インスタのネタですがw

えーっと・・・・実姉apoisからのご依頼で

5個限定のオールドストリーム特注のアルミ製

キーホルダー(≧∇≦)b(既に2個は引き渡し済み)

アルミニウムと言うのも汎用性&用途が多岐な

マテリアル。故に合金の種類も豊富。

つーか、世の中の大半のアルミが「アルミ合金」です。

あー・・・

アルミ缶も1円玉もアルミ100%じゃないですよ?

因みにジュラルミンと言うのもアルミ合金のひとつです。

( ̄Д ̄;)エッ?

っで、今回キーホルダーの素材に使ってるのは

「A1050」って言う純アルミに近い少な目合金。

アルミ純度が高くて柔らかめで切削しやすい。アルミ製

サッシなんかにも使われてますね。

柔らかめと言うのは「ハンマーで叩いて凹むか?」とか

「カッターで引っ掻いたら傷が残るか?」程度の硬度的に

押し出し成形や切削出来る硬さと言う意味で、プラみたいな

クニャクニャの軟弱って意味じゃあ無いですよ?

あとA5000番台とか合金の配合量によって呼び名や

特性が(同じアルミ合金でも)大きく変化します。

これは、鉄鋼やステンレスでも同じで、沢山種類が

あります。

っで、実姉が気に入ってくれたのは(彫り精度もだけど)

見た目の鏡面パフ掛けの金属感の割に「軽くて固い」

感じね?

プラスチックに金属メッキみたいな安っぽい感じでは無く

元々アルミ金属100%で中空でも無い。

中実のアルミ金属製です。(≧∇≦)b

人って見慣れたモノに先入観がありますから、持って

「あれ?こんなに軽いの?」と感じると思います。

(≧∇≦)bイェーイ!

っで、既にインスタグラムの方で掲載しちゃってるけど

(* ´艸`)クスクスゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ!

実姉のオールドストリーム限定です。

手前のCやOが歪んでる風に見えるらしいですが(´~`ヾ)

拡大して良ーく見て。反射でそう見えるだけ。

CNC切削加工なので手作業みたく歪むなんて皆無で

実にピシッ!パリ!っと彫れてます♪

(* ´艸`)ソッカァ

ただ・・・「機械で自動でしょ?」と思われるかも

知れませんが(´~`ヾ)

A1050のヘアライン仕上げは、元々は手前の質感。

表面の酸化アルミ被膜を全て剥がして、平滑化の後

包丁を研ぐように1個ずつ手磨きしてφ(°ρ°*)チマチマ

1時間ほど研いでパフ掛けして鏡面仕上げを施してます♪

( ̄Д ̄;)マジデッ?

だから、見た目がピカピカで、持つと妙に軽い

不思議な感触が楽しめるって訳♪(≧∇≦)bウンウン♪

実姉より先にフライングで掲載しちゃったけど

限定販売かなぁ?何かの特典かなぁ?

(´~`ヾ)シラン・・

んま、世界に現存5個しかないのは確実ですw

また追加があれば「ハイよ!」っとデーターから

切り出せば2年でも10年後でも、1個でも20個でも

全く同じモノが作れてしまうw(* ´艸`)

究極言うと私が居なくてもwホントに面白いでしょ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です