「言い訳」タグアーカイブ

溶接の難しさ(*´σー`)

ナカナカ理解されにくい「溶接の難しさ」の話。

私は鉄はアーク溶接ステンレスやアルミはTIG溶接したり

今回のように熱可塑性プラスチックの溶着なんかもしてますが・・

一般的に「溶接は難しい&敷居が高い」イメージ通り、

ハンダや糊付けと違って、カナリ難しい。

恐らくイメージ的には、機器が高額で、専門的な知識が

必要で・・・それで難しいと想像すると思うんだけど、

それらが全部備わっていたとして・・も難しいの。

「溶接」と言うのはそのまんま「溶かして接ける」のね?

ハンダやボンドなどと大きく違うのは「母材も溶かす」の。

β(□-□ ) フムフム

ソコが大きく違う。感覚的に言えばチョコレートみたいな感じ。

(´・ω`・)エッ?

ハンダやロウ付け等は絶対に母材は溶けない。母材とパーツの

隙間に溶けた金属を流し込んで繋ぎ止めてるので絶対的な強度は

溶接と比較すると全然無い。糊やボンドやUVレジンでも。

逆に母材側にはダメージゼロなので、簡単に言うと失敗しても

付けたロウ部分を溶かして外せば、やり直せる。

β(□-□ ) フムフム

チョコレートと似てると言うのは、例えばチョコが欠けたとしよう。

パーツとパーツを引っ付けたいとしよう。

っとなると、溶かして引っ付ければ冷えれば引っ付く筈。

(*-ω-)ウンウン♪

だけど、溶かすと母材もパーツも一緒に溶けちゃう。

Σ( ̄ロ ̄lll)ソッカァ・・

また型に入れれば溶けても出来るだろうけど「型が無い」

としてみれば・・・モノすんごく難しくなっちゃう。

母材と接合部を良く溶かせば、固まると一体になるので

強靭に引っ付く。しかし、溶かせば溶かすほどドンドン

母材もパーツも溶けていく。そのもの自体が変形するし

熱でドンドン歪むし、薄いと反って来ちゃうし溶かし過ぎると

簡単に溶け堕ちる。ココが、難しい。

((((;゚Д゚))))アワワ

なので、初心者に溶接を教えると、必ずシッカリ付けようと

溶かし過ぎて失敗する。母材も溶けるから、失敗=母材ごと

破棄するしか、どうしようも無くなっちゃう。

そうなると、今度は表面だけ浅く付けようとしちゃう。

でも、それだと今度は想像通り強度は無く簡単に剝がれてしまう。

(*´σー`)ヤッパリ?

だから、その中間点を探れば良いんだけど、思考的に

誰もが思う「ギュっ!っと念入りに・・」がまったく通用しない。

触れば触るほど、弄れば弄るほど、ドンドン形状が崩れる。

だからと言って、ソーっと溶けないようにダメージが少ないように

すれば、余計に引っ付かない。

早すぎてもジックリ過ぎてもダメで、言うと「ジックリ封じ」なの。

だから付いたかどうかは?運や慣れに陥りやすい。

β(□-□ ) フムフム

金属の場合だと熱でドンドン歪んで来るから全然違う遠い端が

ドンドン狂ってくる。慌てて修正しようにも触れば触るだけ狂う。

アルミ溶接が難しいのは、蓄熱性が良すぎて、この溶ける融点が

ドンドン加速度的に早くなるのも原因のひとつなの。

ジックリさせてくれれば良いんだけど、そうはならない。

((((;゚Д゚))))アワワ

ココがコツの居る部分で、触れば触るほど形が崩れ修正できないし

ササっとしようとすれば確実に溶け込みが足りなくて欠陥になる。

丁度いい塩梅と言うのは、その中にあって長すぎても短すぎても

ダメで、その失敗は修正も効かない。触れば触るだけドンドン

手の施しようが減ってグダグダになる独特の難しさがあるの。

β(□-□ ) フムフム

まぁ・・・数を練習すれば良いんだけど、基本的に、この

「ジックリ出来ないけど、確実に」と言う概念が理解できてないと

ナカナカ習得できない。

だから凄いんだぞ!では無くて、世間的には慎重にジックリ腰を

据えて慌てなければ上手く行く事が多い。遅くても成功しやすい。

でも、物理法則に基づいたモノは心情や精神論は無関係で

溶ける融点に達してるか?どうか?だけしかない。

誤魔化しは効かないし言い訳も・・・全く接合性には作用しない。

┐(´∀`)┌ソーイウコト

難しいと称する大半が「物理法則」と「心情」との乖離が多く

思った通りに、想像したようにならないから難しいのだし面白いの。

素人が簡単そう?と思っちゃう大半が実際の難しさとは違う部分と

言う原因だったりもする。

(っ´∀`c)ソユコト

以前に書いたと思うけど「こんなの簡単そうじゃん?」は

心情的な想像部分で「難しいかも?」「やっぱり無理かも?」

も・・・これまた全て心情の範疇でしかない。

「お願いだから!引っ付いて!時間が無いんだぁ!」っと願っても

融点に達してないと、どうやっても引っ付かない。

でも、融点に達すると言う事は母材も溶けるし熱ひずみも

必ず起こる。いや、起きないと融点に達してないって事だから

この鬩ぎ合いが難しいトコロで・・・コツが要って面白い。

なので融点は金属溶接とは違ってPPは168℃と低いけど

溶接ってどれも似てて同じようなコツが要って面白い。

また、金属溶接は紫外線とヒュームガス、PPだったら有害ガスが

出るから真近くに顔を近づけ難いと言うのも似てる。

ほぼ真上から見て作業するのはガスを吸っちゃうので無可能なの。

溶けてる箇所を良~く見なきゃダメなのにねw

金属溶接の前にプラスチックやチョコレート(チョコレートの

匂いを嗅いだら即死って縛りで)で練習するのもアリですね。

(* ´艸`)

ハンダやロウ付けにも難しさはあるけど根本的に「母材自体は

溶けない」と言う違いがあるから「念入りに母材をシッカリ熱する」

事が大事なハンダ、ロウ付け技術は、溶接にはほぼ通用しないし・・

プラ製品はインジェクションの一発成型が多いの。

逆にチョコレートで色んな形に造作出来るパティシエさんは多分、

共溶が判ってるから、すぐに金属溶接が上手くなる筈。

(* ´艸`)ダネェ♪

溶接し終わるとカッチカチに硬くて想像が難しいけど、

溶接(融解)の最中はその箇所だけ母材も液状寸前のホタホタの

プルプル状態。それを上手く保って接ぐのがムズイって話ね。

(*´▽`*)ララーン

VFR車検に行ってきた♪

まぁ・・・おかげさまで毎日忙しくさせて頂いていますがぁ

本日は愛車バイク「VFR400R」のセミユーザー車検に行ってきた。

セミ・・・っと付くだけあって私が単独でユーザー車検に行くんだけど

同時に(仕事で)自動車の車検を通しに行く自動車屋の後輩に

書類や事前チェックを頼んでるの。

つまりは本来、車検時に業者さんに代行して貰ってる乗り入れ検査

部分だけを私が面白イベントとして行ってる。モチロン事務手数料とか

車検代は支払ってますよん♪

んま、とは言っても殆ど自分でメンテしてて書類書いて貰ってる

だけなのですが、一緒にいて貰えると困った時に助かるからw

( ´,_ゝ`)ズルいぞ!

っで、今回も無事に・・・っと言いたいトコロだけど・・・・

まさかの一回目はライト光軸ズレで落ちたw

(´・ω`・)エッ?

そう、バイクってライダーが跨った状態で光軸測定するんだけど

自動車と違い、僅かにシートの前に乗ったり後ろに乗ったり、

ハンドルにチカラを入れたり少し傾けるだけで簡単にズレる。

(´・ω`・)エッ?ソッカァ・・・

なので試験中はどっちにズレてるかは教えてくれない。

大抵は事前に光軸を合わせてるので、大きくズレては無いので

判れば反対方向にちょっと傾ければ、リアルタイムで合わせられちゃうもんw

自分と体重が違う人で光軸合わせても無意味なのはゾコ。

だから自然体で、光軸調整した状態を再現しないとちゃんと

合わせててもズレたりする。ズレると失格で、また(他の試験は

通っても)また順番の最後尾に並び直さなきゃいけない。

混んでたら1時間待ちもあるし、タイムオーバーもありうる。

だから業者さんは事前に入念にチェックし直す。ランプが付かなかったり

少し調子が悪くてその時だけグズっただけでも落ちるw

全部OKでも、座り方の匙加減が少し悪かっただけでも簡単に落ちる。

時間ロスがデカすぎるからw逆に言うと、ソレを怠った私が悪いw

(*´σー`)エヘヘ

調整で直れば良いけど、直らなきゃその日は車検が取れなくなる。

身体検査と同じで一発で通れば「なんだ?これだけ?」って

感じだけど、引っ掛かると「ハイ。も一回調整して出直して」で

最後に書類と一緒に「右にズレてましたよ」とか教えてくれるの。

(* ´艸`)コソコソ

前タイヤを挟んでるから大体は合う筈なんだけど、ホント微妙。

っと言うかバイクは簡単に動かせちゃうから確実性が無いと言うか、

とは言え・・で実は曖昧(* ´艸`)

その場で言ってくれれば・・・・って甘いw

っで、再調整して何度も壁に向かって真っすぐ座って感触を覚える。

ちょっと光軸調整から日が開いちゃったからね。

(*´σー`)エヘヘ

っで、2回目で無事にクリアー♪車検合格です。

私のはカナリ爆音なんだけど、この年式のバイクは

当時の音量規制が通ればOK。テスターすら免除。

今のバイクでこの音だったら絶対に通らない筈。

んま、消耗品はすべて自己メンテしてるし、度々

(実は仕事を抜け出して)なんだかんだ頻繁に乗ってて

通る自信はありますからね。

まさかのライト光軸ズレかぁ・・・勉強になったわん。

(*´σー`)エヘヘ

超~楽しい(っ´∀`c)

いやはや、とある新しい手法を編み出した。

他の知識や経験がドンピシャでハマって・・・

「もしかしてスゴいんじゃないか?」と(* ´艸`)

嬉しいのですがぁ・・・

こりゃあチョット、ブログネタでは公表しない方が

良いんじゃないか?っと言う事で・・・

珍しく?黙っておくことにします。(* ´艸`)モゴモゴ

っと言うか、どの道、普通の人には「へぇ・・」って程度w

ただ、ものつくりと言うか私にとってはスゲー革新的な発見で

実験テストを重ねつつ「こりゃあイケるかも?」っと言う感じ。

だから知ってたり困ってなきゃ、あんまり驚かれないだろうし

ワザワザ公表して真似られるのもねぇ?っと言うか、もう

見てもスグには真似できないほど構築ノウハウの塊みたいに

なりつつある。(* ´艸`)

いずれ・・・カタチに出来ると思うけど、その時まで。

っと勿体ぶってる感じに映るかも知れないけど、実は

私って実に変則的&イレギュラーな手法でものつくりして

生業にしてるので・・・・んま、簡単に言うと普通では

無理な事をカナリ独創的な斬新な手法や治具やアイデアで

実践してます。中には真似できないものや、他社では

全く別で膨大な設備費用を投じてたりする事を、いとも

簡単に出来る方法を考えたり・・・っとモノをつくると

言うより、それを実現させるためのプロセスや実験が楽しい。

だけど「ほぉ?なるほどな?その手があったか」っとワザワザ

公表する必要は無くて、作りたいものを実現&具現化して

皆さんに喜んで頂く為に楽しみながら、やってるのね?

コレ、どうやって作ったの?とか、こんな短期間で?(´・ω`・)エッ?

っと言った類もそうですし、ココの更新や事務作業は無論、

制作と商品開発を同時に全てやってるので、自己完結出来るし

即実践投入できるのでアイデアが形になるのが、実に早い。

レーザーやCNCなど最新も使うし、もの凄く専門的な技術も

出来ちゃったりしますし、それらを組み合わせたりして

更に独自発展させるので大変だけど・・・実に楽しい。

すべては不可能を可能にするために。

脳みそは生きてるうちに・・・マジに通関します。

(* ´艸`)