キャンプを兼ね2日間連続開催の手作りイベントです。

なので、夕刻にはテントを張ったり夕ご飯の用意でソワソワ。

作家同士の同窓会?キャンプ合宿?みたいでワイワイ夜中まで

楽しかったクラフトキャンプを懐かしむベテラン作家さん達が

多数出店されます。

2013年だったか?私が木工作家を始めた頃に実姉apois達と

本家の高野山クラフトキャンプに参加させて頂いた思い出が。

カレー焚いたりギター弾いたり呑んで歌って踊ったり・・・

ワイワイ楽しかった思い出があります。

ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

まぁ時代は変わってクラフトキャンプは自然消滅しちゃって・・・・

顔ぶれも随分変わりましたが、当時を懐かしむ、作家同士の

仲間意識と言うかモノ創り仲間の輪を広げよう!

ってなイベントになる予定。

当日までに、もしかしたらピザ窯が出来てないかも?ですが

キャンプ用に色々と料理もする予定です。

ヾ(*´∀`*)ノ